48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

酒田市議会 2019-09-30 09月30日-01号

地域経済が活性化し、「働きたい」がかなう酒田」については、産業振興まちづくりセンターサンロク)が「つなぐ」拠点となり、地元企業農林水産事業者等ニーズシーズマッチング案件をつくり、開業支援及び販路開拓等取り組みました。 重要港湾酒田港については、コンテナ取扱貨物量は前年度を下回ったものの、歴代2位と堅調に推移しました。 

鶴岡市議会 2019-09-03 09月03日-01号

鶴岡農業経営者育成学校設置及び管理条例の制定につきましては、旧いこいの村庄内建物等を活用して設置する市立農業経営者育成学校、通称SEADS(シーズ設置及び管理等に関する条例を制定するものであります。  次に、事件案件ですが、鶴岡本庁舎耐震補強工事請負契約の締結につきましては、令和元年度から令和2年度にかけて行う市役所本庁舎耐震補強工事請負契約を締結するものであります。  

鶴岡市議会 2019-06-04 06月04日-01号

また、「旧いこいの村庄内」を活用した農業人材育成研修施設については、名称を鶴岡市立農業経営者育成学校「SEADS(シーズ)」とし、令和2年4月からの研修生受入れに向けて、協定を締結した産学官の6者が役割分担をして施設の改修に向けた設計や研修カリキュラムの作成、研修生獲得のためのプロモーション活動などの準備を進めているところであります。  

酒田市議会 2019-03-19 03月19日-07号

サンロクは、地元企業農林水産業者ニーズシーズをつなぎ、創業農商工連携、新商品、サービスの開発販路開拓などの支援女性活躍などの推進を図ることを目指している点、産業振興につなげるためにコンシェルジュと呼ばれるキーパーソンの配置を行っている点、市や市内商工団体の職員も業務に当たっている点や、センター内につくられたウッドデッキやコワーキングスペースなど、自由な雰囲気の中で仕事や相談ができる点などの

酒田市議会 2018-03-19 03月19日-06号

1つ目は、このセンターのスタッフが、農林水産事業者を含む市内事業者が新たな事業取り組みを行う際に出てくるさまざまなニーズですとか課題と、それからこの事業者が得意とする技術製品等シーズこれはシーズという言葉で表現しますけれども、こういった両方をまずヒアリング等によって把握して、そしてコンシェルジュといわれる人間が、その課題を持つ事業者と、その課題を解決できるシーズを持った企業専門家等マッチング

酒田市議会 2018-03-14 03月14日-04号

商工費における新規事業産業振興まちづくり推進事業では、今春に開設が予定される(仮称産業振興まちづくりセンターは、地元企業農林水産事業者個人等ニーズシーズを集め、つなぐこと、マッチングすることにより、産業振興農商工連携推進目的とされております。その施策で地域経済が活性化し、働く環境が整備され、新規開業販路開拓販路拡大に直接的に効果があらわれることを期待いたします。 

酒田市議会 2018-03-05 03月05日-03号

まず1つ目でありますが、これは農林水産事業者を含む市内事業者が新たな事業取り組みを行う上で出てくるニーズ課題と、当該事業者の得意とする技術製品等シーズ両方ヒアリングにより把握をして、その課題を持つ企業課題を解決できるシーズを持った企業、そして専門家等マッチングさせて企業売り上げアップにつながるように支援をしていくということでございます。これが1つ目でございます。 

酒田市議会 2017-09-20 09月20日-04号

産業振興まちづくり支援センター仮称)のこの開設役割目的でございますが、この地域企業等が抱える課題ニーズとして集めて、そして商品化事業化できる技術やノウハウなどのシーズこれは商品化事業化の種という意味ですが、そのシーズ掘り起こして、外部のマーケティングの専門家ですとかデザインなどの専門家がかかわることで、ビジネスとして成立することの役割を担って、新しいビジネスを数多く創出することでこの

酒田市議会 2017-09-04 09月04日-02号

今後の産業振興の戦略でございますけれども、酒田港を活用するための工業団地等種地検討ですとか、あるいは現在開設準備を進めております、これは仮称でございますが、新産業振興センターのこの開設によりまして、製造業農林水産業を含めた地域資源ニーズシーズ掘り起こしマッチングを行って、例えば農作業の省力化のための機械の開発ですとか、栽培技術IT化など潜在的な地域資源の情報をビジネスに結びつけていくことで

酒田市議会 2016-09-27 09月27日-06号

今回のこの整備については、8月30日に開催をされた山形県の航行安全検討委員会において入港可能と判断された16万トン級の大型クルーズ船に対応するためのものでありまして、世界的な大きなクルーズ船でありますクアンタム・オブ・ザ・シーズこれは16万8,600トン余りの船でございますけれども、全長でいいますと348メートル、5,000人近い乗客を乗せて入港する大型外航クルーズ船でありますけれども、このクラス

鶴岡市議会 2014-09-02 09月02日-01号

一方で、各高等教育機関が持っている研究シーズも十分に活用されなければなりません。戦略的な取り組みが求められると思われます。 また、縁あって高等教育機関を通じて鶴岡に来た若者、学生がそのまま定住することなく、他市、他県に帰ってしまうケースが多い状況があります。特に山大農学部については、市内定住は非常に少ない状況であり、卒業後の進路選択鶴岡が含まれていないのではないかと思われます。

鶴岡市議会 2014-03-04 03月04日-04号

本市は、潜在的に生産物の素材の品質のよさに加え、企業が有する技術力人材がすぐれており、また高等研究機関の立地にも恵まれて研究シーズも多くあることなど、事業展開を図る上での高いポテンシャルを有しております。一方、個々にはすぐれている反面、連携する力に弱い面があるように思われます。私は、このビジネスマッチングを行政でも強く支援をしていくべきだと思っております。 

山形市議会 2013-12-04 平成25年12月定例会(第3号12月 4日)

次に、各種学術機関との連携でございますが、企業ニーズ大学研究シーズを結びつけ、新製品や新技術などの共同研究共同開発を行い、企業が発展し市内産業振興につなげていきたいとの考えで平成19年度から山形大学工学部との産学連携交流会開催し、企業の参加を促しております。今年度は、新たに山形大学農学部交流を図り、さらに業種の幅を広げて開催をしております。

鶴岡市議会 2013-08-30 08月30日-02号

改めて本市に存在する多様な資源を見詰め直し、その中から創業、起業のシーズとなる特性を顕在化していくとともに、地域課題ビジネスとして解決していくソーシャルビジネスなどの掘り起こし支援も必要であると考えるところでございます。 一方、本市には山大農学部鶴岡高専慶應先端研、そして公文大大学院といった14万人弱の都市としては他に類を見ない高等教育機関の集積が図られております。