394件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-12-12 令和元年議会改革検討委員会(12月12日)

検討事項について        (1)産前産後の女性議員表決権の取り扱いについて        (2)検討結果の確認について        (3)協議の進め方について        (4)検討結果の報告方法について        2 次回の日程について      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 1 検討事項について (1)産前産後の女性議員表決権の取り扱いについて  会派

山形市議会 2019-12-09 令和元年厚生委員会(12月 9日)

○委員  2月下旬に委員会に報告したいとのことだが、計画を策定する前に、各会派に対して勉強会などを開催し、各議員から意見を聞く機会を設ける考えはないのか。 ○障がい福祉課長  日程の調整等が必要である。検討したい。 (5)第二期山形市子ども・子育て支援事業計画の骨子案について  こども未来課長から、別紙資料に基づき報告があった。

山形市議会 2019-11-28 令和元年議会運営委員会(11月28日)

また、各会派控室等にある絵画などの展示を行うとともに、本会議場の議長席での写真撮影など、自由に楽しんでもらい、その後は流れ解散とする。議員は、執行部側の席で鑑賞してもらう。見学の際は、会派控室入り口までを見学の対象としているため、可能な範囲で協力願いたい。  あわせて、議場を使用しての開催及び議場内へスマートフォンの持ち込み、写真撮影の許可等について確認願いたい。

山形市議会 2019-11-21 令和元年議会運営委員会(11月21日)

○委員(市民連合)  我々の会派でも、議会改革検討委員会の調査票の議会事務局の体制強化の部分で、要点筆記とすると事務局職員が行わなければならず、事務局職員の負担を軽減するためにも、全文筆記とし、外部に委託してはどうかと提案したい、と考えていた。 ○委員  他市では、系列的に全て発言した内容が氏名とともに掲載されているのか。 ○議事課長  現在、調査中である。

山形市議会 2019-10-30 令和元年議会改革検討委員会(10月30日)

○委員長  今後の進め方について三役で協議した結果、改選後、会派構成もかわっているため、まずは、改めて検討事項に対する考え方を各会派から出してもらったほうが、今後の議論が進むのではないかとの考えに至った。検討事項9項目を会派に持ち帰って検討してもらい、配付している調査票に検討結果を記載の上、11月21日までに事務局に提出願いたい。なお、調査票のデータ会派控室の事務用パソコンにも入れておく。

山形市議会 2019-10-21 令和元年議会運営委員会(10月21日)

伊藤香織、折原政信 欠席委員   なし 委員外議員(オブザーバー)        長谷川幸司副議長 関係出席者  斎藤武弘議長、金澤事務局長、平総務課長、岡﨑議事課長、        事務局職員 委員長席   菊地健太郎 協議事項   1 一般質問における発言について      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 1 一般質問における発言について  10月17日に協議し、会派

山形市議会 2019-10-15 令和元年 9月定例会(第3号10月15日)

それから提案2、先日会派の皆さんと八戸市に視察に行ってまいりました。  2016年に地域創造大賞に選ばれたまちなか文化施設「はっち」というところでございます。同館は、中心市街地活性化を担う観光交流創造拠点として、2011年に開館。会館としても平日でありましたが、来館者も多くにぎわってございました。 〔議場のディスプレーに画像を映す〕  特に注目したのは、4階にあった屋内型児童遊戯施設です。

山形市議会 2019-10-11 令和元年 9月定例会(第2号10月11日)

このたびの質問の機会を与えていただきました会派の皆様に感謝を申し上げ、順次質問を行います。  初めに、人口30万人都市構想についてお伺いいたします。  市長が初当選された4年前の選挙において示されたその最大の公約が、人口30万人都市の実現であり、選挙公報にも大きく掲載なされております。

山形市議会 2019-10-07 令和元年議会運営委員会(10月 7日)

大要以上の後、この件については、各会派の意見を参考とし正副委員長案を提示することとした。また、委員長から今年度の議会報告会の班会議を10月31日午後1時に開催したいとの提案があり、了承された。 3 委員会視察について  委員長から、先日の議会運営委員会で保留となっていた折原委員の班分けについて、2班に参加する旨の申し出があった、との報告があった。

山形市議会 2019-09-24 令和元年議会運営委員会( 9月24日)

3 議会報告会について  8月5日に協議し、会派持ち帰りとなっていたこの件について、議事課長から、議会報告会に対する各意見について別紙資料により説明があった後、各会派から検討結果の報告があり、協議に入った。 ○委員(新翔会)  これまで地元選出の議員をあえて開催場所には入れていなかったが、いない場合、要望等に即座に反応できないこともあり、ぜひ入れるべきではないかとの意見があった。

山形市議会 2019-08-05 令和元年議会運営委員会( 8月 5日)

○委員長  「会派に委ねるものとする」に全てが含まれているのではないか。 ○委員(新翔会)  記載のとおりでよい。 ○委員(緑政会)  前回は、前期は委員を指定しているが後期は各会派に委ねるものとしているため、あえてこの表記にしていると考えられる。各会派に委ねるとした時点で再任についても委ねられていると考えるため、このままでよい。 ○委員(市民連合)  このままで理解できるのではないか。

山形市議会 2019-06-27 令和元年議会運営委員会( 6月27日)

引き続き、各会派からの検討結果の報告があり、協議に入った。 ○委員(新翔会)  議論する場については、議会運営委員会議会改革検討委員会のどちらでもよいが、議論を始める前に、何を議論するのか優先順位を明確にしたほうがよい。 ○委員(緑政会)  議会改革検討委員会を設置し専門的に議論したほうがよい。

山形市議会 2019-06-24 令和元年産業文教委員会( 6月24日)

○商工観光部長  議会への報告方法については、会派ごとの勉強会なども検討したが、まだ要請書を提出する段階であり、話が進展したら、ほかの委員会も含め全庁的に動きがとれるようになると判断し、まず産業文教委員会に報告することとした。 ○委員  これから予算条例案などの議決行為が想定される中、ほかの議員が要請書を提出したこともわからなかったということはあってはならないのではないか。

山形市議会 2019-06-06 令和元年議会運営委員会( 6月 6日)

3 懸案事項について  5月21日に協議し、会派持ち帰りとなっていたこの件について、各会派から検討結果の報告があり、協議に入った。 ○委員(新翔会)  議会改革は終わるものではないため、引き続き検討が必要という意見で一致した。検討方法について、意見の一致をみていないが、議会基本条例検証結果も含めて協議していかなければならないと考えている。

山形市議会 2019-05-21 令和元年議会運営委員会( 5月21日)

7 議会運営委員会の委員 (1)委員は、各会派代表者と同一人とする。 (2)委員が所属会派から離脱したときは、委員を辞任するものとする。 (3)委員が欠席することにより所属会派の委員がいなくなるときは、所属会派の他の議員が委員外議員(オブザーバー)として出席するものとする。 (4)副議長は、委員外議員(オブザーバー)として出席する。