24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

高畠町議会 2019-09-17 2019-09-17 令和元年第513回定例会第2号 本文

このシステムについて、トヨタ自動車株式会社が開発したのを例に取り上げてみます。慌ててブレーキとアクセルを踏み間違えたときに、超音波センサーで前後の障害物を検知して加速抑制したり、切り返しのバックでアクセルを踏み過ぎてしまったときにも加速抑制したりする機能があるそうです。気をつけなくてはならないのは、あくまでも加速を抑制しますが、決して自動停止する機能ではないということであります。  

山形市議会 2017-06-15 平成29年 6月定例会(第1号 6月15日)

議第45号の議案は、高規格救急自動車1台について、金2,855万7,666円をもって、山形トヨタ自動車株式会社から購入しようとするものです。  議第46号の議案は、椹沢コミュニティセンター建設建築工事について、金1億8,997万2,000円をもって、愛和建設株式会社請負契約締結しようとするものです。  

山形市議会 2016-07-20 平成28年 7月臨時会(第1号 7月20日)

議第60号の議案は、高規格救急自動車2台について、金5,850万1,852円をもって、山形トヨタ自動車株式会社から購入しようとするものです。  議第61号の議案は、消防西崎出張所訓練塔新築建築工事について、金2億6,190万円をもって、山形建設・小野建設建設工事共同企業体と請負契約締結しようとするものです。  

山形市議会 2016-06-21 平成28年 6月定例会(第2号 6月21日)

例えば、トヨタ自動車東日本さんに3月ですかね、お伺いさせていただきましたが、やはりまだまだ取り引きは少なくて、部品の多くをですね、愛知県から持ってきてるというような状態、これいまだにそうだということでありました。ですので、やっぱり運ぶコストというのはかかりますので、そうした関連の会社に今アプローチをかけているというところであります。

天童市議会 2016-06-13 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月13日−03号

ところが、大手の会社であれば、東京であれ、山形であれ、そういう給料格差はないよというお話も聞いておりますので、できたら今、トヨタ自動車もこの前も申し上げましたけれども、宮城県小型自動車の主力工場を持ってくるということでございますので、大衡村から天童市までは1時間ちょっとで来る状況にございます。

天童市議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会(第7回)-03月07日−03号

私は前にも申し上げましたけれども、トヨタ自動車宮城県に、普通車というか小型車は全部こちらに一元化して皆持ってくるということでございますので、そういう関連企業を天童市に誘致できれば、就職する方も大きな企業に安心して就職できるという場がなってきますので、若い人のUターン、Iターンということも可能になってくるのではないかなというふうに思っております。  

高畠町議会 2015-12-15 2015-12-15 平成27年第491回定例会第4号 本文

第1位に選ばれたのはトヨタ自動車の豊田章男氏であります。豊田氏は社長就任後、厳しい経営環境においてリーダーシップを発揮し、さまざまな難局を乗り越え、平成24年から26年まで3年連続で自動車販売台数世界一を達成するなど、多くの経営者が攻守にわたる確かなかじ取りを高く評価をし、今回初めて1位となったものであります。  

高畠町議会 2011-06-17 2011-06-17 平成23年第464回定例会第4号 本文

本案は、現在、消防署に配備されている救急車を高規格救急車に更新、購入するため、去る5月27日、南陽市赤湯川尻3028番地の1、山形トヨタ自動車株式会社、南陽店店長山川武志氏と3,591万円で仮契約締結したので、地方自治法第96条第1項第8号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により提案されたものであります。  

高畠町議会 2011-06-03 2011-06-03 平成23年第464回定例会第1号 本文

現在、消防署に配備されている救急車を高規格救急車に更新、購入するため、去る5月27日、南陽市赤湯川尻3028番地の1、山形トヨタ自動車株式会社、南陽店店長山川武志氏と3,591万円で仮契約締結いたしましたので、地方自治法第96条第1項第8号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により提案するものであります。  

庄内町議会 2008-12-09 平成20年 12月 定例会(第7回)-12月09日−01号

(4)でありますが、「東北地域の工場立地動向と山形県の取り組みについて」でありますが、トヨタ自動車の生産子会社セントラル自動車仙台市近郊の大衡村に進出が決まったのをきっかけに宮城県岩手県福島県の各県に企業誘致の動きが拍車がかかっている。これは別紙にございますが、このようなことで、大変な動きになっておるわけであります。

山形市議会 2008-09-10 平成20年 9月定例会(第3号 9月10日)

民間のトヨタ自動車なども企業健康保険組合の中で,自主的にそういった制度を創設したことから,この愛知県豊田市等々に広がったというふうな話も聞いてございます。ぜひ積極的に,この制度構築について検討を深めてもらいたいと要望するところであります。  文化施設については,市長からも質問以上の御回答をいただいたと,大変感謝を申し上げたいと思います。

山形市議会 2008-02-26 平成20年 3月定例会(第2号 2月26日)

なんで今そんな話を私申し上げたかというと,宮城県においてトヨタ自動車生産子会社セントラル事業所ですね,新工場の建設が決定して2010年度以降年間20万台の生産を目指す。同じ製作工場である関東自動車,これ岩手ですけども,これと合わせて50万台。そうするともう既に岩手県宮城県との連携というのは相当強硬になってくる。あわせてロシア向けに自動車を出荷するに当たっては秋田港なんです,今度考えてるのは。

山形市議会 2007-12-04 平成19年12月定例会(第2号12月 4日)

この中で,当然山形市といたしましても,この中でのトヨタ自動車の生産子会社セントラル自動車代表されます,仙台市への新規進出予定企業,あるいは本市の企業がどのような連携交流をできるのか,昨年設立されました,とうほく自動車産業集積連携会議,こうした会議での結論,成果,こういうようなものからも相互にこれを活用していかなくてはならないなというふうに考えてございます。

山形市議会 2007-06-07 平成19年 6月定例会(第1号 6月 7日)

それから市長が冒頭,自治体で決められるものではないということは当然私はわかりますけれども,例えばトヨタ自動車一社で,最近の利益の発表では3兆円以上を超えたと,こういうのが発表になっているわけだね。これまで年間,3年間1兆円以上ずつの利益をしていたのがいきなり3兆円。3倍ぐらいの利益を上げたというような報道をされているわけだね。

  • 1
  • 2