ツイート シェア
  1. 山形市議会 2020-10-01
    令和 2年議会運営委員会(10月 1日)


    取得元: 山形市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-02-22
    令和 2年議会運営委員会(10月 1日) 議会運営委員会   日  時    10月1日(木) 13時15分~13時38分 場  所    第1委員会室 出席委員    菊地健太郎武田 聡、佐藤秀明高橋公夫浅野弥史、         田中英子佐藤亜希子渋江朋博伊藤香織折原政信 欠席委員    なし 委員外議員(オブザーバー)         長谷川幸司議長 関係出席者   斎藤武弘議長、平事務局長高橋総務課長岡﨑議事課長、         事務局職員 委員長席    菊地健太郎 協議事項    1 9月定例会最終日議事順序について         2 議会報告会について         3 議場見学会及び議場演奏会実施について         4 その他         (1)今後の議会日程予定)について      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 1 9月定例会最終日議事順序について
     議事課長から、議事日程第4号について、別紙資料により次のような説明があり、原案のとおり了承された。  [説明概要]  本会議は、10月2日午後1時15分に開会し、諸報告では、例月出納検査結果及び専決処分報告がある。  次に、議第77号山形教育委員会委員任命についてを追加上程し、市長提案説明を受け、質疑の後、動議により委員会付託を省略し、簡易採決により即決する。  次に、議会案2件を上程する。議会運営委員会提出議会案第9号及び議会案第10号についての提案理由説明武田聡議員からなされ、質疑の後、討論採決となる。採決は、一括して簡易採決とする。なお、討論通告はない。  次に、議案12件を一括議題とし、各委員長報告を受けた後、質疑及び討論となる。なお、討論通告はない。  討論の後、採決を行うが、最初に、継続請願第5号全国学力学習状況調査抽出方式に改めることについては、起立採決を行う。最後に、議案9件と請願2件の合計11件を一括して簡易採決とする。  次に、議員派遣についてを諮った後、山形教育委員会委員任命についてが同意されれば、中村篤さんから挨拶があり、続いて、佐藤市長から挨拶があり、閉会となる。 2 議会報告会について  9月17日に協議し、会派持ち帰りとなっていたこの件について、各会派から検討結果の報告があった後、協議に入った。 ○浅野弥史委員(新翔会)   今年に限っては、人数制限をどこまでできるかという課題がある。これからGoToトラベルによる感染状況も注視する必要があり、現時点判断するとなれば、中止せざるを得ないという結論に至っている。 ○渋江朋博委員緑政会)   新翔会と同様であるが、今後の感染状況が読めない中、冬期はインフルエンザの感染懸念も取り沙汰されている。不特定多数の方が来る議会報告会において、参加者健康状態を把握した上での開催は困難なのではないかと捉えており、今年度の開催については、現時点では難しいと考えている。 ○佐藤秀明委員市民連合)   今年度は中止でよい。 ○佐藤亜希子委員日本共産党)   近県で感染者も出ており、全国的な感染者数も下火になっていないということもあり、今年度は中止してはどうかとのことであった。 ○折原政信委員公明党)   ほかの会派と同様、今年度は中止でよい。 ○高橋公夫委員令政会)   今年度の開催は無理なのではないかという意見であった。  大要以上の後、今年度の議会報告会については、中止することとした。また、10月2日の本会議終了後予定していた班会議についても中止することとした。  引き続き、折原政信委員から、次のような発言があった。 ○折原政信委員公明党)   広報やまがたに、中止になった旨のお知らせは掲載するのか。 ○議事課長   これまで、開催についてのお知らせ広報やまがた議会報に掲載していたが、中止お知らせについては今のところ考えていない。 ○折原政信委員公明党)   今年度の開催の有無を周知するという点からすれば、開催することだけを載せるのではなく、新型コロナウイルス感染症の影響で中止とする旨のお知らせを掲載することも可能ではないかと考える。 ○議事課長   議会報の11月1日号に今年度は中止となる旨の記事を掲載したい。  大要以上の後、議会報の11月1日号に、今年度の議会報告会中止となる旨の記事を掲載することとした。 