高畠町議会 > 2019-06-13 >
2019-06-13 令和元年第511回定例会第3号 名簿
2019-06-13 令和元年第511回定例会第3号 本文

ツイート シェア
  1. 高畠町議会 2019-06-13
    2019-06-13 令和元年第511回定例会第3号 本文


    取得元: 高畠町議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-03
    2019-06-13:令和元年第511回定例会第3号 本文 (35 発言中 0 件ヒット) ▼最初の個所へ(全 0 箇所) / ※ヒット個所をクリックすると、次へジャンプします。 ▼ダウンロード / 行ズレ修正              開            議  (時に午前10時00分) 議 長(近野 誠) おはようございます。  ただいまから3日目の会議を開きます。  ただいまの出席議員は14名であります。よって、定足数に達しております。  本日の議事は、お手元に配付してあります議事日程第3号により進めますので、ご了承願います。  日程第1 議会運営委員長報告 議 長(近野 誠) それでは、議事に入ります。  日程第1 議会運営委員長の報告を行います。  本定例会最終日の運営等について、議会運営委員会で協議いたしました結果を委員長より報告願います。武田 修議会運営委員長。  (7番 武田 修議会運営委員長、登壇) 議会運営委員長(武田 修) それでは、私より、6月定例会の最終日であります本日の会議の運営について、昨日6月12日午後1時30分より議会運営委員会を開き、協議いたしましたので、その結果をご報告申し上げます。  初めに、閉会中の所管事務調査報告を行います。  次に、閉会中の議員派遣報告を行います。  次に、去る6月3日に各委員会に付託いたしました議第45号 令和元年度高畠町一般会計補正予算(第1号)から、議第53号 旧高畠町立第三中学校解体工事請負契約締結についてまでの9件についての審査結果を各常任委員長及び予算特別委員長より報告を受けまして、質疑、討論を行います。  なお、採決につきましては委員会ごとに行います。  次に、本日の追加議案について申し上げます。
     日程第5 政策提言の決定を行います。  次に、日程第6 発議第4号 高畠町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。  本案は、議会運営委員会で発議提出され、議員全員協議会で検討されたものであります。よって、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略して、直ちに採決すべきものと決しました。  次に、日程第7 発議第5号 議員派遣についてを議題といたします。  本案は、議長発議であり、議会運営委員会議員全員協議会で検討されたものであります。よって、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略して、直ちに採決すべきものと決しました。  最後に、日程第8 閉会中の所管事務調査についてお諮りし、決定することといたしました。  以上、本定例会の最終日の運営について協議いたしましたので、議員各位のご賛同とご協力を賜りますようお願いを申し上げまして、報告といたします。 議 長(近野 誠) 以上で、議会運営委員長の報告を終わります。  日程第2 閉会中の所管事務調査報告 議 長(近野 誠) 次に、日程第2 閉会中の所管事務調査報告を議題といたします。  本件は、去る3月定例会最終日に各常任委員長より閉会中もなお調査を要するものとして申し出のあった事件について、お手元に配付してあります報告書のとおり報告があったものでございます。ご了承願います。  日程第3 閉会中の議員派遣報告 議 長(近野 誠) 次に、日程第3 閉会中の議員派遣報告を議題といたします。  本件は、会議規則第128条第1項ただし書きの規定により、緊急を要する議員の派遣について、お手元に配付してあります報告のとおり派遣したものでございます。ご了承願います。  日程第4 議第45号から議第53号までの9件一括 議 長(近野 誠) 次に、去る3日の本会議において各常任委員会及び予算特別委員会に付託をいたしました案件の審査が終了した旨、各委員長から報告がございました。  それでは、日程第4 議第45号 令和元年度高畠町一般会計補正予算(第1号)から、議第53号 旧高畠町立第三中学校解体工事請負契約締結についてまでの9件一括を議題といたします。  なお、採決は各委員会付託に係る事案ごとに行いますので、ご了承願います。              総務文教常任委員長報告 議 長(近野 誠) まず、総務文教常任委員会付託に係る議案の審査の経過と結果について、委員長の報告を求めます。数馬治男総務文教常任委員長。  (8番 数馬治男総務文教常任委員長、登壇) 総務文教常任委員長(数馬治男) 私から、総務文教常任委員会のご報告を申し上げます。  