運営者 Bitlet 姉妹サービス
788件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 なお、大量生産による低コスト製品は、価格競争に巻き込まれるリスクが高いことから、アジア圏内で評価の高い食品加工分野を優先的に進めてはどうかと考えております。  また逆に、日本の持つすぐれた人材、設備、技術に対する積極的な海外からの投資や外国企業の誘致も有望と考えられます。   もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) 子ども食堂の開設に当たっては、人材、資金、会場などの立ち上げ準備のほかに、利用者支援、衛生面でのリスク管理など、運営におけるさまざまな課題が想定されると考えております。  もっと読む
2018-09-14 小国町議会 平成30年第6回定例会(第3日) 本文 2018-09-14 町長(仁科洋一君)先日の答弁の中でも話しておりますけれども、プールにつきましては今、仮の修理ということでやっておりますので、今後またこれから冬に向かって降雪あるいは強風等に遭いますとですね、非常に危険であるということで、まずはそういったリスクを排除するためにできる範囲のところといいますか、温水プールの解体を今回実施するということでございますので、そのほかのところについては今のところ検討中ということでございます もっと読む
2018-09-14 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月14日−05号 ◆7番(武田正二委員) どういった状況になるか、メリットというメリットも、あと、リスクも伴うような内容になるということで、積極的ではないというか、その家庭にあったというようなお話でしたけれども、やっぱり家庭でよほど油を使う、日常生活の中で平均的に油の量というのはほとんどあまり変わりないと思っておりますし、知らないというのが多くいらっしゃるとあれで、それは選択肢ですから、自分はどう選ぶかはあれだけれども もっと読む
2018-09-14 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月14日 厚生分科会・決算) ○委員   胃がんリスク層別化検査(ABC分類)事業をしているとのことだが、胃以外のがんに対する取り組みはどうか。 ○健康課長   早期発見が治療に有効であるため、5大がんについては市の検診項目になっている。乳がん、子宮がん、前立腺がんについては、対象年齢の方に無料クーポン券を送付し、検診を受けやすくしている。 ○委員   先日、乳がん検診を特集したテレビ番組を見た。 もっと読む
2018-09-12 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号 国から予算が真っすぐ、国庫全額ですので、今年度あたりにつきましては、金額が決まってきておりますのでなかなか、昨年度は申し込みする方がなくてゼロだったということでありますけれども、今年度につきましては、予定の金額よりも多く申し込まれているということで、その中から経営のリスクの高い人、新規参入者、そちらのほうを優先してというようなことで、今、審査を行っているような状況でございます。 もっと読む
2018-09-11 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号 例えば学校が古くなってきたことは一目でわかりますが、道路や水道管などの老朽化は、行政の担当者はわかっていても、行政全体では共有できていない、住民にとってはあって当たり前、安全で当たり前との意識が非常に強い、住民は常々リスクと隣り合わせで生きている実情をほとんど認識していないのではないかと思います。 もっと読む
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 本計画は、安全、安心な国土、地域、経済社会の構築を推進するため、あらゆるリスクを見据えつつ、ハード、ソフト両面から対策を行い、最悪の事態を避けられるような行政機能や地域社会、地域経済を事前につくり上げていこうというものでございます。国では平成26年3月に国土強靱化基本計画を策定しており、自治体におきましてはことし8月1日現在では45都道府県、80市町村が策定をしております。 もっと読む
2018-09-07 高畠町議会 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文 思春期前の子供は汗腺を初め、体温調節能力が十分に発達していないために、高齢者と同じく熱中症のリスクが高いと指摘されています。子供が生活する場である学校は、大人の働く場以上に体や健康を守るために十分な条件が必要と言えます。しかし、実際は全くその逆で、一日の大半を過ごす学校は空冷の空気調節設備は整っていません。エアコン設置率は全国で49.6%、山形県は17.4%と極めて低い数字を示しています。 もっと読む
2018-09-07 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号 リスク分散も含めて、山形県の新しい品種などをこれからどうしていくかといったようなことも含めて、非常に県全体で物事を進める上でもやりやすい制度だというふうにして私としても考えておったところであります。   もっと読む
