62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-12 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号

◆21番(伊藤和子委員) 知的・情緒、それから肢体不自由児ということでクラス分けしておりますが、肢体不自由児が入った場合、身体の状況にもよると思うんですが、以前、中部小学校では階段に昇降機をつけていただいて、上り下りしていたわけですが、昇降機に乗って移動できるような子どもであればいいわけですが、ちょっとこれが大変だったというときもあったようです。  

庄内町議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号

それから、庄内地域防災計画の11ページの150年に一度発生すると考えられる雨量云々の下りの部分でありますが、これはまず150年に一度の確立で想定される雨量で最上川の破堤を想定したものでありますが、平成27年水防法の改正によりまして、平成29年度に1,000年に一度の雨を想定した、ハザードマップが変わったということがありましたが、1,000年に一度の雨を想定しております。

庄内町議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月15日−03号

それから、会場が2階であるということであり、足の悪い人は上がり下りが大変なので、これもまた参加できないということになっているのだろうなということでございました。  JAあまるめ拠り所しゃんしゃんの担当者、町の福祉課の担当者も、それぞれ町営バスに実際乗車してみたということを伺っておりますが、どう感じたのかお伺いしたいと思います。

山形市議会 2017-09-13 平成29年 9月定例会(第3号 9月13日)

写真の下段2枚には、和室に上り下りする際の手すりと折り畳み式の腰かけ台が設置されています。まれに車椅子でも和室の中に上がりたいという方のために、取り外し式のスロープの用意もあるそうです。  続いては、待合室5です。こちらは、少し狭く20人くらいが収容できる和室になっております。待合室1から3にあった入ってすぐの広いスペースがなく、2段上がって畳に座るような形になっております。

庄内町議会 2017-06-14 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月14日−02号

これからも、月山ジオパーク、舟下り、出羽三山等のそれぞれの魅力を絡めながら、周辺自治体との広域連携も視野に入れながら、観光交流人口の拡大は目指していきたいと考えております。  それから、大きな2点目の、地域活性化ということであります。  これにつきましては、立谷沢地区の小さな拠点整備事業ということでの具体的なご質問でございました。

庄内町議会 2017-03-15 平成29年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号

そのシンポジウムの中でも、インバウンド対策について、舟下りの社長あるいは近畿日本ツーリストの担当の方々からも、いろいろ考えられるということでご助言、ご指導もいただいておりますので、そういう広域連携事業も含めてソフト事業については推し進めていきたいというふうに思います。  

庄内町議会 2017-02-22 平成29年  2月 全員協議会-02月22日−01号

方々をご案内していただいたということで、これも総勢50名を超える来客者だったんですが、3班に分かれていただいて、学生から勉強もしていただきながら案内をしていただいたということで、大変好評でしたし、地域の方々も少しびっくりをしていらっしゃったようですが、そういうことで、すでにいろいろ観光交流事業については始まっておりますので、これから日本遺産関連、あるいは月山ジオパーク、それから、ゆくゆくは戸沢村の舟下り

庄内町議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月07日−05号

留学生在日外国人の方々合計90名を受け入れしておりますが、北月山荘に宿泊をされて、駅前のやくけっちゃーので食事をされて、そして戸沢村の舟下りをして仙台市に帰るといったような、東北大学の学生の方々がお見えになったところでは、私も偶然出会わせていただきまして、そこで挨拶をしろというふうなこともありました。

庄内町議会 2015-12-10 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月10日−02号

最上川下りから、館長が行って説明をして、清河八郎の宣伝をして、足で講演会に行って清河八郎の宣伝をして、いろいろアピールしているという。来館者をどうにか増やそうといういろいろな努力を伝えたと思うんですが、それでもなおかつ入館者が増えない。そこにどんな足りない部分があるというような認識があるのかということなんです。  だって、解決策を見つけていないんでしょう、今日。

庄内町議会 2015-11-27 平成27年 11月 全員協議会-11月27日−01号

ここに庄内町が書いている他には、例えば戸沢村の舟下り、雪見舟で遊ぶとか、西川町の志津の温泉で雪遊びをするとか、そういう冬場に特化をした事業が今回は中心になるということでございますが、月山ジオパーク全体としては春から冬まですべての事業をいろんな形で展開していくということになります。 ○議長 他にございますか。 ◆國分浩実議員 私からも、商工観光課からの資料について質問いたします。  

山形市議会 2015-06-19 平成27年 6月定例会(第2号 6月19日)

篠田病院前の陸橋や駅前東口から西口に通じる長い地下道、駅中のアピカの通行路を通り、下りエスカレーターのない階段を降りていくことになります。高い都市計画税固定資産税を払っている街なかの住民のためにも、あの付近に1つ停留所を設置していただきたいと考えます。  停留所といっても、ただ表示板が立っているにすぎません。

山形市議会 2014-12-02 平成26年12月定例会(第2号12月 2日)

地域交流バス南部線は、路線バス空白地区対策として村木沢農業試験場前と市役所を結び、平成15年から運行されていますが、市役所まで約1時間と時間がかかる上に、週1日、午前の上り2本、午後下り2本と、使い勝手が非常に悪く、利用者の伸び悩む要因になっていると感じます。  市街地から離れた西部地区において、高齢者、通学の高校生などの交通弱者に対する対応をどのように考えていらっしゃるのか。  

山形市議会 2014-06-18 平成26年 6月定例会(第3号 6月18日)

次に、電車の停車回数をふやしてはどうかということですが、面白山スキー場の営業停止後の面白山高原駅の主な利用者は、紅葉川渓谷のトレッキング客であると考えておりますが、現在の1日当たりの停車本数は上り仙台行きが12本、下り山形行きが11本という状況です。一定の停車本数はあると思われますが、なお利用者のニーズを確認した上でJRとの協議の必要性について検討をいたします。

山形市議会 2014-03-05 平成26年 3月定例会(第2号 3月 5日)

2時間列車を1日5本から6本、今現在29本臨時列車を入れて上り下り走っております。このうちの4分の1を東京福島山形、そして山形が終点これで2時間をしっかりと確保する。これが必要だと思います。あわせて、山形県山形市の玄関口としての駅前広場も県都の玄関口として品格のあるオープンスペースとして整備をしたらどうでしょうか。  2つ目、山形空港の高度化について申し上げます。  

庄内町議会 2013-03-19 平成25年  3月 定例会(第1回)-03月19日−06号

いろんな事業をやりましたけれども、中でも一番印象に残っておりますのが、昭和56年から始まりました「最上川自作下りレース」というふうなイベントがございました。当時は全国規模のイベントいうことで、かなりマスコミの方からも取り上げられたのが印象的でございます。その企画係に10年間ほど在職いたしまして、その後、昭和61年4月から清川公民館の方に3年間お世話になりました。

庄内町議会 2013-01-29 平成25年  1月 全員協議会-01月29日−01号

上野幸美議員 「土縁」のことですが、膝くらいの掘りごたつのような、地面を掘ったような深さのところがあって、そこに下りるには、下り口には階段が2・3段ありまして、それを下りて、その段差のところに腰を掛ける、そういったイメージの掘りごたつのように地面を掘った穴が床に空いているというか、そういった存在なのですか。