618件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-06-22 令和 2年産業文教委員会( 6月22日)

川口充律委員   周辺環境整備について、地元からは交差点にあるインターネットカフェも含めて環境整備を考えたほうがよいという意見が出ていたが、どのように対応するのか。また、今後、具体的な工事に入っていくことになるが、中央分離帯があり、東側から右折して直接学校に入れないため、対策を検討してもらえないかという意見も出ているがどうか。

山形市議会 2020-03-12 令和 2年環境建設委員会( 3月12日 環境建設分科会・予算)

委員   現在、拡幅整備中の市道鈴川青野線交差点から旧ヤマザワバイパス店付近まで整備することで、浸水は相当解消されると考える。県による野呂川改修が完了する令和8年度を待つのではなく、改修が完了した段階で接続できるよう整備を進めてはどうか。 ○雨水施設建設室長   令和8年度以降に整備するのではなく、先行して工事が進められるよう、関係機関協議を行っていく。

村山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

現在ほとんどの生徒が徒歩や自転車などで通学していますが、その通学路で、特に楯岡湯沢口交差点から産業高校までの旧国道の通勤・通学時間帯における状況が危険に感じられてなりません。決して広いとは言えないもともとの歩道車道です。その車道の両端にグリーンベルト設置されていますが、安全な通学路とは思われていないようです。 

山形市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会(第2号 3月 4日)

また、国道13号のそば屋惣右エ門南側交差点から東北中央病院に至る鈴川第2号幹線につきましては、双月堰周辺浸水対策として重要な幹線であり、年次計画整備を行っておりますが、放流先である1級河川野呂川改修が必要となっております。現在、野呂川の未改修となっている国道13号の東側約600メートル区間につきましては、令和8年度の完成に向けて事業用地取得を進めていると、山形県より伺っております。

村山市議会 2020-03-02 03月02日-01号

道路新設改良事業は、市道西中央線ラウンドアバウト交差点改良舗装工事並びに市道駅西中央2号線国道接続道路改良工事について、完成令和2年4月以降になるため、繰越明許を設定するものです。 除雪機械整備事業は、国の補正予算交付決定の内示を受けた小型ロータリー除雪車の購入について、納品に時間を要するため、令和2年度に繰り越すものです。 

天童市議会 2019-12-11 12月11日-03号

通学路の金谷交差点信号機設置され、安全に通行することができました。信号機設置されるまでは、交通誘導員の方から登下校時に誘導をしていただきました。その交通誘導員から、実際に生徒がトイレを必要とする場面に出会うことがあったというお話を聞いた人もいるとのことです。もう一度、市の考えをお伺いしたいと思います。 ○山崎諭議長 伊藤建設部長

庄内町議会 2019-12-10 12月10日-01号

No.19は、防災・安全社会資本整備交付金事業 町道廿六木千河原線交差点改良工事でございます。コンクリートで二次製品の歩車道境界ブロックの調達に不測の期間を要しているため工期延長するものでございます。 No.20は、酒田流域関連公共下水道管渠布設工事(第1工区)に伴う低圧管移設工事でございます。酒田市が実施する下水道工事工期延長に伴い工期を延長するものでございます。 

酒田市議会 2019-10-21 10月21日-04号

その一方で、交差点横断歩道に近接する場所であるとか、バスが停車するには狭過ぎる道路、あるいはカーブ区間など円滑な交通に支障を来す場所へのバス停設置は、安全上ふさわしくないものと考えているところでございます。 また、バス停がふえることで定時運行におくれが生じやすくなることや、運行経路の変更、延伸により乗車時間が増大する弊害も想定されるところと捉えているものです。 

山形市議会 2019-10-18 令和元年環境建設委員会(10月18日 環境建設分科会・決算)

国道13号については、青野に入る交差点より南へ管を埋設する計画としているが、交通量が多いことから、工事手法について国と協議を進めている状況である。 ○委員  他県では、台風第19号により、本流と支流の合流部バックウォーターが発生し、堤防が決壊したとの報道があったが、馬見ヶ崎川や野呂川村山高瀬川などにおける対応はどうか。

山形市議会 2019-10-11 令和元年 9月定例会(第2号10月11日)

また、前回特に改善を指摘した第八小学校南側交差点について、カラーリングなどが施されておりますが、多くの児童が信号待ちをする状況危険性が除去されたとは言い難い状態です。ガードレール設置等を含む交差点改良が必要であると考えますが、市長の御所見を伺います。  以上、多岐にわたる質問となりましたが、壇上からの1回目の質問を終わります。 ○副議長長谷川幸司) 佐藤市長

鶴岡市議会 2019-09-06 09月06日-03号

ただいま議員さんお話しのとおり、昨今横断歩道、それから交差点での交通事故が非常に多くなっておりまして、記憶の新しいところではことしに入りまして4月の池袋での高齢者の運転によります自転車横断歩道通行中の母子が死亡した事件、それから5月には大津市のほうで、これも記憶新しいのでございますけども、信号待ち園児の列に軽自動車が飛び込み、16名の園児らが死傷した事故、これらがございまして、大変痛ましいものとなっております