11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高畠町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年第513回定例会第1号 本文

また、営業外収益は3,148万6,223円で、定期預金利子などですが、会計基準の見直しにより長期前受金戻入益が含まれています。特別利益は21万1,428円であります。  次に、支出を申し上げます。水道事業費用の総額は4億8,476万5,089円でありました。内訳としましては、営業費用が4億5,261万7,429円で、主なものは置広水からの受水費、減価償却費、職員給与費の経費であります。

山形市議会 2019-06-26 令和元年全員協議会( 6月26日)

これは、主に山形市都市振興公社において、会計基準に沿って、山形中央インター産業団地開発事業に係る山形市からの精算金を平成28年度に収入として一括計上し、以降、10年分割により、経費として計上していることなどの理由によるものである。  次に、表の右側に記載している山形市の各法人に対する委託補助等の関与の状況について説明する。  

高畠町議会 2018-09-06 2018-09-06 平成30年第507回定例会第1号 本文

また、営業外収益は3,109万5,898円で、定期預金利子などでございますが、会計基準の見直しにより長期前受金戻入益が含まれております。  次に、支出を申し上げますと、水道事業費用の総額は4億5,931万6,463円でありました。内訳といたしまして、営業費用が4億4,590万5,741円で、主なものは置広水からの受水費、減価償却費、職員給与費、その他の経費であります。

山形市議会 2018-06-27 平成30年全員協議会( 6月27日)

これは山形市都市振興公社において、会計基準に沿って、山形中央インター産業団地開発事業に係る山形市からの受託費を平成28年度に収入として一括計上し、以降、10年分割により、経費として計上することとしたことなどの理由によるものである。  次に、表の右側に記載している山形市の各法人に対する委託補助等の関与の状況について説明する。  

高畠町議会 2017-09-05 2017-09-05 平成29年第502回定例会第1号 本文

また、営業外収益は3,195万215円で、定期預金利子などでありますが、会計基準の見直しにより、長期前受け金戻入益が含まれております。  次に、支出を申し上げますと、水道事業費用の総額は4億8,260万4,974円でありました。内訳といたしましては営業費用が4億6,151万146円で、主なものは置広水からの受水費、減価償却費、職員給与費、その他の経費であります。

高畠町議会 2016-09-05 2016-09-05 平成28年第495回定例会第1号 本文

また、営業外収益は3,158万8,643円で、定期預金利子などでありますが、会計基準の見直しにより、長期前受け金戻入益が含まれております。  次に、支出を申し上げますと、水道事業費用の総額は4億9,194万5,874円でありました。内訳といたしまして営業費用が4億6,771万8,067円で、主なものは置広水からの受水費、減価償却費、職員給与費、その他の経費であります。

高畠町議会 2015-09-14 2015-09-14 平成27年第490回定例会第1号 本文

また、営業外収益は2,907万466円で、定期預金利子などですが、会計基準の見直しにより、長期前受け金戻入益が含まれております。  次に、支出を申し上げますと、水道事業費用の総額は4億9,121万7,090円でございました。内訳としましては、営業費用が4億6,801万2,930円で、主なものは置広水からの受水費、減価償却費、職員給与費、その他の経費でございます。

高畠町議会 2012-03-07 2012-03-07 平成24年第468回定例会第3号 本文

次に、地方公営企業会計基準の見直しについてお答えをいたします。  地方公営企業会計制度昭和41年以来大きな改正はありませんでしたが、国際化の進展により民間企業国際会計基準を取り入れるようになり、企業会計制度との整合性を図る必要があり、地方公営企業制度も見直しを行うことになりました。

山形市議会 2002-09-26 平成14年全員協議会( 9月26日)

これは,「連結」は,合算するにあたり,同一会計基準でつくられたバランスシートを用いるのが原則であり,現行会計では困難であること,等の理由からである。  平成13年度の全体バランスシートでは,資産が合計約5,602億円,負債合計が約2,642億円,正味資産合計が約2,956億円となっている。

  • 1