運営者 Bitlet 姉妹サービス
82件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) ありましたさかた農業お役立ち情報、メルマガ、今年度から開始したところでございますけれども、こちらのほうも活用していろいろな情報を伝えていきたいと思っておるのですが、私たちの努力不足もあるのかもしれないんですけれども、なかなかちょっと登録数が伸び悩んでおりまして、特に農業者の皆様からの登録がちょっと伸び悩んでおりまして、前回、市の広報にも載せたりしたり、私も自分が取材を受けて載るときは絶対この登録のコード もっと読む
2018-09-28 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号 3.QRコード等のキャッシュレス支払に関する技術的仕様の標準化を行うなど、サービスの統一規格や標準化等を整備すること。   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   議員各位の御賛同をよろしくお願いします。 ○議長(齋藤久議員) 16番黒井浩之議員。     もっと読む
2018-09-11 高畠町議会 2018-09-11 平成30年決算特別委員会 本文 深瀬吉弘) たしかかつて同様な質問をお受けしたと思いますけれども、確かにIOTの定義については山木委員おっしゃるとおり、Internet of Thingsということで、あらゆるものがネットとつながっているというようなことでございまして、単なるPRというふうな概念ではございませんけれども、まずはやはりスマートフォンあるいはパソコン等で産地の情報が瞬時にいつでも照会できるというふうなことで、今回QRコード もっと読む
2018-09-07 高畠町議会 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文 また、今後はQRコードを利用して情報発信などの計画は考えておられるのかもお伺いします。  次に、「ゆるぎない自立に向けたまちづくり」についてお伺いします。  「暮らしを守る危機管理からのアプローチ」についてお伺いいたします。  ことしの豪雪もそうですが、予想もできない災害が続いています。 もっと読む
2018-09-06 高畠町議会 2018-09-06 平成30年予算特別委員会 本文 それから、今までもなんですが、いわゆるインターネットとか、スマートフォンを使ってQRコードを利用していただくと、それが多言語で表示になるというシステムは今現在町でもつくっておりますので、それは観光パンフレットとかをスキャンしていただければ今8カ国語か9カ国語ぐらいは出るようになっておりますので、そういったものをご利用いただくようにしております。 もっと読む
2018-09-01 酒田市議会 平成30年  9月 定例会(第4回) ジオパークの魅力を外国人に伝える難しさはありますけれども、ジオパークの看板やパンフレットにはQRコードをつけて多言語対応を図っており、交付金を活用して制作した英語ガイドブックも活用しておりますし、今後とも海外への情報発信と受け入れ態勢の強化を進めていきたいと考えているところでございます。 それから、中項目(2)の平成30年度の取り組みについてお尋ねがございました。  もっと読む
2018-03-12 高畠町議会 2018-03-12 平成30年予算特別委員会 本文 内容としましては、多言語化をしたパンフレット、QRコードも含めた農産物をPRできるパンフレットを作成し、それから農産物を入れたプロモーションビデオも作成をこのたびさせていただきました。4月の産業厚生常任委員会で、ぜひ視聴していただきたいというふうに思っております。さらに、首都圏での先日四ツ谷のバルのほうで高畠の農産物をPRしながら、都会の方々からご意見をお寄せいただいたと。 もっと読む
2018-03-08 高畠町議会 2018-03-08 平成30年第504回定例会第3号 本文 企画財政課長(齋藤利明) 全くそのとおりでして、もう既に町ではさまざまな冊子とか観光用のパンフレットとかにはQRトランスレーターというものを導入して、QRコードにスマホとかをかざすと15カ国語で案内をするようなものをもう既に導入しております。 もっと読む
2018-03-06 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 最近はやっている、スマートフォンのQRコードというんだっけかな、あれで1か所からすると名勝が出てくるように、繩xとか楯山、東沢公園とか、いろいろわかる観光案内ができればと思っております。  ここら辺の提言に対して、商工観光課長、いかがでしょうか。 ○議長 原田商工観光課長。 ◎商工観光課長 お答え申し上げます。  2階東側、全面ガラス張りになってございます。 もっと読む
2017-12-15 川西町議会 平成29年 12月 広報委員会(12月15日)-12月15日−01号 また、一番下の欄には、今回、川西市議会ホームページにアクセスするための二次元コードを掲載させていただいております。記事の内容が基本条例に言及しているんですけれども、紙面の都合上、条文を掲載できませんので、今回このような措置をさせていただいております。  説明は以上でございます。ご協議のほどお願いいたします。 ○委員長(福西勝) 説明は終わりました。   もっと読む