本委員会は、去る6月6日午前10時から、第一委員会室において委員全員の出席と委員外議員全員並びに当局から町長を初め、副町長、教育長、関係課長等の出席を得て開会し、付託案件について詳細にわたり説明を徴し、慎重に審査をいたしました。  本委員会に付託となりました案件は、条例案件2件、契約締結案件1件の計3件であります。  それでは、審査の概要を申し上げます。  初めに、議第47号 高畠町町民運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを申し上げます。  本案は、町民運動施設である旧第四中学校体育館を屋内遊戯場として使用することに伴い、条例の一部を改正する必要が生じたことから提案されたものであります。  審査に際しては、委員から、各中学校の名称から旧を取って町民から親しまれる名称にしてはどうかとの質疑があり、当局から、今後、校舎の解体、体育館やグラウンドの使い方などが変わってくる中学校もあるため、その時期に合わせ見直しを行っていくとの答弁がありました。  以上、当局の説明を了承し、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議第48号 高畠町立図書館条例の一部を改正する条例の設定についてを申し上げます。  本案は、町立図書館の新築移転に伴い、条例の一部を改正する必要が生じたことから提案されたものであります。  審査に際しては、委員から特に質疑はなく、当局の説明を了承し、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議第53号 旧高畠町立第三中学校解体工事請負契約締結についてを申し上げます。  本案は、旧高畠町立第三中学校の校舎を解体撤去するもので、去る5月17日、株式会社金子建設代表取締役金子良弘氏と1億3,200万円で仮契約締結したため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により提案されたものであります。  審査に際しては、委員から、解体による残材はどのようになるのかとの質疑があり、当局から、産業廃棄物として処理されるとの答弁がありました。  以上、当局の説明を了承し、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、本委員会に付託となりました案件の審査の経過と結果を申し上げましたが、何とぞ本委員会の決定にご賛同くださるようお願いを申し上げ、報告を終わります。 議 長(近野 誠) 以上で、委員長の報告が終わりました。  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑の方ございませんか。  (「なし」との声あり) 議 長(近野 誠) 質疑なしと認めます。  討論につきましては通告がございませんので、討論なしと認めます。  それでは、採決いたします。  総務文教常任委員会付託に係る議案は、ただいまの委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認めます。よって、総務文教常任委員会付託に係る議案は、ただいまの委員長報告のとおりそれぞれ可決と決定いたしました。              産業厚生常任委員長報告 議 長(近野 誠) 次に、産業厚生常任委員会付託に係る議案の審査の経過と結果について、委員長の報告を求めます。島津正幸産業厚生常任委員長。  (9番 島津正幸産業厚生常任委員長、登壇) 産業厚生常任委員長(島津正幸) 私から、産業厚生常任委員会のご報告を申し上げます。  本委員会は、去る6月7日午前10時から、第一委員会室において委員全員の出席と委員外議員全員並びに当局から町長を初め、副町長、病院事業管理者、関係課長等の出席を得て開会し、付託案件について詳細にわたり説明を徴し、慎重に審査いたしました。  本委員会に付託となりました案件は、条例案件4件であります。  それでは、審査の概要を申し上げます。  初めに、議第49号 高畠町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。  本案は、国の基準である放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令施行に伴い、条例の一部を改正する必要が生じたことから提案されたものであります。  審査に際しては、委員から特に質疑はなく、当局の説明を了承し、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議第50号 高畠町家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。  本案は、国の基準である家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令施行に伴い、条例の一部を改正する必要が生じたことから提案されたものであります。  