569件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年第509回定例会第4号 本文

また、教育課程学校現場で起こるいじめや登校児童虐待等の背景には、貧困や人とのかかわりなど、根強い生活課題があることから、課題解決の糸口としての親の変化を促すことも重要です。児童虐待の早期発見と対応においても教育福祉をつなぐ教育委員会へのスクールソーシャルワーカーの適切な配置と活用が必要と思いますが、県の動向なども踏まえた町の今後の配置計画の考えをお聞きをします。  

鶴岡市議会 2019-03-05 平成 31年  3月 定例会-03月05日−04号

また、学習のおもしろさや有用性を再認識させるための学校独自設定科目ベーシックの実施や、ユニバーサルデザインの視点を取り入れた授業づくりに取り組むなど、少人数指導の利点を生かし生徒一人一人の個性を認め、励まし、能力を伸ばす教育が実践され、特別な支援を要する生徒や登校などの課題を抱えた生徒が志望する高校の一つとなっているものと認識しております。   

川西町議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月04日−05号

いじめ、登校、問題行動や児童虐待の背景には、家庭学校、友人関係など、児童生徒を取り巻く環境の問題が複雑に絡み合っています。このような中で、学校だけでは解決困難なケースについては、積極的に関係機関等と連携した対応を行い、多面的な視点と粘り強い取り組みを進めているところです。  

川西町議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月01日−04号

こうした息の詰まる学校文化が、いじめや登校を生む温床になっているのではないかと推測します。  (1)市内七中学校における「校則」及び「生活の心得」の実態についてお聞かせください。また、実態についての教育委員会の見解をお聞かせください。  現在の校則には、携帯、スマートフォンの持ち込みは禁止とあります。しかし、大阪府の動きを見て、文科省も容認の動きがあります。  

川西町議会 2019-02-27 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月27日−02号

25.登校拒否、登校児童・生徒の状況と保健室登校の状況について。  26.障がいを持っているなど個別の配慮が要る子供の人数と加配人数について。  27.生活指導相談員の人数、相談件数等の推移について。  28.留守家庭児童育成クラブの学校別、部屋数、面積について及び学年別入所状況と育成料減免の状況について。

鶴岡市議会 2019-02-27 平成 31年  3月 定例会-02月27日−01号

あわせて、発達障害やいじめ、登校、虐待などの不安を抱える児童生徒に対して、保護者や教師が適切な対応を行えるよう、教育相談員やスクールカウンセラーなどによる指導助言を行ってまいります。   学校施設関係では、鶴岡第三中学校の改築について、来年度はグラウンドの整備工事を行う予定であり、これにより一連の整備工事は、すべて完了いたします。   

川西町議会 2019-02-14 平成31年  2月 議員協議会(2月14日)-02月14日−01号

あるいは登校者というようなことも書かれています。もちろんSOSということなんですけれども、児童虐待防止法の改正ポイントから考えると、児童虐待とかDVに対する、昨今も非常に痛ましい事件がニュース等で出ていますので、そういう文言がクローズアップもされているところなので、もう少しそういうキーワードに対する取り扱いも盛り込まれなかったのかなというふうに感じるんですが。

川西町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月06日−04号

しかし、平成26年の文部科学省の調査では、全国では約2万5000人の小学生が登校になっており、決して見逃せる数字ではないと示しています。学年が上がるにつれて増加傾向があり、1年生では1000人、6年生では8000人と、思春期になるにつれて登校リスクが高まってきています。  

川西町議会 2018-10-11 平成30年 10月 臨時会(第4回)-10月11日−01号

貧困連鎖を断ち切り、上の就学を望む青年にはしっかり学習する環境づくり、川西市農業の振興、加茂遺跡公園の整備、登校・登校拒否児童・生徒の課題、高齢になってきたひきこもり問題、一庫ダムの水量調整と防災への課題など、課題はあります。  さらに、行政全般において感じたことは、企画、立案、計画づくりの民間委託化は気になるところです。職員技術向上にはなりません。

川西町議会 2018-09-28 平成30年  9月 一般会計決算審査特別委員会(9月28日)-09月28日−04号

まず、適応教室セオリアのほうに登録している児童たちが434ページの表に書かれているわけですけれども、いわゆる学校に行けない子たち、登校の子たちの数というのは、小学校中学校何人ずついましたっけというところを教えていただきたいんですが。 ○委員長(安田忠司) 学校教育課長

