580件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 小国町議会 平成31年第2回定例会(第2日) 本文 2019-03-06 まず、保小中高一貫教育の集大成であるアメリカへの修学旅行時のパスポート取得費用及び短期留学に対する支援、介護職員や介護資格を取得する小国高校生への助成制度、白い森学習支援センターにおける大学等進学対策への学力サポートプロジェクト、法政大学への自治体推進制度、子供を同校に入学させた移住者に対して就学奨励金を支給する制度など、各課横断的に小国高校の入学者数確保に向けた支援策を継続します。   もっと読む
2019-03-05 小国町議会 平成31年第2回定例会(第1日) 本文 2019-03-05 平成の30年間を俯瞰すると、国内ではバブル経済の崩壊、大震災による国土の崩壊、金融機関の相次ぐ崩壊、海外に目を転じれば、ソビエト連邦の崩壊、リーマンショックによる世界経済の崩壊、中東秩序の崩壊、アメリカの覇権の崩壊等に対処すべく、途方もないエネルギーを費やした怒濤の時代であるとも言われています。   もっと読む
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 1番目に、ことし12月30日に発効することになった、アメリカを除く11カ国で協定された環太平洋経済連携協定、いわゆるTPP11についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-09-27 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月27日−05号 次に、ヨーロッパの多くの国では一律の最低賃金制度を実現させているようだが、現状どのように受けとめて本請願を出されているかとの紹介議員への質疑に対して、それぞれの国で引き上げの取り組みが行われているようだが、中小企業への支援策の強化という点でもアメリカでは2007年から2009年まで41%の最低賃金の引き上げを行っているほか、5年間で8,800億円の中小企業支援策、減税を実施している。 もっと読む
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 一方、国外の都市との盟約でございますが、旧鶴岡市で庄内藩士の高木三郎氏が大学留学しましたことを縁に、昭和35年にアメリカのニューブランズウイック市と姉妹都市の盟約を結んでおります。また、本市との継続的な交流を希望されましたフランス領ニューカレドニアのラフォア市の市長様が御来鶴になったことをきっかけに、平成7年にラフォア市と友好都市の盟約を結んでおるということであります。 もっと読む
2018-09-05 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月05日−02号 その他に、今年の7月ですが、アメリカのオースティン市から中等学校のサッカー部の生徒を、社会教育課の方が中心となって受け入れを行いました。私、国際交流協会の事務局として交流会を行ったというところに出て、そこの交流の場では、ホストファミリーということで、民泊といいますか、そこの家庭の方々も交流会に参加しておって、その家庭の子どもたちも参加しておりました。 もっと読む
2018-09-05 小国町議会 平成30年第6回定例会(第1日) 本文 2018-09-05 幸い今、景気はいいようですので、そういう面では非常に町長出身の会社でもありますので、会社幹部とのパイプ、またはひいてはアメリカのスポンサーとの人脈等、そういう面できちんとした連携を深めながらパイプをつくっていく必要があると思いますが、町長のお考えはどうですか。今現状の動きを捉えてですね、お聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-09-01 酒田市議会 平成30年  9月 定例会(第4回) 世界的にも生産量がふえていることはもちろんですが、自動車の進化は目覚ましく、ハイブリッド車や電気自動車が開発され、トヨタがアメリカで自動操縦によりテストも行っており、アメリカグーグルは数年以内の実用化に向けて開発を進めているようであります。 さまざまな進化を続ける自動車は、現代における社会生活、市民の日常生活にも非常に深いかかわりがあると感じられます。 もっと読む
2018-06-19 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−02号 そのほとんどは中国の企業でありまして、そのほかにフランスやアメリカの企業も参入しております。   もっと読む
2018-06-15 鶴岡市議会 平成 30年  6月 定例会-06月15日−02号 さらにアメリカ、トランプ大統領は、会談後、記者会見にて北朝鮮への経済制裁については当面継続するというふうにはっきり表明しております。2月の平昌での冬季オリンピック以降は、非常に融和ムード、対話ムードが高まっており、それ自体は非常に歓迎するべきことだというふうに認識はしておりますが、北朝鮮国内の経済状況については正直現状好転の要素がないのではないかというふうに考えます。    もっと読む