審査に際しては、委員から、当町には該当する事業者はないとのことだが、今後、設置、運営の予定はあるのかとの質疑に対し、当局から、都会等では待機児童の解消が期待される事業であるが、現在のところ当町で予定はないとの答弁がありました。  以上、当局の説明を了承し、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議第51号 高畠町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。  本案は、介護保険施行令及び介護保険国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令施行に伴い、条例の一部を改正する必要が生じたことから提案されたものであります。  審査に際しては、委員から特に質疑はなく、当局の説明を了承し、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議第52号 高畠町森林環境基金条例の設定について申し上げます。  本案は、森林整備及びその促進に関する施策に要する経費に充てるため、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律第27条に規定する森林環境譲与税を財源として、高畠町森林環境基金を設置し、基金の管理、運用を行うため提案されたものであります。  審査に際しては、委員から特に質疑はなく、当局の説明を了承し、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、本委員会に付託となりました案件の審査の経過と結果を申し上げましたが、何とぞ本委員会の決定にご賛同くださるようお願い申し上げ、報告を終わります。 議 長(近野 誠) 以上で、委員長の報告が終わりました。  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑の方ございませんか。  (「なし」との声あり) 議 長(近野 誠) 質疑なしと認めます。  討論につきましては通告がございませんので、討論なしと認めます。  それでは、採決いたします。  産業厚生常任委員会付託に係る議案は、ただいまの委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認めます。よって、産業厚生常任委員会付託に係る議案は、ただいまの委員長報告のとおりそれぞれ可決と決定いたしました。              予算特別委員長報告 議 長(近野 誠) 次に、予算特別委員会付託に係る議案の審査の経過と結果について、委員長の報告を求めます。小松政一予算特別委員長。  (13番 小松政一予算特別委員長、登壇) 予算特別委員長(小松政一) 予算特別委員会における審査の経過と結果についてご報告を申し上げます。  本特別委員会は、去る6月3日午前10時59分より、本会議場に委員全員の出席のもと、当局より町長を初め、副町長、病院事業管理者、教育長、関係課長等の出席を得て開会し、各予算の詳細な説明を徴し、活発な質疑を行い、詳細にわたり審査を行いました。  本特別委員会に付託になりました案件は、令和元年度高畠町一般会計補正予算(第1号)及び令和元年度高畠財産特別会計補正予算(第1号)の計2件であります。  なお、本特別委員会議長を除く全議員で構成されておりますので、審査の経過等については省略させていただき、結果のみを報告させていただきます。  議第45号 令和元年度高畠町一般会計補正予算(第1号)案及び議第46号 令和元年度高畠財産特別会計補正予算(第1号)案は、当局の説明を了承し、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、本特別委員会に付託になりました案件の審査の経過と結果について、報告を終わります。 議 長(近野 誠) 以上で、委員長の報告が終わりました。  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑の方ございませんか。  (「なし」との声あり) 議 長(近野 誠) 質疑なしと認めます。  討論につきましては通告がございませんので、討論なしと認めます。  それでは、採決いたします。  予算特別委員会付託に係る議案は、ただいまの委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認めます。よって、予算特別委員会付託に係る議案は、ただいまの委員長報告のとおり可決と決定いたしました。
