ツイート シェア
  1. 山形市議会 2020-09-30
    令和 2年予算委員会( 9月30日)


    取得元: 山形市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-02-22
    令和 2年予算委員会( 9月30日)   令和2年9月30日(水曜日) 〇出席委員(32名)        松 井   愛        小 田 賢 嗣        井 上 和 行        佐 藤 清 徳        阿 曽   隆        佐 藤 秀 明        高 橋 公 夫        荒 井 拓 也        松 田 孝 男        鈴 木   進        仁 藤   俊        浅 野 弥 史        田 中 英 子        佐 藤 亜希子        川 口 充 律        斉 藤 栄 治        渋 江 朋 博        武 田   聡        武 田 新 世        伊 藤 香 織        中 野 信 吾        菊 地 健太郎        丸 子 善 弘        今 野 誠 一        遠 藤 吉 久        渡 辺   元        斎 藤 淳 一        石 澤 秀 夫        折 原 政 信        須 貝 太 郎        鈴 木 善太郎        長谷川 幸 司 〇委員外議員(1名)
           斎 藤 武 弘  ―――――――――――――――――――― 〇説明のため出席した者  市長        佐 藤 孝 弘  副市長        倉 正 則  総務部長      折 原 啓 司  財政部長      伊 藤 浩 之  企画調整部長    畑 口 和 久  市民生活部長    佐 藤 雅 俊  健康医療部長    中 村 由 美  環境部長      松 田 和 巳  福祉推進部長    土 田 郁 子  こども未来部長   鈴 木 悦 子  商工観光部長    山 口 範 夫  農林部長      佐 藤 浩 治  まちづくり政策部長 櫻 井   浩  都市整備部長    渋 谷 誠 一  会計管理者     中 村 広 志  消防長       大 城   啓  上下水道事業管理者 庄 司 新 一  上下水道部長    板 垣 淳 史  病院事業管理者   平 川 秀 紀  済生館事務局長   今 野 厚 志  教育長       荒 澤 賢 雄  教育部長      伊 藤 尚 之  選管委事務局長   武 田 吉 浩  監査委員事務局長  山 田 千賀子  農業委事務局長   鴨 田 尚 史  ―――――――――――――――――――― ◎午後2時35分 開 会 ○武田新世委員長  ただいまから、予算委員会を開会します。  それでは、議事に入ります。  議第72号令和2年度山形一般会計補正予算及び議第73号令和2年度山形市立病院済生館事業会計補正予算の議案2件を一括して議題とします。  ――――――――――――――――――――分科会委員長報告 ○武田新世委員長  これらの案件については、各分科会分割付託の上、審査をお願いしておりますので、その経過と結果について、各分科会委員長報告を求めます。   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜総務分科会委員長報告 ○武田新世委員長  佐藤総務分科会委員長。 ○佐藤秀明総務分科会委員長  総務分科会における審査の経過と結果について、御報告申し上げます。  議第72号令和2年度山形一般会計補正予算のうち、総務分科会付託部分について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、普通交付税について、国の算定により減額補正となったが、新型コロナウイルス感染症の影響により、基準財政収入額の減が見込まれる中、今後、影響が出るものについては、補填やさらなる支援を求めるべきと考えるがどうか、との質疑があり、当局から、地方交付税は、地方財政対策に基づき配分されており、山形市においては、基準財政収入額見込みよりも大きく伸びると算定されたことで減額となった。また、このたびの配分は、新型コロナウイルス感染症発生前に策定された地方財政対策に基づく配分となっていることから、状況の変化を的確に反映してもらうよう、山形市としても中核市市長会重要要望事項として要望している、との答弁がありました。  次に、委員から、市債残高が年々増加している状況をどう捉えているのか、との質疑があり、当局から、市債残高の約半分は臨時財政対策債となっており、地方交付税で措置されることになる。また、実質的な市債である事業に係る部分については、近年、増加傾向にあるものの、健全な範囲の中で推移している。今後も、地方交付税で措置される起債の活用や、適切な範囲内で活用するよう配慮しながら、予算編成に当たりたい、との答弁がありました。  