運営者 Bitlet 姉妹サービス
1748件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 そのような中、GDPが世界の24%を占めるアメリカは、日本に二国間自由貿易協定を提案しており、来年に入ると交渉が開始されると報道されています。交渉の結果次第では、TPP11以上の影響が懸念されると言われております。  いずれにしても、当初のTPP交渉時から製造業対農業がメリット、デメリットの対象に取り上げられ、議論されてきました。 もっと読む
2018-12-04 高畠町議会 2018-12-04 平成30年予算特別委員会 本文 それともう一つ、3目の細目3道路新設改良についてでございますけれども、9月補正の段階では順調に用地交渉を重ねておりまして、改良の計画が滞りなく進むものと思っておりましたけれども、その後の交渉において地権者からの協力が得られませんでしたので、あえてその地権者の土地を買うことなく、そして事業展開するために工事の段取りを変えました。 もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) 現在も職員組合とは交渉等を通じまして、この制度につきましては情報共有をしておりますけれども、今後も必要に応じて情報共有を図っていきたいと考えております。 それから、3点目といたしまして、酒田市の職員数適正化方針との整合性というんでしょうか、品質の問題もお尋ねがありました。 もっと読む
2018-09-27 鶴岡市議会 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月27日−02号 なお、商業施設等の誘致については、組合が契約締結に向け交渉中であると聞いている旨の答弁がありました。    もっと読む
2018-09-20 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月20日 厚生分科会・予算) ○委員   事業者との交渉はどこの部署で行っているのか。 ○国民健康保険課長   担当課のほか情報企画課の担当職員にも同席してもらいながら、経費が適切かどうかも含めて事業者と話をしている。  大要以上の後、議第65号の付託部分のうち第3款第1項及び議第66号については、全員異議なく可決すべきものと決定した。 もっと読む
2018-09-14 小国町議会 平成30年第6回定例会(第3日) 本文 2018-09-14 今回の公有財産の購入費の補正の部分でございますけども、直売所建設に必要な土地、それに加えまして同一地権者の方の今まで町が借りて使っていた土地、その部分についても今回買わせていただくように現在交渉を進めておる。その経費まで予算を計上してございます。  以上です。 もっと読む
2018-09-14 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月14日−05号 それで、空き家バンクですが、ホームページのほうに載せておりまして、どのくらい成約になったのかなと思って見ていましたら、これまで10件程度、できてから10件程度で、今、3件交渉中だということで、それの効果はあるのかなと思って見たところです。   もっと読む
2018-09-12 高畠町議会 2018-09-12 平成30年決算特別委員会 本文 こちらのほうは毎年、相手方と交渉をしたり、幾らかでも分納というか、お願いをしてきて、処理をしていって、減らしていくというふうな流れをとっておりますけれども、時間がたってしまえばいずれは不納欠損という形に移行する額になる部分もあるというふうなところでございます。 もっと読む
2018-09-07 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号 個人情報でございますので、どこの案件ということは差し控えさせていただきますが、個別に連絡を取りながら何とか空き家の解体までいけないかということで根強く交渉いたしまして、空き家の事前調査の申し込みというところまでこぎつけて、やっと解体までいけるのかなといった物件が実はございました。 もっと読む
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 御質問の進捗状況でございますが、整備に当たりましては、道路拡幅や右折レーン整備のための用地買収や物件移転補償が伴いますことから、権利者の方々と個別に交渉を重ねておりまして、これまで用地関係者32名のうち、15名の権利者の方々と契約が完了しまして、用地取得率は約47%となっております。 もっと読む
2018-09-06 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月06日−03号 そのときに、最上川土地改良区は、公平性の問題があり、片方だけを高くするのは少し厳しいんだという話し合いが当時ありまして、でも、住宅と人を守るのが優先ではないかということで交渉いたしましたところ、特例で最上川土地改良区の近辺の理事の皆さまに西野の方で了解をいただいたら可能ですよということでお願いに回って、町当局の方から、西野排水路の堤防を30cmぐらい、集落内の500mに限り嵩上げしていただいた経緯があります もっと読む
