12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

酒田市議会 2017-12-20 12月20日-05号

ニホンジカの確認もできたというような情報も聞くところでありますけれども、非常にシカは厄介な動物と聞いております。植物の新芽を全部食べてしまうこともありますので、今後、駆除にかわるのかなと思います。 そんなことで、いろんな部分の知恵をするためにも、人のやはり出入りが必要と思っているところであります。今後、山の管理のほうには十分に力を入れていっていただきたいなと思っております。 

山形市議会 2012-03-16 平成24年全員協議会( 3月16日)

特定外来生物の取り扱いについて環境省と協議を行ってきたが、指定された動物は、その飼育、保管、運搬、輸入といった取り扱いが規制され、飼育には許可が必要になること、そして許可及び飼育には飼育施設から逃げ出さないための改善やシカ固体の識別措置及び繁殖制限の実施、飼育が困難となった場合は殺処分もやむを得ないこと、山形市が所有者になることの指導を受けている。  

山形市議会 2012-03-16 平成24年産業文教委員会( 3月16日)

○委員   今初めて経過を知ったが、友好のあかしとしてもらったシカにもかかわらず、粗末に扱ってきたようにしか思えない。委託料も年間205万円とのことだが、今後どのくらいかかる見込みなのか。 ○観光物産課長   シカ年齢は把握していないが、体格等から判断すると10年以上は生きるのではないかと思う。 ○委員   10年以上となると総額ではかなりの額となる。

鶴岡市議会 2011-12-20 12月20日-06号

鳥獣被害全体の7割がイノシシシカサルによるもので、農作物の被害に止まらず、山林の荒廃を招き、豪雨時の土砂流出被害にもつながっている、との指摘もあります。  このような状況を踏まえ、国においては平成19年12月、議員立法(全会一致)により、「鳥獣被害の防止のための特別措置に関する法律」が成立

山形市議会 2009-12-02 平成21年12月定例会(第3号12月 2日)

高齢化が加速している中山間地においては,今や猿・イノシシシカといった有害鳥獣に占拠され,地域住民が防護ネットの中で農作物の栽培をしている光景はだれもが目にするところでありますが,人間優先の社会の中で決して許すことのできない光景ではないでしょうか。人々の生活が危険を伴う鳥獣との我慢比べとなっては,いくら住めば都とはいえ,生きた心地がしないのではないでしょうか。  

鶴岡市議会 2009-06-12 06月12日-03号

環境の変化や食料不足により、また増え過ぎて山林や農作物を食い荒らし、住宅地まで出没して困らせるクマ、シカ、猿、イノシシなどが害を及ぼすのも関係のバランスが崩れたからだと考えます。飼い主のいない猫、野良猫がいるのは、捨てられたり、不妊、去勢手術が行われないまま放し飼いにされるといった人間の身勝手な行為もあるからであります。

鶴岡市議会 2007-09-11 09月11日-03号

また、対象となる鳥獣につきましては、全国的に被害量の多いイノシシシカ、猿などが想定されておりますが、本市において水稲やメロン、枝豆等に甚大な食害をもたらしているカラスにつきましても、該当になるようでございます。

鶴岡市議会 2006-12-07 12月07日-02号

被害額の順に見ますと、イノシシが49億円、シカが39億円、カラスが33億円、猿が14億円、クマが3億1,000万円となっています。  都道府県別では、北海道32億円、福岡13億円、山形10億円、長野8億円、山口7億円となっております。西日本イノシシの被害が多く、北海道シカが中心であり、全国3番目である本県はイノシシシカは生育しておりません。

山形市議会 2005-09-16 平成17年厚生委員会( 9月16日 厚生分科会・決算)

○委員   ニュータウン整備の影響か,ハクビシンシカ,タヌキが里におりてきている。市で対応してくれるのか。 ○環境課長   農協などから駆除の申請が来ている。被害状況に基づいて,許可を行う。  大要以上の後,全員異議なく認定すべきものと決定した。                

鶴岡市議会 2001-06-12 06月12日-03号

以前公園には、ニホンザルを初めとし、シカ、ポニー、ヤギがいて、小さな動物公園的な一部の区域があり、幼児、児童やお年寄りの心の触れ合いと安らぎの場所を提供し、郊外地小学校の遠足目的地の一つにもなっていましたし、公園での待ち合わせ場所にもなっていましたが、現在は猿舎のサルは1匹しかおらず、他の小動物の姿は皆無、ニホンザルの場合は群れで生活するとの観点から見ればかわいそう、いや残酷にさえ思えます。

高畠町議会 2000-06-14 2000-06-14 平成12年第383回定例会第2号 本文

ことしに入りまして区長さん自身初め農作業をしていてシカに追いかけられた人は3人もおられるとのことでした。それにこの6月に入り、自転車に乗って犬を引いている人が、これは女の人でございますけれども、自転車に体当たりをされたと。幸いけがもなく逃げられたとのことですが、犬はやはりシカの角に突かれてけがをしたそうであります。

  • 1