次に、委員から、予備費について、今後の災害などへの対策を速やかに行うための増額であるが、7月に発生した豪雨災害の復旧に要する費用の総額はどうか、との質疑があり、当局から、8月末時点での集計では、全体で約7億5,640万円となっている。予備費既決予算での対応のほか、このたびの補正予算では、災害復旧に要する経費として、約3億1,450万円計上しており、今後、12月補正も見込んでいる、との答弁がありました。  次に、委員から、山形西口バスベイ整備事業について、整備に合わせ、貸切バスの発着を全て西口に移行するのであれば、日本一の観光案内所は、西口側整備することも考えられるのではないか、との質疑があり、当局から、観光振興の側面からも、バスなどの交通との連携は重要な視点であることから、観光案内所設置場所については、総合的に検討する必要があると考えている、との答弁がありました。  次に、委員から、県議会議員補欠選挙に要する経費について、イオンモール山形南へ新たに期日前投票所を設置するとのことだが、選挙人名簿との照合などは、どのような方法で行うのか、との質疑があり、当局から、当初、山形大学へ期日前投票所を設置した際は、電話回線を利用し、本庁との確認を行っていたが、昨年行われた選挙からセキュリティーが高い無線の閉域ネットワークを利用している。イオンモール山形南においても有線の回線は引かずに、無線の閉域ネットワークを利用して、選挙人名簿との照合を行い、二重投票の防止に努めたい、との答弁がありました。  また、委員から、商業施設は恒常的に場所を確保することが難しいといった課題があるが、今後の対応はどうか、との質疑があり、当局から、イオンは、昨年の参議院議員通常選挙で、全国の103店舗において場所の提供を行っており、今後も協力してもらえるものと考えている、との答弁がありました。  大要以上の後、議第72号の付託部分については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜厚生分科会委員長報告 ○武田新世委員長  高橋厚生分科会委員長。 ○高橋公夫厚生分科会委員長  厚生分科会における審査の経過と結果について、御報告申し上げます。  議第72号令和2年度山形一般会計補正予算付託部分について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、戸籍住民基本台帳事務に要する経費について、今回の補正予算によるシステム改修の具体的な内容はどのようなものなのか、との質疑があり、当局から、海外転出時には住民票は消除され、個人認証の基となるものがなくなるため、これまではマイナンバーカードを利用できなかったが、今回のシステム改修で戸籍の附票を住基ネットと連携させ、個人認証が可能となりマイナンバーカードが利用可能となる、との答弁がありました。  次に、委員から、就労継続支援事業所生産活動活性化事業費補助金について、国等の給付を受けていない6事業所補助対象とのことだが、この6事業所以外事業所は国等の補助を既に受けているということか、との質疑があり、当局から、今回の補助対象となる6事業所については、収入が前年度同月比50%以上、または連続する3か月の同期比で30%以上収入が減少した期間があるなど、支給要件に該当している事業所である。支給要件に該当している事業所であっても、同じ経営支援事業である持続化給付金等を受給していれば対象から外れることになる、との答弁がありました。  また、委員から、就労継続支援事業所生産活動活性化事業費補助金について、支給までのスケジュールはどうか、との質疑があり、当局から、手続としては所要額を算出した後、基準額と比較し、概算払いで支給する。その後、3月までに実績報告書を提出の上、精算してもらうことになる、との答弁がありました。  さらに、委員から、就労継続支援事業所生産活動活性化事業費補助金は、持続化給付金と比べても使いづらい制度であると感じるが、市として上乗せ補助や国の制度以外の使いやすい制度を検討してほしいがどうか、との質疑があり、当局から、この補助金は国の10分の10負担の補助金となっており、制度については国が決めているため検討することは難しい。なお、減収が20%以上30%未満の事業所は、山形市の事業継続応援給付金対象になる、との答弁がありました。  次に、委員から、社会福祉施設等施設整備事業について、事業費補助の割合はどのくらいか、との質疑があり、当局から、補助割合工事費全体の4分の3であり、そのうち4分の2が国の負担となっている、との答弁がありました。  また、委員から、補助対象となっている事業所が選ばれた理由は何か、との質疑があり、当局から、この補助事業については、各事業所意向調査を行い、初年度に事業所から工事内容資金計画などを聞いて、その中から事業所を絞り、2年目に補助を行うことになる。令和2年度は3事業所対象となっている、との答弁がありました。  次に、委員から、新型コロナウイルス対応放課後児童支援員等慰労金及び新型コロナウイルス対応保育士等慰労金について、予算の使い方として、山形市で既に実施している事業との調整ができないのか議論はしたのか。