運営者 Bitlet 姉妹サービス
1662件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 山形市議会 平成30年厚生委員会(12月11日) ○委員   従事者側だけではなく、使用者側も人材確保の面で賛成だと思う。願意妥当である ○委員   人材確保と最低賃金の関係性や病院側の経営への影響について整理し、調査研究したいため継続審査としたい。 ○委員   最低賃金と診療報酬はセットで議論すべきと考えているため、継続審査としたい。 ○委員   願意妥当である。 もっと読む
2018-12-10 山形市議会 平成30年厚生委員会(12月10日) 貸し付けから債権回収までを行うこととなるため、人材の養成も必要と思うがどうか。 ○こども保育課長   現在も相談窓口が市町村となっており、母子父子自立支援員を1人配置している。来年度からは支援員を1名から2名に増員するとともに、担当する正職員2名を配置予定である。研修についてもさまざまな機会を捉えて受講していきたい。また、県からもマニュアルをもらい、それに沿って運用していきたいと考えている。 もっと読む
2018-12-07 小国町議会 平成30年第8回定例会(第2日) 本文 2018-12-07 やはり、組織化できているところについてはですね、それをやろうという意欲がまずあるということ、それからそれを担ってくれる人材がいるということで、あとはそれをまとめてくれる人がいてですね、苦労あると思いますけれども、いろいろな形で障害を排してそういう自主防災の組織ができていくのかというふうに承知しているところであります。   もっと読む
2018-12-06 小国町議会 平成30年第8回定例会(第1日) 本文 2018-12-06 なお、今年度から、農業部門において地域外の人材を積極的に誘致し、定住、定着を支援しながら、地域の活性化を図るため地域おこし協力隊を任命し、農業全般にわたり活動させております。   もっと読む
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 この人事評価制度導入の目的は、能力、実績に基づく人事管理を徹底し、より高い能力を持った人材の育成と組織全体の士気高揚や公務能率の向上を図り、住民サービス向上の土台をつくるものとしています。  いずれにしましても、前述しましたように、人手不足は今後ますます顕著になることは明白で、国も外国人労働者の受け入れ拡大を視野に、出入国管理法の改正を今臨時国会での成立を目指しています。   もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) この6日に水道法が改正され、その理由といたしましては、人口減少に伴う水の需要の減少、水道施設の老朽化、そして深刻化する人材不足の水道の直面する課題に対応し、水道の基盤の強化を図るため、所要の処置を講ずるとされております。その中で、水道施設に運営権を民間事業者に設定できる、いわゆるコンセッション方式が導入されました。  もっと読む
2018-09-28 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号 しかし、鶴岡市内でも保育士の平均賃金は全職種の平均賃金と比べて低く、他職種への人材流出や保育士確保を困難にしている大きな要因であり、保育士の賃金水準のさらなる改善が必要です。   よって、国においては、保育所等の保育士の確保のため、保育士の更なる処遇改善に向けた公定価格の基本分単価の引き上げ、及び処遇改善等加算の拡充について特段の措置を講じられるよう強く要望します。    もっと読む
2018-09-27 鶴岡市議会 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月27日−02号 これまでに延べ104名の研究者や教員、学生からこの地域の食や食材に携わっている人々、人材、生産現場などへ視察研修を行っている。今年度は、その成果として食文化体験プログラムとして商品化できるかどうかの実証と、このプログラム運営が民間サイドに移すことができるか検討を行っている旨の答弁がありました。    もっと読む
2018-09-18 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月18日 厚生分科会・決算) 保育士の人材確保について、どのように考えているのか。 ○こども保育課長   保育士不足については、民間立保育所からも承っており、公立保育所では臨時保育士を希望数まで採用できていない状況である。県が実施している奨学金制度などを利用して、県内に戻ってくる学生は多いのではないかと思うが、市として保育士の数をふやしていく取り組みにかかわっていくことは難しいと考えている。 もっと読む
2018-09-18 天童市議会 平成30年  9月 予算特別委員会-09月18日−01号 なお、プロモーション等につきましては、今年度、文化庁のほうから4,096万6,000円ほどの交付金が予定されておりまして、その中で、情報発信、人材育成ということの項目の中に、プロモーション映像等の項目が入ってございます。 もっと読む