2017-12-05 高畠町議会 2017-12-05 平成29年予算特別委員会 本文 具体的にいきますと、QRTコード、携帯のほうから読み込む形で実際に読み込んでいただくと、その中身、例えば高畠産の主要な農産物だったり、高畠での生産者の顔とか風土関係、そういったものを実際にネット上、ウエブ上で見ていただきながら、町内外、また国外というふうな形で情報発信をしていくものになっております。 もっと読む
2017-09-11 高畠町議会 2017-09-11 平成29年決算特別委員会 本文 また、特に台湾の方が一番多いということでございますが、やはりいろんな国々の方に訪れていただこうということで、いろんな言語に対応した観光施設のいわゆるQRコードということで、スマホで読み取ればその国に対応した言語で案内していただけるような、そういったサービスがございますけれども、そういった施設の整備も行ったところでございます。   もっと読む
2016-09-28 川西町議会 平成28年  9月 一般会計決算審査特別委員会(9月28日)-09月28日−01号 ◆委員(宮坂満貴子) 結局、事業コード03、08が随意委託契約ということですね。ちょっと聞こえないところがあったんです。 ○委員長(多久和桂子) 主幹。 ◎住宅政策室主幹(飯田勧) 同じく決算書90ページの11 ふるさと団地再生事業におきましても、業務委託料、ふるさと団地再生モデル検討支援事業委託料、これにつきましても随意契約でございます。 ○委員長(多久和桂子) 宮坂委員。 もっと読む
2016-06-16 天童市議会 平成28年  6月 予算特別委員会-06月16日−01号 この自主防災組織の育成に要する経費としまして、天童市の自主防災会連絡協議会が一般財団法人自治総合センターのほうにコミュニティー助成事業としまして申請しました、防災活動に必要な発電機等の金額140万円ということで、インバーター発電機と、それからガソリン携行缶、あとはコードリール、LEDのバルーン投光機、あとはLEDのチャージライトを各2セット購入するものでございます。 もっと読む
2016-06-14 川西町議会 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月14日−03号 その中で、1本1本のコードナンバーをつけております。それで、樹木名、それから箇所の説明、どういうところにこういう木が植わっているという箇所の説明、それからその木の総本数と、あとは植栽の場所、そういうことを高木台帳につけております。   もっと読む
2016-06-14 庄内町議会 平成28年  6月 定例会(第4回)-06月14日−01号 (イ)島根県邑南町「瑞穂」では安全安心を求める消費者ニーズに応えて、トレーサビリティシステムが導入されており、消費者がQRコードでも直接確認できるシステムを導入していた。安全安心が産直市場の特徴に繋がるよう検討すべきである。    (ウ)島根県雲南市「おろちの里」では生産者団体である「槻之屋ヒーリング」が通年供給可能な体制づくりを構築していた。 もっと読む
2016-06-06 高畠町議会 2016-06-06 平成28年第494回定例会第2号 本文 停電の復旧時に地震で倒れたストーブや、白熱球、傷ついた電気コード等が火元となって、火災が発生します。阪神淡路大震災では、原因が特定された火災の約6割が通電火災によるものです。単純には通電火災を防止するだけで、震災時の火災の6割を防ぐことができるということになります。  通電火災を防止することは簡単で、地震発生時にブレーカーを落とせばよいだけです。 もっと読む
2016-06-01 庄内町議会 平成28年  6月 全員協議会-06月01日−01号 (イ)島根県邑南町「瑞穂」では安全安心を求める消費者ニーズに応えて、トレーサビリティシステムが導入されており、消費者がQRコードでも直接確認できるシステムを導入していた。安全安心が産直市場の特徴に繋がるよう検討すべきである。  (ウ)島根県雲南市「おろちの里」では生産者団体である「槻之屋ヒーリング」が通年供給可能な体制づくりを構築していた。 もっと読む
2016-03-07 高畠町議会 2016-03-07 平成28年第492回定例会第3号 本文 また、前段のモニターツアー造成に当たっては受け入れ体制の整備が必要であり、今後、観光協会と連携をし、太陽館や道の駅施設などにおいて無料公衆LAN環境の整備やスマートフォンなどでQRコードを読み込んでの多言語表記システムであるQRトランスレーターを導入し、たかはたブランド認証商品と連携した地元産品からの「産地たかはた」をPRする取り組みを行ってまいります。 もっと読む
2015-09-03 村山市議会 村山市議会 会議録 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月03日−03号 今後、何かコード化なんかすることで簡単に拾えるような仕組みをちょっと今検討しましょうということで、検討させていただきたいと思います。  どのような使われ方をしたのかということについて若干申し上げたいと思いますけれども、この使い道について、ふるさと納税の応援者の皆さん寄附金の使い道について7通りの希望をいただいて、それに基づいて使っているというのがホームページ上にも公開しているところです。   もっと読む