23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鶴岡市議会 2017-03-01 03月01日-01号

なぜ強引に進めようとしているのか見解を伺い、そしてこの2つ住民運動から見ても行政あり方が問われていると思います。市民地域住民に寄り添って政策判断を行う必要があるのではないかと考えますが、見解を伺います。  最後に、改めて文化会館整備事業について設計者、そして市長責任について、そのあり方について問いたいと思います。100億円近く膨らんだ建設費市民から批判の声が寄せられております。

庄内町議会 2016-09-09 09月09日-04号

以後、猿田町、茗荷瀬からも学区再編を求める請願、陳情が繰り返され、住民運動はエスカレートし、ついに生徒を巻き込んで登校拒否、納税の棚上げ、部落駐在員引き上げ等議決文町当局に提出する強硬手段など険悪な様相となったが、しかし、その後も紛糾が再燃し、暫定案でその場をしのいで対策となったが、時の経過とともに好転し、同44年4月から表町、猿田町が計画どおり第一小学校へ全生徒が通学するようになり、6年半に

庄内町議会 2013-09-06 09月06日-03号

ですから、そういった面も含めてより効果的な検診のあり方などもまた再度検討していきながら、それから住民運動としてもう一度、これは本当に3年に1回ぐらいずつは刺激を新たに与えながら、住民一緒健康寿命を延ばしていこうと、こういう考え方をしていますので、まずはご理解いただきながらご協力いただければというふうに思います。

庄内町議会 2011-03-02 03月02日-02号

日本一の長寿県である「女性は沖縄県・男性は長野県」を目指し、いきがいづくり、体を動かす生活づくり、塩分・脂分ひかえめの食生活改善運動、1年1回健康診断受診、この「四つの健康の秘訣」をさらに徹底し住民運動として推進してまいりたいと思います。 「自殺対策緊急強化事業」を継続いたし「自殺者ゼロのまち」を目指し、広域連携での相談機能強化を図ります。 

天童市議会 2010-12-06 12月06日-03号

これまで市町村国保では、草の根の住民運動運営協議会に幅広い住民が参加することなどによりさまざまな制度改善を実現してまいりました。運営主体広域化がこうした住民要求反映の大きな障害となることは、後期高齢者医療制度などの広域連合の実態が証明しております。 保険運営組織住民から遠のき、声が届きにくくなり、これまで住民の戦いで勝ち取ってきた成果が根こそぎ破壊される危険性があることは重大であります。

山形市議会 2010-09-08 平成22年 9月定例会(第3号 9月 8日)

住民合意が得られなかったことについては,建設計画がこうした住民意識と相入れないものがあり,さらに説明不足のさまざまな点で不信感が募り,反対運動の輪が住民運動として広がったものと考えます。  マスコミは「半郷の教訓生かせず」との見出しで現象面から分析していますが,私は,工場建設問題点が浮き彫りにされる中で,住民自治意識の高まりと,その実践に対する対応の不十分さが原因だったのではないかと考えます。

高畠町議会 2008-03-10 2008-03-10 平成20年第441回定例会第4号 本文

11番(直島義友) 特別委員会では一度そういう案を決定したわけですが、その後、住民運動が起こりまして、縮小案見直し案も示されたわけです。それも議会の方では、仕方がないなということで了解した経過があるわけです。町長はさきのことばかり言っていますが、一度そういう中間の経過もあったわけです。それを寒河江町長になってから元の計画に戻すという案を示されたと、こうなっているわけですから。

山形市議会 2005-09-14 平成17年 9月定例会(第3号 9月14日)

さらに,街並みの景観につきましては,高さ制限につきましては,地域住民の要望があれば検討するということでございましたけれども,鶴岡市におきましては,先ほど私が申し上げましたように,地域住民とその会社などとの紛争事前防止策紛争が起きたり,あるいは住民運動が全体的に広がったらというのは,いささかちょっと後ろ向きといいますか,もっと事前に防止するような,そういう姿勢を示していただきたいと思うわけですが,

高畠町議会 2005-06-23 2005-06-23 平成17年第420回定例会第4号 本文

そして、きょうのある新聞には、反対住民運動が結成されたことも報道されております。多数の町民が傍聴に来ており、この予算案に対し関心の高いことが理解されるわけであります。議員の意思が確認されることになり、町費むだ遣いがとめられるのか、それともこのまま進むのか大きな問題であるわけであります。  時間がない、土地の変更は白紙に戻るなどと、揺さぶりによって見えるものが見えなくなっております。

