3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

山形市議会 2017-12-15 平成29年12月定例会(第4号12月15日)

厚生労働省は、2013年からの4年間で、特例水準の解消で2.5%の削減、マクロ経済スライド適用で、0.9%の削減、さらに今年の0.1%削減など3.5%もの削減を行った。  さらに少子化平均余命の伸びを口実に、マクロ経済スライドを使って、今後30年間も年金の減額を図ると聞いている。  年金はその殆どが消費にまわるため、年金減額は地域経済にも少なからず影響すると考えられる。

山形市議会 2017-12-11 平成29年厚生委員会(12月11日)

マクロ経済スライドについては、削減の方向で運用されている面では改善の余地があると思う。 ○委員   国でも制度変更や現状の人口構成に合わせた年金制度を考えている中で、財源の問題や毎月支給ができない理由、マクロ経済スライドによらない年金支給額の決定方法があるのか研究したいため、継続審査としたい。

天童市議会 2005-09-22 平成17年  9月 定例会(第3回)-09月22日−05号

ところが、昨年の改悪によりマクロ経済スライドに置きかえられました。この結果、2023年までに15%もの減少となります。  問題点の第3は、国庫負担の引き上げを法律に違反して先送りしたことです。基礎年金に対する国庫負担比率を3分の1から2分の1に引き上げることを94年に国会決議で決めていました。

  • 1