     日程第5 政策提言の決定 議 長(近野 誠) 次に、日程第5 政策提言の決定を行います。  お諮りいたします。お手元に配付してあります提言内容については、各常任委員会から提出され、議会運営委員会議員全員協議会で検討されたものであります。これを議会の総意として、町長へ提出することに決定したいと思います。これにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認めます。よって、政策提言は配付いたしました提言内容のとおり決定いたしました。  日程第6 発議第4号 高畠町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定につい             て 議 長(近野 誠) 次に、日程第6 発議第4号 高畠町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。  本案は、議会運営委員会発議であり、議員全員協議会において検討されたものであります。  お諮りいたします。この際、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認め、さよういたします。  それでは、採決いたします。  ただいま議題となっております発議第4号案を原案のとおり決するにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決と決定いたしました。  日程第7 発議第5号 議員派遣について 議 長(近野 誠) 次に、日程第7 発議第5号 議員派遣についてを議題といたします。  本案は、議長発議であり、議会運営委員会議員全員協議会において検討されたものであります。  お諮りいたします。この際、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認め、さよういたします。  それでは、採決いたします。  ただいま議題となっております発議第5号案を原案のとおり決するにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決と決定いたしました。  日程第8 閉会中の所管事務調査について 議 長(近野 誠) 次に、日程第8 閉会中の所管事務調査についてを議題といたします。  各委員長から、目下各委員会において調査中の事件について、会議規則第75条の規定によりお手元に配付してあります申出書のとおり閉会中の所管事務調査の申し出がありました。  お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の所管事務調査とすることにご異議ございませんか。  (「異議なし」との声あり) 議 長(近野 誠) ご異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の所管事務調査とすることに決定いたしました。              町長挨拶 議 長(近野 誠) 以上で議事の全てが終了いたしました。  町長より発言の申し出がありますので、これを許可いたします。寒河江町長。 町 長(寒河江 信) 本日、6月定例会閉会されるに当たりまして、一言御礼のご挨拶を申し上げます。  本定例会には、平成30年度高畠町一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告についての繰越計算書の報告案件が1件、令和元年度高畠町一般会計補正予算(第1号)などの補正予算案件が2件、高畠町町民運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてなどの条例改正等案件が6件、旧高畠町立第三中学校解体工事請負契約締結についての契約締結案件が1件、合わせて10件の案件をご提案をいたしました。  議員の皆様には、慎重にご審議を賜り、それぞれご可決をいただきましたことに対しまして、厚く御礼を申し上げるものでございます。  また、本定例会の一般質問及び各常任委員会におきましては、まちづくり全般に関しまして、多くのご意見をいただきました。  さて、第6次総合計画によるまちづくりを進めるに当たりましては、多種多様な課題を解決していかなければなりません。十分な協議を行い、短期に取り組むことが可能な部分は早急に、また、中長期的に解決を図るものは、その計画を明らかにしながら、危機感と緊張感を持って取り組んでまいりますので、一層のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。  また、去る6月1日に、来年の3月26日から47都道府県をめぐる東京オリンピックの聖火リレーのルート概要が発表されました。ルートには、富士山などの世界遺産伊勢神宮や鳥取砂丘など日本各地の名所のほか、奇跡の一本松があります岩手県陸前高田市を初め、東日本大震災熊本地震など、各地の被災地を回ることになっております。  県内では、6月7日、8日にホストタウン登録自治体を中心に計18市町を通過するルートが設定され、当町においては、7日の日曜日に行われることになっております。昭和39年以来、56年ぶりに聖火が町内を走ることに決まり、大変うれしく思っているところであります。日曜日ということもあり、より多くの町民の方々に見ていただけるよう、走るコースについても、今後しっかりと要望してまいりたいと考えております。  また、実施市町を走る距離は1キロメートルから1.2キロメートル程度で、聖火ランナー1人で走り、距離は200メートルとし、5人ないし6人でリレーを行うことになっておりますが、より多くの方々が、あるいは中学生、高校生が伴走して走ることができるように、このことも強く要望してまいりたいと考えております。  