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 しかしながら、農業というものは自然との戦いであり、これまで述べましたような基盤整備や栽培手法の改善、品種の切りかえだけではやっぱり対応し切れない面もございますので、複合経営による災害リスクの分散やあるいは農業経営のセーフティーネットとなる収入保険制度の活用など、総合的な取り組みが重要になってくるというふうに考えております。 もっと読む
2018-09-06 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月06日−03号 また、対岸とのバランス、堤防決壊のリスクの増大ということもありますので、現場をよく精査しないと結論が出せないというふうに考えております。また、宮曽根排水路から溢水する場所にお住まいの方の話では、これまで床下浸水になるような水位の上昇はなかったということです。ただ、町道は通行止めになってしまっているということであります。 もっと読む
2018-09-05 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月05日−02号 やはり私がなぜ4月の新入学にこだわったかというのは、これは、やはり学校を転校させたり、それから、スタートがずれてから転校してくるというのは非常にリスクをともなうだろうと。子どもにとってのストレスがかかりやすいというふうなことも含めて、ですから、4月の入学に合わせて、ぎりぎり今回がタイムリミットだというふうなことの中で一つ話をさせていただいた経緯がございます。   もっと読む
2018-09-04 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号 普通PFIであればリスク分担がしっかりしていて、どこからどこまでが借り主で、どこからどこまでが持ち主のリスクなのかしっかりするんですが、今回見ると、どうもこのリスクをすべて町が負わざるを得ないのかなというふうにも見えます。仮にですが、極端な話、もし持ち主が倒産したり、自己破産とかをした場合、その際の対応はどうなるのか。 もっと読む
2018-06-20 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−03号 ミッシングワーカーの要因として、3つのリスクが挙げられます。非正規雇用であること、独身であること、親の介護をしていることです。本市では、これらの問題をどのように受けとめているのか、現状をどのように把握しているのか福祉課長にお尋ねして、登壇での質問を終わります。 ○議長 小玉福祉課長。 ◎福祉課長 お答えいたします。   もっと読む
2018-06-18 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月18日−03号 などのいろんなリスクはありますけども、取り組む価値はあると思います。   そこで、寒仕込み野菜鶴岡について、雪を利用してキャベツや大根、ニンジンといった農作物を雪の下に貯蔵し、雪の下野菜として売ることでブランドを図ることについて市の見解を伺います。   続いて、健康寿命アップについて。人生100年の時代が現実になりました。皆さんも元気で一生現役が理想です。 もっと読む
2018-06-15 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号 こうした成果の一方、雪冷熱エネルギーが他の設備方式に比べ導入コストがかかることや、必要な量の雪が調達できないリスクがあるなど、実施する際は事前に十分な検討が必要になるといった課題がございます。    もっと読む
2018-06-08 小国町議会 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 2018-06-08 次に、「私の発言と検証結果に相違がある」との御指摘ですが、検証結果につきましてはただいま申し上げましたように3つの観点から取りまとめたものであり、1点目の医療安全の観点については、急変時の他院への転送に要する時間的なリスクの問題、2点目の医療従事者関連については看護師の不足がもたらす関連施設を含めた影響、3点目の経営状況については、患者数によっては収支にマイナスが生じることなどを分析しております。 もっと読む
2018-06-06 高畠町議会 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文 子供の自殺は、このようにいじめや友人関係も含めた学校にかかわる要因や家庭の要因、疾病など複数の要因が複雑に絡み合いリスクの高い状態となり、何らかのことが引き金となって起こると言われております。  したがって、いじめは深刻な問題ではありますが、いじめ予防だけでは自殺防止には不十分であるという専門家の指摘もございます。   もっと読む
2018-03-22 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月22日−07号 統合するに当たって管路延長が伸びることになると思うが、そのことはリスクとならないかとの質疑に対し、各処理施設を廃止する際に、管路まで入れかえるものではなく、施設間の連絡管のみ新設するものである。そのため、確かに管路延長が伸びることにはなるが、ごくわずかの延長である。 もっと読む