また、山形市と同じように県に先立って慰労金を支給している県内の自治体はほかにないのか、との質疑があり、当局から、保育所等の施設や放課後児童クラブ職員への激励金慰労金については、山形市が先行して支給してきた経緯があるが、そういったものを見て、他市町村も県へ要望したと思われ、時期がずれてしまったため調整ができなかった。山形市としては、早い時期に支給できたことは、よかったと思っている。また、県内他市で保育所等へ支給している自治体はなく、放課後児童クラブについては、寒河江市等が慰労金を支給したと聞いている、との答弁がありました。  また、委員から、支給条件から外れる職員はいるのか、との質疑があり、当局から、県の要件としては、4月から6月までに10日以上勤務した者、実際に児童と直接、長時間接触した職員という要件があり、山形市では、通常保育をしていない児童館子育て支援センター職員等対象外となる、との答弁がありました。  さらに、委員から、今回の慰労金支給方法はどうなるのか、との質疑があり、当局から、県の制度では、市町村から施設側へ交付し、施設から各職員に支給する流れとなっている、との答弁がありました。  次に、委員から、感染予防及び経済活動再開対策新生児子育て応援特別給付金給付事業費について、妊娠中の方も対象となるとのことだが、妊娠しており、出生まで至らなかった方も対象となるのか、との質疑があり、当局から、基本的には令和3年4月1日までに出産された方が支給対象となるが、出生まで至らなかった方も対象と考えている、との答弁がありました。  大要以上の後、議第72号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第73号令和2年度山形市立病院済生館事業会計補正予算について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業について、済生館関係者対象とならない人はいるのか、との質疑があり、当局から、済生館の職員が777名、委託職員が189名、合計で966名が対象として予算措置をしているが、基本的に全員対象となっている、との答弁がありました。  また、委員から、今回、予算措置された慰労金については済生館の分であるが、県内の病院についても官民問わず一律全部に交付されるということでよいか、との質疑があり、当局から、済生館に限らず県内の病院、診療所助産所なども対象となる、との答弁がありました。  次に、委員から、新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業について、国の措置額の上限まで全て使うという認識でよいか、との質疑があり、当局から、病床数ごとに上限が定められており、済生館病床数からすると上限額は7,000万円となるが、そのうちの3,058万2,000円を予算要求している、との答弁がありました。  また、委員から、国から全額措置される予算であるならば、必要な機器等については上限額まで盛り込めるものは盛り込むべきと考えるがどうか、との質疑があり、当局から、新型コロナウイルス感染症対策に、必要かつ十分と考えられる機器の整備であり、これらを見積もった金額となっている。また、ここには含まれていないが、4月、5月の時点で帰国者接触者外来など設置するに当たって、既決予算を執行し先行して手洗い用蛇口自動水洗化や、外来受付アクリル板の設置などを行っている、との答弁がありました。  大要以上の後、議第73号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜産業文教分科会委員長報告 ○武田新世委員長  仁藤産業文教分科会委員長。 ○仁藤俊産業文教分科会委員長  産業文教分科会における審査の経過と結果について、御報告申し上げます。  議第72号令和2年度山形一般会計補正予算のうち、産業文教分科会付託部分について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、企業オンラインスキルアップ等応援事業について、タブレット等の購入や、ネットワーク等整備は、補助金交付の前提となるテレワーク環境整備にかかわらず導入できるものであるが、どのように認定するのか、との質疑があり、当局から、申請時にネットワーク構築フロー図を提出してもらい、導入後にフロー図に基づいて必要な物品が納入されたか確認を行う予定である、との答弁がありました。  また、委員から、申請件数見込みはどうか。4月に遡っての申請も可能なことから、予算が不足することも想定されるのではないか、との質疑があり、当局から、事前のアンケート調査や物品の取扱業者からの聞き取りにより、申請件数は50件程度を想定しているが、件数が想定を超えた場合は、改めて対応を検討したい、との答弁がありました。  次に、委員から、東北絆まつり山形2021プレイベント実証事業について、どのようなイベントを行う予定なのか、との質疑があり、当局から、新型コロナウイルス感染症に対応した新しい生活様式を踏まえ、会場を霞城セントラルに限定し、東北の6祭りをアート作品として展示するとともに、オンライン等を活用したPR、情報発信を行い、東北絆まつりの開催につなげていく予定である、との答弁がありました。  