6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

庄内町議会 2017-03-07 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月07日−01号

第2号では、非常勤職員の配偶者、いわゆる事実も含むものとしますが、これが「当該非常勤職員の養育する子の1歳到達日以前のいずれかの日において当該子を養育するために育児休業法その他の法律の規定による育児休業」、以下この条において「地方等育児休業」といいますが、休業をしている場合において当該非常勤職員が当該子について育児休業をしようとする場合は、当該子が1歳2ヵ月に達する日までとしております。  

庄内町議会 2015-03-16 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月16日−06号

ただ、導入にあたっての問題もあるようで、事実関係の有無を調べなくてはならないとか、それから両親がそろっていて収入がある男女が法律婚をしていた場合に所得があって受けられないという中で、事実状態で子どもをもうけるという、その際に寡婦控除を受けられるという制度自体、法律婚をしないことを奨励するのではないかという考え方も一部あるようであります。  

川西町議会 2010-03-09 平成22年  3月 厚生経済常任委員会(3月9日)-03月09日−01号

事実で生まれてきた子供について、制度的な不利益をこうむっていると、相続等で差別的な事柄がまだ残っていると。今回の民法改正については、そういうことも、婚外子への差別も解消を図られていくという中身だと思いますので、そういう子供の立場からしても私は必要なことだろうと思っております。  以上です。 ○委員長(江見輝男) 前田委員。 ◆委員(前田貢) この議論、いっぱいあるんですよね。

川西町議会 2009-03-11 平成21年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月11日)-03月11日−01号

私ども事実と申しておりますが、どうしてもそういう状況がございますと、これは児童扶養手当を支給する対象から削除させていただかなければなりませんので、そういう情報等が私どものほうに入りましたときには、家庭児童相談員もしくはお近くの民生委員さんのほうと相談させていただきまして、現況把握に努めております。  

天童市議会 2003-09-09 平成15年  9月 決算特別委員会-09月09日−03号

また、認定するときに家庭を訪問し、事実がないかどうか調査して、不正受給の防止を行っている。しかし、受給者の周囲から苦情が来るときがあり、処理に苦慮している。確認の方法としても、近所の方からの聞き取りなど調査をしながら、事実が確認されれば直ちに停止するとのことでありました。  

  • 1