鶴岡市議会 2018-09-10 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号

まず初めに、議員御案内の図書館における自殺予防の取り組みに係る実践例といたしましては、御紹介もありましたけれども、公立図書館が独自の判断によりまして、登校児童生徒の緊急避難的な場所として、当該図書館があるとツイッターで呼びかけたということでありますとか、あとはその公立図書館精神保健福祉施設との共催で自殺対策週間にあわせて自殺予防策図書館キャンペーンとして、そういったものを開催したなどの取り

村山市議会 2018-06-20 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−03号

それから、就学補助で、学校給食における第3子以降の給食費完全無料化、それから子どもの自立支援、夢奨学金事業、それから、登校傾向の子どもたちのための学習支援センター、さらに、これはご認識いただいているかどうかですが、個別の指導を必要とする子どもたちのために、各学校合わせて17人の補助員、学習サポーターを市の財源で配置しているんです。17人です。

鶴岡市議会 2018-06-18 平成 30年  6月 定例会-06月18日−03号

学校にかかわる課題といたしましては、SNSを介した問題行動、学習や集団への不適用、登校渋りや登校に陥ったりする生徒の指導などの課題に加え、発達障害等により配慮を要する児童生徒一人一人に合わせた指導を充実させることなどが必要であると捉えております。今後の方針といたしましては、これまでの取り組みを検証し、関係機関とのさらなる連携により子供家庭の実情に合わせた支援に努めてまいりたいと考えております。

鶴岡市議会 2018-06-15 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号

そのほかにもネット依存より登校引きこもりに至ってしまうケースも見受けられ、SNSへの対応は最重要な課題であると認識しております。そこで、児童生徒たちのスマホを初めとしたネット利用の状況、また児童生徒、保護者及び学校関係者へのネット利用に当たっての指導の徹底等、指導体制の強化及び未然防止策、万が一被害に巻き込まれたときの対応について当局の御所見をお伺いいたします。

川西町議会 2018-03-26 平成30年  3月 厚生文教常任委員会(3月26日)-03月26日−01号

中身は学校教育の中で、いわゆる教育改革というものをものすごく進めておられるところで、実はそれこそ本当に普通の学校なんだけれども、できるだけ登校子供たちをなくしていくという方向の中で、フリースクールみたいな形も取り入れたりとかして成果を上げておられるところがあるみたいです。それで、学校そのものでも、物すごく研修に行かれていたりしているところがあって。

鶴岡市議会 2018-03-22 平成 30年  3月 定例会-03月22日−07号

発達障害児の増加傾向への対応策として、特別支援教育コーディネーターの養成、学校教育支援員の配置について、またいじめ、登校、虐待対策としての教育相談員、スクールカウンセラーの充実については一定の評価をいたしますが、しかしながら現場からは子供発達障害の評価を受けたのだが、どう対処したらいいかわからないという御家庭の声もございます。御家庭からの声もいただきました。

天童市議会 2018-03-13 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日−02号

◆13番(山口桂子委員) 御案内しても、その御案内の内容がよく理解できない親御さんもいるかもしれないので、ぜひ手厚い保護をしていただきたいと思うんですけれども、家庭環境で朝御飯を食べてこないお子さんだったり、あと児童虐待があったりとか、それが登校につながったり学力不足になったりという最初のところがあると思いますので、家庭環境経済的にどうなのかというところは本人の申請ではあるとは思うんですけれども

庄内町議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月12日−05号

次に、前回のアンケート調査で、ひきこもりになった経緯の中で、中学校時代に登校であった、その延長としてひきこもりになったという方が全体の14%いました。1,607人のうち、244人も中学校時代登校であったと。そういった結果が出ているんです。あれから5年経って、そのデータがだいぶ変わってくると思います。それで、登校とひきこもりの因果関係についても、前にも質問しました。

川西町議会 2018-03-08 平成30年  3月 一般会計予算審査特別委員会(3月8日)-03月08日−01号

今、子供たちの体の性と、それから心の性というか、違いを持っている子供たちもあって、実はその子供たちが中学校で男の子はそれこそこの制服、女の子はスカートなんだというところで、そういう部分で登校になったり、ひどいときはそこで自死に至るというようなことが全国的にも問題になっているんです。  私立の学校では、結構、女の子はスカートで男の子はズボンだということではなくて、どちらも選べる。