さて、女性1人が生涯に産む子供推定人数を示す平成30年の国の合計特殊出生率が1.42となり、前年度から0.01ポイント下がりました。山形県においては、前年と比べ0.03ポイントアップの1.48となり、3年ぶりに増加しましたが、出生数は前年比で286人の減となりました。  当町における合計特殊出生率の算定はこれからになりますが、平成29年は1.58でありました。また、出生数は平成26年の191人から毎年減少しており、平成30年は144人となり、前年比で5人の減となりました。  人口減少や少子化対策は町政運営の最重要課題であり、人口減少社会に対応した将来にわたって持続可能なまちづくりを目指していかなければなりません。今年度の施政方針で重要な視点として掲げております「たかはたの未来を築く子どもや若い世代への応援」の主要施策を今後も展開をしてまいります。  その施策の一つであります、旧第四中学校体育館を有効活用した屋内遊戯場「もっくる」が7月26日にオープンをいたします。天候や季節に左右されない置賜初の屋内遊戯場であり、安全に、そして楽しく使用してもらえるよう準備を進めるとともに、ソフト面の充実も図ってまいります。  また、翌27日には、「もっくる」同様、町内産木材使用した新図書館がオープンをいたします。多様なヒトと多様なコトが交わりつながる拠点「縁の母屋」図書館をコンセプトに、温かみのある木質空間となっております。現在、雑誌スポンサーや図書館ボランティアを募集しており、町の皆さんとともに運営する新しい図書館づくりを目指してまいります。  結びになりますが、議員の皆様におかれましては、本議会が今任期中、最後の定例会であります。改めて、この4年間、町民の皆さんの代表として、その職務を全うされ、町勢の発展に日夜ご尽力をいただきましたことに対しまして、心より感謝を申し上げるものでございます。また、8月の改選に臨まれる皆様方のご健闘をお祈りを申し上げます。  これから本格的な梅雨、そして夏を迎えるに当たり、健康には十分にご留意をいただき、ますますご活躍されますことを心からご祈念を申し上げ、閉会に当たりましての挨拶といたします。              閉            会 議 長(近野 誠) 以上で、本定例会の全日程が終了いたしました。  会議を閉じます。  去る3日から11日間の会期中、熱心に、しかも慎重にご審議を賜りまして、各議案についてそれぞれ決定を見ましたことを、議員各位とともにご同慶に存ずるものであります。  これをもって、現任期の最後の定例会閉会となるわけでありますが、一言ご挨拶を申し上げます。  不肖私、平成29年9月に議長に就任して以来、皆様方の多大なるご支援、ご指導のもと本日を迎えられましたこと、心から感謝を申し上げます。  さて、今期を顧みますと、少子高齢社会人口減少の進展が、当町にも大きく影響を及ぼしていると実感しております。  そのような中、次代を担う子供たちによりよい教育環境の中で学んでもらうべく、町内4つの中学校を統合し、高畠中学校が開校いたしました。また、子育て支援の充実や多世代の交流が期待される高畠産木材使用した県内最大の屋内遊戯場の開館が待たれるところであります。さらには、町民の願いでもありました新町立図書館建設に当たり、図書館建設に関する調査特別委員会を設置し、多くの町民が足を運び、親しまれる図書館となるよう、執行当局とともに議論を重ねてまいりました。屋内遊戯場、新図書館とも、7月に開館するわけでありますが、両施設が高畠町のシンボルとなることを願うものであります。  地域経済社会環境が大きく変わり、厳しさが増す中、町民福祉の向上のため業務執行に当たられました執行当局の皆さんに心から敬意を表したいと存じます。  この任期中、議会運営委員会を中心に開かれた議会を目指し、行政視察調査や議論を重ね、議会改革に取り組んでまいりました。その一つとして、傍聴規則及び会議規則を改正し、撮影や録音の制限を廃止いたしました。  また、私たち議員は町民の代表であること、町民のために何ができるかを考え、東日本大震災や南陽市で2年連続して発生した豪雨災害を教訓に、議会災害対応ハンドブックを作成いたしました。幸いにも、作成以降、当町において大規模災害は発生しておりませんが、有事の際に限らず、町民、執行当局とともに行動することを改めて確認したところであります。  残り2カ月余りの任期ではありますが、それぞれの立場で町勢発展のため、引き続き職責を全うするものであります。  最後に、議員各位並びに執行当局の皆様のますますのご健勝をご祈念申し上げまして、第511回高畠町議会定例会閉会いたします。  まことにご苦労さまでございました。  (時に午前10時34分)  令和元年6月13日                             高畠町議会議長  近  野     誠                             会議録署名議員  武  田     修                                〃     数  馬  治  男...