346件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴岡市議会 2020-12-06 12月06日-03号

避難確保計画につきましては、平成28年8月発生の台風10号による河川氾濫により、岩手県泉町高齢者グループホームの逃げおくれによる死亡被害などを受け、平成29年度に水防法及び土砂災害防止法が改正され、洪水の浸水想定区域や土砂災害警戒区域内にある介護施設障害者施設医療施設幼稚園保育園、小中学校高等学校教育施設などを対象とした要配慮者利用施設避難確保計画の作成及び避難訓練の実施が義務化され

天童市議会 2019-12-11 12月11日-03号

高齢者、要介護者が増える中で、特別養護老人ホーム、老健施設グループホーム、有料介護老人ホーム、宅老所等、いろいろな老人向けの収容施設が増えております。 また、一時子どもの待機児童が出たことによって、この待機児解消のため、乳児向けの小規模保育所や認定保育所認可保育所等、幼児施設大分増えてまいりました。 しかし、こうした施設が増えるにつれて、それを見る職員の数、人手不足があるとよく耳にします。

山形市議会 2019-10-11 令和元年 9月定例会(第2号10月11日)

また、改築を予定している南沼原小学校の現校舎跡地の利用については、みこころの園の移転だけでなく、今後不足が見込まれるとされる、障がい者就労複合施設、例えば、認知症グループホーム、障がい者通所作業施設、障がい者グループホーム、障がい者デイケア施設などや、児童相談所や地域の憩いの場等を併設した総合的な福祉施設福祉の里を公民連携で建設してはどうかと思いますが、市長の御所見をお伺いします。  

酒田市議会 2019-06-13 06月13日-03号

酒田市では第7期の介護保険事業計画におきまして数種類の施設整備をさせていただくということになっておりまして、今年度、認知症グループホームを2施設、計18床ですけれども整備させていただくということで、これは令和3年の4月にオープンするというようなことで施設整備をして、家族負担の軽減に向かっているところでございます。 

天童市議会 2019-06-04 06月04日-02号

介護サービスの基盤の新たな整備としましては、主にグループホーム18床、地域密着型特別養護老人ホーム29床の整備を計画しております。 グループホームにつきましては、今年度に整備し、来年度に開始する予定であります。地域密着型特別養護老人ホームにつきましては、昨年度に事業者を公募しましたが、応募がない状況でしたので、今年度再公募を行い整備を行っていく考えであります。 

高畠町議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第509回定例会第3号 本文

グループホームなどに入所するには、その費用負担として月十四、五万円支払う必要があるそうです。この金額では、その家族にとって経済的に疲弊せざるを得ないと耳にします。考えてみても納得せざるを得ません。こうした事情の場合に、公的な手だてがあるのでしょうか、お聞きします。  3つには、町民の所得増加の取り組みについてであります。  

天童市議会 2019-03-04 03月04日-02号

今年度の整備計画ということでありますけれども、第7期介護保険事業計画に基づきまして、今年度、地域密着型の特別老人ホーム、それからグループホームの募集を行ったところであります。応募状況としまして、グループホームにつきましては申し込みがありまして、平成31年度において1カ所、18床を整備するというふうな計画を持っているところであります。 

山形市議会 2019-02-13 平成31年全員協議会( 2月13日)

また、在宅生活が困難な高齢者が入所する高齢者福祉施設の充実に向けて、新たに介護予防拠点を併設した認知症高齢者グループホーム1事業所の整備に対し補助を行います。さらに、地域包括支援センターについて、日常生活圏域の見直しにより第七・金井地区を分割し、新たに金井地区へ地域包括支援センターを設置する。  在宅医療の普及啓発を図るため、新たに在宅医療事例集等を作成し、市民や関係機関へ配布する。  

庄内町議会 2018-12-14 12月14日-03号

縮小するのは、認知症グループホームで実施している定員6名の認知症対応型デイサービス。それに、介護保険サービス外の併設されている定員7名の有料老人ホームということでございました。町としては、利用者に不安を与えないことや、早急に利用者家族を集めて、年内か遅くても年明けには説明会を行い、次の入居先をあたってもらうこと。

天童市議会 2018-12-12 12月12日-03号

デイサービス、小規模多機能居宅介護、ショートステイ、グループホーム特別養護老人ホーム介護老人保健施設地域密着型介護老人福祉施設など、さまざまあるわけですが、これまで整備した施設が計画どおり稼動できているのかお聞かせください。 介護の人手が足りないと国も認識しており、今回は、外国人を入れようとしているわけでありますが、ここ天童市での介護人材も不足していると、よく耳にいたします。

山形市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第2号12月 4日)

グループホームと小規模多機能では100%の施設が1人夜勤。利用者数に応じて職員配置基準が定められている特養や老健施設でも、それぞれ43%、21%が1人夜勤でした。介護職員を安定して確保するためには、人員配置基準の抜本的な引き上げや、労働条件の改善が不可欠です。こうした労働実態と処遇の改善を国の責任で進めるべきと考えます。

山形市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会(第2号 9月11日)

(2)「恵光園」利用者のグループホーム設置についてであります。  恵光園利用者の保護者の会の皆様方は、自身の高齢化や自分たちの亡き後について不安感があり、子供たちが住みなれた地域社会の一員として、自立して生活ができるように恵光園利用者も入居ができるグループホーム建設平成26年度から要望してきたということであります。

庄内町議会 2018-09-06 09月06日-03号

まさに、何で3番目があるかというと、2016年8月に岩手県泉町高齢者入所グループホームで犠牲者が9人も亡くなったということで、やはり動くのに時間がかかるし、弱者は早め早めに対応するのが、犠牲者を抑えるという意味で、避難準備・高齢者避難開始というのを、内務省が2016年12月にそういうふうにするようにとした3番目の通告ということでありました。 

鶴岡市議会 2018-06-18 06月18日-03号

今透析患者が高齢となり、介護施設に入居を希望しても特別養護老人ホームグループホーム、ショートステイでは看護職員の体制が整わないことが要因で、受け入れ人数に制限があり、受け入れができないところもあるようです。サービスつき高齢者住宅の入居費用は20万円以上と高額ですが、それでも看護職員の配置ができずに受け入れができない。

鶴岡市議会 2018-03-22 03月22日-07号

この公表制度についての規定が盛り込まれた背景、また現時点での違反対象物の数とその用途は何かとの質疑に対し、この制度導入の背景は平成24年5月の広島県福山市ホテル火災、また平成25年2月の長崎市グループホーム火災により多数の死傷者が出たことを受け、総務省消防庁が緊急調査を実施した結果、全国に重大な消防法令違反が多数存在する実態が明らかになったことから、同庁が公表制度の実施について発したものである。