96件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-09-15 令和 2年 9月定例会(第2号 9月15日)

山形市においても、今月18日から利用開始となる山形プレミアム観光券事業において、QRコード決済によるポイント付与が始まり、前回の提案が少しずつ取り入れていただいているものと感じるところもあり、多くの市民利用を期待しているところであります。さて、このたび、せっかく新たな取組を始めたのであれば、その事業を精査し、さらに発展させ電子地域通貨導入の具体的な検討を行うべきであると考えます。

天童市議会 2020-09-04 09月04日-03号

◆6番(笹原隆義議員) その中で、この洪水ハザードマップにも記載されているんですけれども、国土交通省のほうでも、河川敷の状況が見られるというものがありますけれども、これ実際、国土交通省が10分ごとのリアルタイムの映像がインターネットでも見られるような、QRコードにもあるんですけれども、それはあるんですよ。 

山形市議会 2020-07-22 令和 2年予算委員会( 7月22日)

また、観光地域環境整備事業に要する経費につきましては、国際競争力の高いスキーリゾートの形成を目指す蔵王エリアにおいて、観光誘客を促進するため、AIを活用した観光案内システム構築等事業を行うための経費及び山寺立石寺を訪れる外国からの観光客のために、携帯端末をかざすことで翻訳された観光案内が表示される二次元コード既存案内板に添付し、観光案内の多言語化を図るための経費について計上したものでございます

山形市議会 2020-07-22 令和 2年産業文教委員会( 7月22日 産業文教分科会・予算)

○渡辺元委員   山寺観光地環境整備事業について、観光案内が翻訳される二次元コード既存案内版に添付するとのことだが、何か所の案内版に添付するのか。 ○観光戦略課長   立石寺の山門から38か所に設置された案内看板に添付することとしており、スマートフォンで読み取ると、ネーティブな翻訳がされた音声が流れ、画面に翻訳した案内が表示されるなど利用者への適切な案内が可能となるものである。

山形市議会 2020-06-19 令和 2年産業文教委員会( 6月19日 産業文教分科会・予算)

先進校の検証も必要ではあるが、まずは、写真を撮ることや、教科書紙面QRコードを読み取り、動画を見ることなど、できるところから始めていかざるを得ないと考えている。来年度以降、研修計画を確立し、よりよい使用ができるようにしていきたい。                

庄内町議会 2020-06-11 06月11日-02号

それから例えばQRコードでの発券としますと、QRコード約2万枚、これを仮に初期システムとして使った場合、約1,200万円から1,800万円くらいはかかると。それ以外、実際に立ち上がって動くといった場合、当然ランニングコストがかかるわけですが、大体1ヵ月の通信料等が18万円くらい、これは事業者システム会社に払うお金でございます。

山形市議会 2020-03-09 令和 2年産業文教委員会( 3月 9日 産業文教分科会・予算)

また、新しい教科書には二次元コードが掲載され、動画学習内容を詳しく説明した資料などを見ることができることから、教材準備研究一助となり、効率的に授業を進められるなど、多忙化解消に資する面もあると考える。 ○委員   タブレット導入により、現在の教員多忙化教員不足解消され、いじめや不登校対策に何か新しい回答を与えるとは思えず、仕事がふえるとしか思えない。

山形市議会 2020-03-06 令和 2年予算委員会( 3月 6日)

あるいは、新しい教科書にはどの教科も、至るところに今、QRコードがついているのです。そのQRコードタブレットを、スマホでもいいのですけれども、これをかざすと、考え方をもう少し詳しく説明する文章とか、図とか、絵とか、わかりやすく出てくるのです。あるいは練習問題なども出てくるのです。そういった簡単な活用などもできますし、タブレット活用で学びの深まりが期待できるなと思っているところです。  

酒田市議会 2019-12-18 12月18日-03号

日本語、英語の表記だけでなく中国語、韓国語、それからロシア語の説明をスマートフォンで表示ができるようにQRコードで掲示しておりますけれども、この「まちなかサイン」のQRコード情報提供先日本語以外のほかの言語になるんですけれども、それをQRコードで示しますとリンク先酒田市のホームページになっております。

山形市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第2号12月 3日)

スマートフォンを使った決済方式で、QRコード決済電子スタンプ方式を使うことで従来より25%か30%程度コスト削減が可能となり、利用者利便性、そして店舗側事務負担の軽減にも寄与されていると言われ、各自治体も期待していると言われております。  この地域電子通貨制度についてもあわせて見解を伺います。  大項目7番目、今後の発展計画人口ビジョンヘ考え方について伺います。  

酒田市議会 2019-10-23 10月23日-05号

中でも最近導入がふえているのがQRコード決済と呼ばれるLINEペイペイペイのほか、アリペイ楽天ペイなどスマートフォンによるQRコードを読み込む方式がふえており、インターネット回線があれば簡単に導入でき、手数料も比較的安いとされています。 国の経済対策を踏まえ、本市のキャッシュレス化の現状と促進に向けた取り組みについて伺います。 (2)インバウンド対策としたキャッシュレス化について伺います。 

山形市議会 2019-10-11 令和元年 9月定例会(第2号10月11日)

そのうちクレジットカード決済対応は約56%、QRコード決済対応は約29%、電子マネー決済対応は約18%となっております。未対応事業者へのヒアリングでは、支援制度導入の煩雑さ、決済手数料負担が課題として挙げられております。  今後につきましても、キャッシュレスへの対応状況を把握しながら、継続してセミナー等を開催するとともに、未対応事業者への情報提供相談窓口の設置などを検討してまいります。

山形市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第3号 6月19日)

初めに、小項目1、選挙ポスター掲示場へのQRコード活用した選挙情報提供についてお伺いいたします。  実施する選挙候補者について、気軽にネット検索できる時代であり、選挙ポスター掲示場QRコードをつけ、スマートフォンなどにより選挙情報候補者一覧選挙公報、期日前投票所情報を読み取り、チェックできるようにしている自治体がございます。