次に、委員から、災害復旧に対する補助制度の周知が不十分だったとの声があったため、周知を徹底してほしいがどうか、との質疑があり、当局から、農地や農業用施設に対する補助制度については、土地改良区と水利組合を通して周知を行ったが、行き届いていないとの声もあったため、8月中旬に再度周知を徹底してもらったところ、追加で報告があり、支援を行っている、との答弁がありました。  また、委員から、補助制度申請期限はどうなっているのか、との質疑があり、当局から、国では災害発生から60日をめどとしているが、市では60日を過ぎた場合も支援したいと考えている、との答弁がありました。  次に、委員から、予約本24時間受取ボックス設置事業に600万円の予算が計上されているが、受取ボックスとはどのようなものか、との質疑があり、当局から、マンション等に設置してある宅配ボックスのようなものであり、市立図書館本館正面玄関に30数個のボックスを設置することとしている。予算は、ボックス購入費電源取付け工事費を計上しているが、本を入れるボックス部分よりも、本の受け取りを管理するシステムが内蔵されているメインユニット部分が費用の過半を占めるものとなっている、との答弁がありました。  また、委員から、受取ボックス利用方法はどのようになるのか、との質疑があり、当局から、予約本の準備ができ次第、図書館から連絡を行うが、その際に受取ボックス利用希望の申出をしてもらうことになる。受取ボックスからの本の受け取り方については、操作画面での貸出カードの番号の入力、またはバーコードの読み取りのどちらかの方法を考えている、との答弁がありました。  大要以上の後、議第72号の付託部分については、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。  以上で報告を終わります。   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜環境建設分科会委員長報告 ○武田新世委員長  渋江環境建設分科会委員長。 ○渋江朋博環境建設分科会委員長  環境建設分科会における審査の経過と結果について、御報告いたします。  議第72号令和2年度山形一般会計補正予算のうち、環境建設分科会付託部分について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、道路橋りょう維持管理事業について、本沢橋復旧工事が完了するまでの期間はどうか、との質疑があり、当局から、7月豪雨で損傷した本沢橋については、今後、国の災害査定を受ける予定であり、災害査定において、申請する復旧工法が認められれば、今年度から着工し令和3年の秋までに完成させたい、との答弁がありました。  次に、委員から、今年度の要望箇所に関わる工事の発注状況はどうか、との質疑があり、当局から、7月豪雨の発生後、側溝や舗装などの要望箇所に関わる工事の発注を、一旦中止していたが、今回の補正により、要望箇所整備を迅速に進めていきたい、との答弁がありました。  次に、委員から、道路橋りょう災害復旧事業について、国の災害査定における復旧の考え方はどうか、との質疑があり、当局から、災害査定については、基本的に原形復旧となるが、同じ箇所が再び被災することも念頭に置き対応することが必要であり、改良復旧を含め、国と事前に協議をしながら進めていくことになる、との答弁がありました。  大要以上の後、議第72号の付託部分については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。 ○武田新世委員長  以上で、各分科会委員長報告は終わりました。  ―――――――――――――――――――― ◎質     疑
    ○武田新世委員長  これより質疑に入ります。  ただいまの委員長報告に対し、御質疑ありませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○武田新世委員長  御質疑なしと認めます。  以上で質疑を終わります。  ―――――――――――――――――――― ◎採     決 ○武田新世委員長  これより採決に入ります。  議第72号及び議第73号の議案2件について、一括して採決します。  お諮りします。ただいまの議案2件について、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○武田新世委員長  御異議なしと認めます。  したがって、議第72号及び議第73号については、原案のとおり可決すべきものと決定しました。  以上で、付託案件の審査は全部終了しました。  ―――――――――――――――――――― ◎閉     会 ○武田新世委員長  これをもって、予算委員会を閉会します。     午後2時59分 閉 会      予算委員長 武 田  新 世...