2018-06-08 小国町議会 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 2018-06-08 そのため、町は、小国高校生のアメリカへの短期留学時の費用支援、介護職員や介護資格を取得する際の助成制度、白い森学習支援センターの各種学力サポートプロジェクト、法政大学への自治体推薦制度等に加え、昨年度から、海外修学旅行時のパスポート取得に対する助成や、子供を同校に入学させた移住者に対して修学奨励金を支給する制度を新設するなど、小国高校の入学者数確保に向けた各種支援策を講じているところです。   もっと読む
2018-06-04 山形市議会 平成30年厚生委員会( 6月 4日) ○健康課長   昨年視察したアメリカのメイヨークリニックでも、治療に来る世界の富裕層は、総患者数の2%ほどしかおらず、ほとんどは同じミネソタ州内の患者であった。海外の方を引きつけ集患するには、相当の努力が必要だと感じてきた。部会の中で市の意見を伝えるようにしていきたい。 もっと読む
2018-06-01 酒田市議会 平成30年  6月 定例会(第3回) 国外においては、姉妹都市、ロシアのジェレズノゴルスク・イリムスキー市、アメリカのオハイオ州デラウェア市、現在、東部中学校の姉妹校、アメリカのマサチューセッツ州ハーウィッチのケープコッド・ライトハウスチャータースクールの3カ所で、友好都市は中国の唐山市、交流都市としてロシアのサンクトペテルブルク市、ニュージーランドのホストタウンとして、国外の合計は6カ所でございます。 もっと読む
2018-03-23 高畠町議会 2018-03-23 平成30年第504回定例会第4号 本文 しかるに、戦後の統制下でわずか10日で占領国が草案、日本が再び脅威とならないように都合よくつかったものだという証言がアメリカ議会でも公言され、国際法上も無効であるという学者もいるなど、制定当初から多くの問題を含んできました。   もっと読む
2018-03-20 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月20日−06号 次に、願意並びに理念について賛同するが、現実を考えた場合、アメリカの核の傘のもと抑止力が働いていると考えるが、その見解はとの紹介議員への質疑に対して、現実に戦争状態となればという視点だが、アメリカの軍事力調査会社グローバルファイバー社の調査では、世界の軍事力としてアメリカが70兆円、日本が5.2兆、韓国が3.6兆、北朝鮮が6,000億円という数字を算出している。 もっと読む
2018-03-08 高畠町議会 2018-03-08 平成30年第504回定例会第3号 本文 資本主義の最先端のアメリカでは、たった1%の資本家が富を独占していると、所得分配の不平等が大きな社会問題となり、一般国民が「99%は我々だ」とウォール街をデモしたのも記憶に新しいわけでございます。   もっと読む
2018-03-07 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 我が国では障害者差別解消法の制定など国内法の整備を行い、平成26年1月にこの条約を締結し、平成27年4月1日より、アメリカにおくれること25年、日本でも障害者差別解消法が施行されております。   もっと読む
2018-03-06 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 アメリカなどの大国による条約交渉に反対せよという恫喝や圧力をはねのけて、大国による力の支配でなく、全ての国々による倫理と法に基づき、諸国の政府と市民社会が協働して実現した歴史的な成果であります。  そこで、市長に質問します。志布市長は、国連で核兵器禁止条約が採択されたことについて、その意義をどう捉えているでしょうか。   もっと読む
2018-03-05 村山市議会 村山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−02号 アメリカのインテル社のLED登載ドローンシステムが1,218機のドローンを駆使したこの群体飛行ショーは、最も多数のドローンを同時に飛ばす記録でギネスの世界記録を更新したそうであります。このドローンの飛行を見てドローンの可能性を感じたのは、自分だけではないのではないかというふうに感じております。  では、通告に従いまして質問をさせていただきます。  1番目に、本市の産業の振興についてであります。   もっと読む
2017-12-22 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月22日−06号 アメリカの核の傘の下にあるカナダやドイツなどの加盟国や日本、オーストラリア、韓国などが不参加となりました。    もっと読む