2018-09-14 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月14日−05号 こちらにつきましては、両方とも公益社団法人天童市シルバー人材センターさんのほうにお願いをしております。  次が、応急維持処理業務委託料になりますが、こちらにつきましては、平成29年度に行った応急処理業務委託料としましては、わくわくランドの西駐車場の白線の引き直し業務を行っております。こちらにつきましては株式会社エステー建設さんのほうにお願いをしております。   もっと読む
2018-09-14 小国町議会 平成30年第6回定例会(第3日) 本文 2018-09-14 さらに、将来の小国町の子供像を見据えて、少ない小国の子供たち一人一人の学びやたくましい人間力の成長に対して、多くの町民や地域の人材が学校サポーターや教育ボランティア、地域ボランティアとして手厚く子供たちにかかわり合う「白い森子ども応援隊」を結成して、町民・地域一丸となり、学校と子供たちを応援、支援する町内一丸体制の指導体制を確立してまいりたいというように思っております。   もっと読む
2018-09-14 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月14日 厚生分科会・決算) ○障がい福祉課長   農福連携として、農業分野の人材不足を補うため、障がい者雇用を働きかける動きも出ている。市役所の仕事については、仕事を分けることにより、障がい者ができる作業もあるため、庁内で連携し、仕事をふやしていきたい。また、委託事業を受注している企業においても、障がい者雇用に対する理解が進むよう、情報提供に取り組んでいきたい。 もっと読む
2018-09-13 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号 こちらの事業につきましては、ハローワーク山形と県の福祉人材センターのほうからも御協力をいただいておりまして、それぞれの機関を通しまして、該当しそうな方へ周知を行っていただいています。  それから、公立の保育所のほうへ保育実習ということで学生さん来ていただいた経過があった県外の大学のほうへも、チラシのほうを送付しましてPRしたところです。 ○山崎諭決算特別委員長 笹原委員。 もっと読む
2018-09-12 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号 年2回から6回ということで、これは太平ビルサービス、それから定期の清掃業務ということで、シルバー人材センターのほうに委託しておりまして、時間が3段階に分かれております。Aタイプが1回2時間、Bタイプが1回2.5時間、Cタイプが1回3時間ということで、各公民館の広さに応じて契約して実施しております。  以上でございます。 ○山崎諭決算特別委員長 結城委員。 もっと読む
2018-09-11 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−02号 いずれにいたしましても、先ほど御指摘いただいたとおり、男女共同参画の推進、あるいは女性活動の推進の趣旨を踏まえまして、全庁的な環境の醸成、あるいは人材育成に取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○山崎諭決算特別委員長 次に、てんどう創生の会から質疑をお願いいたします。  遠藤喜昭委員。 ◆4番(遠藤喜昭委員) それでは、成果説明書の7ページから。   もっと読む
2018-09-11 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号 より高度なサービスを求める世界各地からの観光客に満足してもらえるサービスを提供するには、まず人材養成が重要であります。庄内の一流の地域資源を深く理解する若い人材が地元で育っていく、このことがいよいよ現実のものとなります。 もっと読む
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 人口減少対策において、地域を支える人材や将来を担う若者が生涯を通じて安心して働き続けることができる地域社会を築くことにより、本市からの人口流出を食いとめ、さらには本市へ人材や若者を呼び込み、地域社会を持続可能なものとしていくことが喫緊の課題であります。 もっと読む
2018-09-07 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号 また、今や国や県では、地域以外の人で地域や地域の人と何らかの関わりのある人材をターゲットに、移住・定住に繋げていこうとする取り組みを推進しています。庄内町でも今後このような取り組みについて導入してはどうか。この点について質問いたします。  次に3点目ですが、本年8月の大雨災害の危機管理についてでございます。   もっと読む
2018-09-07 高畠町議会 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文 しかし、自治体によっては計画策定のためのノウハウや人材が不足しているところが少なくないともお聞きします。地域の事情をよく知るNPO法人や民間団体とも連携していくことも重要なことだと思います。  そこで、お伺いをいたします。  まず初めに、「たかはた未来創生総合戦略」の現状までの評価をどう捉えているのかお尋ねいたします。  次に、近隣市町との連携のあり方についてお伺いいたします。   もっと読む