265件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-09-17 2019-09-17 令和元年第513回定例会第2号 本文

その際、「とてもハードルの高い事業なので簡単には設置することができない」との回答でした。それから、数名の議員からも必要性があるとの提言が出されています。そのときでも、「検討していかなければならない」旨の回答でした。これまで、どの程度検討がなされたのか、また今後どのようにこの町民のニーズを踏まえて取り組んでいくのかを質問いたします。  

高畠町議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年第509回定例会第4号 本文

相談をするハードルが低くなる一方で、いじめが実在するのか判断しづらいというデメリットもあるとされております。  開発されたアメリカでは大きな成果を上げているとのことでありますが、今後、ますます進展すると思われるICT環境における一手法として、スケールメリットも含め、検討に値するものと認識をしております。  

天童市議会 2018-09-13 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

委員からもありましたように、昔は、生活大変だとなると市役所福祉事務所というくくりで御相談いただければ一番よかったんですが、市役所に来ること自体がハードルが高いといいますか、大変だということで、そういった中で社会福祉議会のほうにもいろいろな相談事業を盛り込みながら対応してきているところでございます。

高畠町議会 2018-09-11 2018-09-11 平成30年決算特別委員会 本文

そういった部分については、なるべくお応えするようなことで対応をしているところでございますけれども、なお、結構予算額は多くはしておるものの、なかなか手を上げる方が少なかったりとか、あるいは逆にちょっと制度設計がちょっとハードルが高いのかなというふうなものも中には若干ありますけれども、なるべく活用していただけるような内容で進めているところでございます。

庄内町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−01号

また、起業・創業しようとする人にとってはハードルが高く感じる部分もあった。しかし、新産業創造館クラッセがオープンしてからは、女性起業家とのランチ会を開催するなど、新たな取り組みが見られた。起業家の発掘は長い目で見ることが必要であり、重要なのは起業・創業するまでのプロセスと、その後のフォローである。

天童市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月05日−02号

実現するためには10年以上かかると思われるような極めてハードルの高いことや、やろうとすればすぐにでも実現できると思われるハードルの低いことについて、公共交通の幅広い範囲にわたって質問をさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  まず、一つ目の「JR奥羽本線及び仙山線の具体的な利便性向上策」についてお伺いします。  

庄内町議会 2018-02-21 平成30年  2月 全員協議会-02月21日−01号

石川議員 私たちは、特に私は、前回の報告書の中に大きく関わっていますので、今の小野委員長が言わんとする部分については納得はできるのですが、先程聞いたように、教育委員会の中のやり取りやら難しいというふうな表現があったり、あるいは学校現場との関わりの中で、いろいろハードルが高いのかなという部分もいろいろまた皆さんの方から、委員長の話の中で出てまいりましたので、順序立てて考えれば、町が考えている施設

天童市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

先ほどの御答弁のほうで、ハローワークとの連携のもと、就職説明会であったり、こういう受け皿づくりをしっかりやっているという形でありますけれども、就職1回、UIJターン、1度本市から離れて、またその中でUターンに関しましても、ハードルを下げるといった意味では、交通費の支援といったもの、つまり就職活動に対する交通費の支援、そういったものを本市独自でやってみるのも、ハードルの軽減につながるのではないかなと。

高畠町議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第503回定例会第2号 本文

ただし、国交省管理の部分は完了しているわけですけれども、津久茂橋を境にしてなかなかこれまで進まなかったというようなことで、津久茂橋は国道13号に架設になっているものですから、これをかけかえをしないと本来の改修にはつながらないんですが、やっぱり河川だけの問題ではなくて、道路の問題も大きなハードルになっておりまして、この部分についてはどうするのか、いまだに未定ですが、やれるところからやりましょうと。

山形市議会 2017-12-06 平成29年12月定例会(第3号12月 6日)

御指摘の小規模稲作農家支援事業につきましては、新たな補助事業でありまして、この資格要件によって事業主体となり得る農家が非常に限定されるとともに、事業採択の要件もハードルが高いことから応募がなく、再募集に至ったものと認識しております。これにつきましては、農家が取り組みやすい補助制度となるよう県に対して働きかけも行ってまいります。  次に、耕作放棄地有効利用についてでございます。  

高畠町議会 2017-12-05 2017-12-05 平成29年予算特別委員会 本文

3分の1の県単から国庫の2分の1に変えるというのは、ハードルが非常に高いわけでございますが、実は県単の戦略的園芸産地が今まで使えていた要項を今回見直しをしまして、29年、見直しをして非常に使いづらくなったと。高畠が考えていた事業がどうも該当しない方向で現在まで県と話を詰めてまいりました。

山形市議会 2017-10-20 平成29年厚生委員会(10月20日)

福祉推進部長   山形市では、毎月こころの相談室を開催し、相談できる体制をつくっているが、申し込みが必要なところに少しハードルがあるのかもしれないと思っている。常設の専門職の配置に対する意見については人事部局に伝える。また、服務規律については、研修等でさらに知らしめていく必要があるため、職員の服務規律に関するハンドブックを作成し、徹底していく。

山形市議会 2017-09-27 平成29年決算委員会( 9月27日)

難しい分野であるがどのように考えているのか、との質疑があり、当局から、有機農法に認定されるには、なかなかハードルが高く、また、周りの農地への影響も懸念されることから、個人だけではなく地域での話し合いも必要になってくると考えている、との答弁がありました。  さらに、委員から、有機農法をするには勇気がいる。

山形市議会 2017-09-19 平成29年産業文教委員会( 9月19日 産業文教分科会・決算)

○農政課長   有機農法に認定されるにはなかなかハードルが高く、また、周りの農地への影響も懸念されることから、個人だけではなく地域での話し合いも必要になってくると考えている。 ○委員   有機農法をするには勇気がいる。支援体制が必要であり、県のさまざまな施策を取り入れ、地域環境に恵まれているところから前に進めていくべきと考えるがどうか。