庄内町議会 2005-06-15 06月15日-03号

中でも今最も鮮明に残っておる1つには、議員も加わった合併是非を問う住民運動の展開でありました。何度となくこの議場で開催された全協での議員参画是非議論、お互い町益のあり方についての議論であり、まさに議員として政治生命をかけた議論であったというふうに総括をしております。2つ目は、合併調査特別委員会における議員の身分に関する議論であります。

高畠町議会 2005-03-09 2005-03-09 平成17年第418回定例会第4号 本文

昨日の答弁と報告によりますと、温水プール見直しは、住民運動により政争の町にしたくない、今まで築いてきた参画協働によるまちづくりの根底である信頼関係が大きく崩れ、今後のまちづくりに影響が大きいと判断して、町長責任において見直しを一人で判断したとなっております。  私は、見直しが悪いとかいいとかを問題にしているのではありません。

鶴岡市議会 2004-09-02 09月02日-01号

その冒頭に、仮称でありますが、鶴岡まちづくりサポートセンターの設立と住民によるコミュニティづくり運動支援を掲げたところでありますが、このまちづくりサポートセンター考え方につきましては、施設整備ということではなくて極めてソフト性の高い機能整備ということになりまして、例えば計画策定の段階で実施した住民座談会の普及と開催への支援、そこから出された課題の整理、課題解決に向けた住民運動への支援市社協などの

山形市議会 2004-06-15 平成16年 6月定例会(第2号 6月15日)

今,渡辺弥寿雄議員から,地区方々から,ぜひ百目鬼のそこのところに温泉施設を造ってほしいという住民運動が起きておりまして,まもなく市の方にも上がってくると思います。私は,西の方にそういった温泉施設がない。このことをかんがみてぜひ西の方々にもせっかくの温泉ですから,温泉を利用した施設を造ってほしい。

山形市議会 2004-03-05 平成16年厚生委員会( 3月 5日)

山形市の場合は地区住民一緒になって,住民運動によってきれいにしていく方が良い。成沢の地下道は付近住民ボランティア活動によりだいぶきれいになった。1人1人がモラルの向上を図りながら,美しい街づくり運動を展開していきたい。 ○委員   モラルで済めば良いが,犬の糞については抑止力がないとダメである。合併浄化槽を持っている人は,下水道が普及しても入らない。合併浄化槽に対する補助金は必要なのか。

山形市議会 2002-09-26 平成14年決算委員会( 9月26日)

次に,委員から,昨年度は宮城村田町の国体会場を現地視察しながら,射撃場建設基本計画検討を行ったというが,先の一般質問でも話題となった鉛公害の問題では,全国数カ所住民運動が起きている。これらの課題も含めて,射撃場建設は慎重に進めるべきと思うがどうか,との質疑があり,当局から,平成7年度から10カ所程度先進地視察を実施するとともに,射撃場建設基本計画検討を進めていきたい。

山形市議会 2002-09-18 平成14年産業文教委員会( 9月18日 産業文教分科会・決算)

委員   昨年度は宮城村田町の国体会場を現地視察しながら,射撃場建設基本計画検討を行ったというが,先の一般質問でも話題となった鉛公害の問題では,全国数カ所住民運動が起きている。これらの課題も含めて,射撃場建設は慎重に進めるべきと思うがどうか。 ○体育振興課長   平成7年度から10カ所程度先進地視察を実施するとともに,射撃場建設基本計画検討を進めてきた。

山形市議会 2002-09-13 平成14年 9月定例会(第3号 9月13日)

その背景にはクレー射撃競技の弾は日本クレー射撃協会の規定によって,鉛または鉛合金とされているので,2004年の国体の際もこのままでいけば利用困難になってるとこういうふうな話,あるいは静岡県についても全くそのような状況になってますし,ここもですね,町の方に設置されてるんですが,これ県で設置しているんですけれども,町の方で管理しているんですけれども,町長含めてこの鉛公害の問題で住民運動になって何とかその

山形市議会 2001-12-06 平成13年12月定例会(第2号12月 6日)

まれなケースとしては住民運動,住民要求などが新聞などのマスコミで取り上げられ,住民運動として大きく広がったような場合は,話し合いに応じることがあるくらいで,大半は建て主ペースで進んでいるというふうに思われます。権力も何も持たない住民が,生存権を脅かされる恐れがあるような場合は,行政としてきちっとした手だてと指導が必要だというふうに思います。

鶴岡市議会 2001-09-06 09月06日-01号

広域水道からの受水をめぐる住民運動も一定の決着を見て、10月から月山ダムから水道水の供給を受けることになりました。今地球規模水資源の枯渇と保全が環境問題と相まって重要なテーマになっております。市長は、人一倍の読書家であると聞いておりますし、その知識をもって先見性を大いに持っておられると私は思っているのであります。  

  • 1
  • 2