2018-09-06 高畠町議会 2018-09-06 平成30年予算特別委員会 本文 それと、今の進捗状況でございますけれども、まだこのほかに、例えば必要な調査項目、これからネクスコであったり国との交渉の中で調査項目がふえてまいります。もう一つ残っていました。公安委員会との協議もこれから進めなければなりません。そういった関係しますところの協議が進んでいきますと、またこの実施設計というものを見直しをかけて、より精度の高いものにしていく必要がございます。 もっと読む
2018-09-05 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月05日−02号 その後、その経過の中で、コルサコフ市との関係は、実は相手方の、これロシア語の交渉になることから、仲立ちになる方がいたんですが、その方が亡くなってしまったということもあります。それから、相手方の市長とか、そういった市の役員の方々もお変わりになられたということの中で、そこでいろいろな交流がもうできなくなったというふうな現実がございました。 もっと読む
2018-09-05 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月05日−01号 この処理費用は本人の負担とするべきではないかという御質問でございますけれども、この最終処分場用地の取得に当たりまして、これから交渉を行いまして、地権者のほうから用地の取得を進めてまいります。その際には不動産鑑定の結果をもとにいたしまして、全ての地権者に対しまして公平、公正、厳正に折衝を行いまして、市民の皆様に御理解をいただけるように進めてまいります。    もっと読む
2018-09-05 小国町議会 平成30年第6回定例会(第1日) 本文 2018-09-05 道の駅の機能拡充については、直売所整備の用地や駐車スペースの拡大を見込んで関係地権者との間で用地交渉を進めてきましたが、このたび協議が調いましたので、この用地購入及び立木補償に要する経費を措置したほか、直売所の外構工事に要する実施設計に着手することとしました。   もっと読む
2018-07-09 庄内町議会 平成30年  7月 臨時会(第4回)-07月09日−01号 まず確認させていただきたいんですが、この示談とか、こういう交渉というか、この前聞いたとき、一応弁護士に相談したり何とかと言っていましたよね。あれは保険会社同士がしているかどうかという、その過程、結論出した過程を少しお聞きしたいです。第1点は。 もっと読む
2018-06-06 高畠町議会 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文 2つ目は、森友学園と財務省の交渉記録は残っていないというふうに答弁したのが残っていたと。これは虚偽答弁です。あと、残っていた記録も廃棄した。4つ目は、総理のご意向と書かれていた文部科学省から出された文書が怪文書だと。しかし、これもあったことをないとすることはできないという前川次官でしたか、そのことによって政府も認めたと。 もっと読む
2018-06-05 高畠町議会 2018-06-05 平成30年第506回定例会第1号 本文 昨年、2度にわたり日本列島上空にミサイルを通過させ、日本を大きな危険にさらすような愚行が再び行われることのないよう、交渉の結果に期待をしたいと思います。  また、国内においては、日本大学アメリカンフットボール部員による悪質なタックル問題について、連日メディアをにぎわしております。   もっと読む
2018-04-18 庄内町議会 平成30年  4月 全員協議会-04月18日−01号 組合との交渉はまだ完全に終わっていない。使うことは可能です。設計当初にも杉材ということは謳っているというところまででございます。 ◆齋藤秀紀議員 確認したいのですが、耐震がクリアされていないものを通常と言うのか。通常が耐震クリアされているものも通常。それの1.5倍なのか。ここだけ確認したいです。 もっと読む
2018-03-19 庄内町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月19日−06号 当初この予算には最初に賛成した者の1人として、この文面からいくと「町当局と相手方との交渉を力強く後押しするため」ということですが、普段町の行政を担当する方々は、いろんな形で、そういった交渉事に対しては当然力強く、粘り強く後押ししているはずですし、いろんな形で、そういった担当課の方々も相手に対して心遣いもしながらやっているつもりだと私も思いますし、敢えてなぜこの附帯意見を付けなければいけないのかなということで もっと読む