3 議場見学会及び議場演奏会実施について  9月17日に協議し、会派持ち帰りとなっていたこの件について、各会派から検討結果の報告があった後、協議に入った。 ○浅野弥史委員(新翔会)   議場見学会は、狭い中、多くの方が行き来するため中止としてはどうかとのことであった。議場演奏会については、実施をしてもよいとのことであったが、傍聴席などは間隔を空けて座っており、例年よりも参加者数が減ることになるため、今回は議員参加を見送り、より多くの市民の方に参加してもらうよう配慮してはどうかとの意見があった。 ○渋江朋博委員緑政会)   参加者の体調の把握や見学に当たって密を避ける対策などの検討を行い、対策が取れるようであれば、議場見学会議場演奏会共に実施してよいのではないかとの意見であった。 ○佐藤秀明委員市民連合)   議場見学会については結論が出なかった。議場演奏会については、ぜひ実施してほしい。新翔会からもあったが、できるだけ市民の方から参加してもらえるよう、議員参加は見送ったほうがよいのではないかとの意見であった。 ○佐藤亜希子委員日本共産党)   議場見学会中止とし、議場演奏会人数を制限して実施し、議員参加については、申込み状況を見てから再度検討してはどうかとのことであった。 ○折原政信委員公明党)   議場見学会及び議場演奏会はそのまま実施し、議員参加については、協議内容を含めて、申込み人数によって調整すればよいという考えである。 ○高橋公夫委員令政会)   議場演奏会のみ実施すればよいのではないかとのことであった。また、間隔を空けることで参加者数が限られてしまうため、議会側代表者だけでよいのではないかという結論になった。 ○渋江朋博委員緑政会)   様々な懸念があり、議場見学会実施は難しいといった判断が多いのであれば、今年度は中止判断もやむを得ないと考える。 ○折原政信委員公明党)   同じ方が議場演奏会議場見学会参加するため、どちらかを中止するという考え方でなくてもよいのではないか。必ず実施しなければならないというわけではないが、矛盾を感じる。それでも中止したほうがよいというのであれば、最後まで抵抗するものではない。 ○佐藤秀明委員市民連合)   議場見学会はやりようなのかもしれないが、無理しなくてよいということであれば、無理をして開催する必要はないと考える。評判はどうなのか。 ○総務課長   昨年のアンケートでは、説明が長いなどの意見が何件かあったようである。なお、議場見学会及び議場演奏会については、ただ演奏会をするのではなく、市民に開かれた議会を目的に議場見学会を主として過去3年間実施している。 ○武田聡委員長   議場など見学する際、説明する際の間隔動線を確保し人が集中しないよう誘導することなどの対応は必須であり、結構な労力が必要になる。市民に開かれた議会という意味では、本会議場を使用して演奏会実施することで、一定の趣旨は達成できるという判断があってもよい。  大要以上の後、議場見学会及び議場演奏会実施については、今年度に限り、議場演奏会のみ開催することとした。  引き続き、総務課長から、次のような発言があった。 ○総務課長   これから山形交響楽団日程演奏内容などについて調整することになる。開催時期については、決定次第お知らせしたい。 ○浅野弥史委員(新翔会)   現時点で収容できる人数が分かれば教えてほしい。 ○総務課長   傍聴席は、現在、一つ置きに座ってもらっているため、32席となっている。議員席については、間隔を空けるかどうかにもよるが、一つ置きに設定した場合、20席程度となるため、合わせて50名程度収容人数が想定される。なお、大声を出さないイベント等については、規制が緩和されてきているため、感染症対策等も含め確認したい。 ○武田聡委員長   対策方法も示してもらいながら、最終的な協議を進めてほしい。 4 その他 (1)今後の議会日程予定)について  議事課長から、今後の議会日程について、レジュメ(下記)のとおりであり、予定日程については、やまがた市議会報及び議会ホームページ等で周知していく、との説明があった。  【12月定例会】   11月19日(木)午後1時15分 議会運営委員会     26日(木)午前10時   本会議          午後1時15分 議会運営委員会   12月1日(火)午前10時   本会議(一般質問)     2日(水)午前10時   本会議(一般質問)     3日(木)午前10時   予算委員会     4日(金)午前10時   予算分科会     7日(月)午前10時   常任委員会     9日(水)午後1時15分 予算委員会全員協議会     10日(木)午後1時15分 議会運営委員会     11日(金)午後1時15分 本会議...