山形市議会 > 2019-10-31 >
令和元年 9月定例会(第4号10月31日)
令和元年総務委員会(10月31日)

ツイート シェア
  1. 山形市議会 2019-10-31
    令和元年 9月定例会(第4号10月31日)


    取得元: 山形市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-04-03
    令和元年 9月定例会(第4号10月31日)   令和元年10月31日(木曜日) 〇出席議員(33名)     1 番  松 井   愛         2 番  小 田 賢 嗣     3 番  井 上 和 行         4 番  佐 藤 清 徳     5 番  阿 曽   隆         6 番  佐 藤 秀 明     7 番  高 橋 公 夫         8 番  荒 井 拓 也     9 番  松 田 孝 男        10 番  鈴 木   進    11 番  仁 藤   俊        12 番  浅 野 弥 史    13 番  田 中 英 子        14 番  佐 藤 亜希子    15 番  川 口 充 律        16 番  斉 藤 栄 治    17 番  渋 江 朋 博        18 番  武 田   聡    19 番  武 田 新 世        20 番  伊 藤 香 織    21 番  中 野 信 吾        22 番  菊 地 健太郎    23 番  丸 子 善 弘        24 番  今 野 誠 一    25 番  遠 藤 吉 久        26 番  渡 辺   元    27 番  斎 藤 淳 一        28 番  石 澤 秀 夫    29 番  折 原 政 信        30 番  須 貝 太 郎    31 番  鈴 木 善太郎        32 番  長谷川 幸 司    33 番  斎 藤 武 弘
     ―――――――――――――――――――― 〇説明のため出席した者  市長        佐 藤 孝 弘  総務部長      庄 司 新 一  財政部長      折 原 啓 司  企画調整部長    伊 藤 浩 之  市民生活部長    中 村 由 美  健康医療部長    渡 部 正 美  環境部長      松 田 和 巳  福祉推進部長    土 田 郁 子  こども未来部長   鈴 木 悦 子  商工観光部長    山 口 範 夫  農林部長      佐 藤 浩 治  まちづくり政策部長 櫻 井   浩  都市整備部長    渋 谷 誠 一  会計管理者     浅 田 秀 行  消防長       平 吹 正 人  上下水道事業管理者 長谷川 博 一  上下水道部長    板 垣 淳 史  病院事業管理者   平 川 秀 紀  済生館事務局長   羽 角 明 俊  教育長       荒 澤 賢 雄  教育部長      阿 部 謙 一  選挙管理委員長   細 谷 伸 夫  選管委事務局長   佐 藤 雅 俊  代表監査委員    玉 田 芳 和  監査委員事務局長  山 田 千賀子  農業委員会会長   髙 橋 権太郎  農業事務局長   大 城   啓  ―――――――――――――――――――― 〇事務局職員出席者  局長        金 澤 孝 弘  総務課長      平   晃 一  議事課長      岡 﨑 健 巳  議事係長      平 吹 史 成  調査係長      佐 藤   真  主幹        奥 山 浩 行  ―――――――――――――――――――― 〇議事日程第4号   令和元年10月31日(木)午後2時開議  第 1 諸 報 告  第 2 議第80号 和解について  第 3 議第81号 山形市副市長の選任について  第 4 議第58号 平成30年度山形市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定につ            いて  第 5 議第59号 平成30年度山形市水道事業会計剰余金の処分及び決算認定につ            いて  第 6 議第60号 平成30年度山形市公共下水道事業会計剰余金の処分及び決算認            定について  第 7 議第61号 平成30年度山形市病院済生館事業会計決算認定について  第 8 議第62号 令和元年度山形市一般会計補正予算  第 9 議第63号 土地の処分について(山形中央インター産業団地分譲用地)  第10 議第64号 山形市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の設定            について  第11 議第65号 会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例            の設定について  第12 議第66号 成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための            地方公務員法の改正に伴う関係条例の整備に関する条例の設定に            ついて  第13 議第67号 山形市西公園キャンプ条例の設定について  第14 議第68号 山形市手数料条例の一部改正について  第15 議第69号 山形市印鑑条例の一部改正について  第16 議第70号 山形市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について  第17 議第71号 山形市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条            例の一部改正について  第18 議第72号 山形市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関す            る基準を定める条例の一部改正について  第19 議第73号 山形市消防団の設置等に関する条例の一部改正について  第20 議第74号 山形市水道給水条例の一部改正について  第21 議第75号 山形市下水道企業職員給与の種類及び基準を定める条例の一            部改正について  第22 議第76号 山形市病院事業企業職員給与の種類及び基準を定める条例の一            部改正について  第23 議第77号 山形市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について  第24 議第78号 山形市病院済生館高等看護学授業料等徴収条例の一部改正に            ついて  第25 議第79号 山形市特別職職員給与に関する条例及び山形市教育委員会教            育長の給与旅費勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一            部改正について  第26 報第 6号 専決処分承認について(「除雪車の購入について」の一部変更            について)  第27 議員派遣について ――――――――――――――――――― 〇本日の会議に付した事件  日程第 1 諸報告  日程第 2 議第80号 和解について  日程第 3 議第81号 山形市副市長の選任について  日程第 4 議第58号 平成30年度山形市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定              について  日程第 5 議第59号 平成30年度山形市水道事業会計剰余金の処分及び決算認定              について  日程第 6 議第60号 平成30年度山形市公共下水道事業会計剰余金の処分及び決              算認定について  日程第 7 議第61号 平成30年度山形市病院済生館事業会計決算認定について  日程第 8 議第62号 令和元年度山形市一般会計補正予算  日程第 9 議第63号 土地の処分について(山形中央インター産業団地分譲用地)  日程第10 議第64号 山形市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の              設定について  日程第11 議第65号 会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整備に関する              条例の設定について  日程第12 議第66号 成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るた              めの地方公務員法の改正に伴う関係条例の整備に関する条例              の設定について  日程第13 議第67号 山形市西公園キャンプ条例の設定について  日程第14 議第68号 山形市手数料条例の一部改正について  日程第15 議第69号 山形市印鑑条例の一部改正について  日程第16 議第70号 山形市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について  日程第17 議第71号 山形市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定め              る条例の一部改正について  日程第18 議第72号 山形市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に              関する基準を定める条例の一部改正について  日程第19 議第73号 山形市消防団の設置等に関する条例の一部改正について  日程第20 議第74号 山形市水道給水条例の一部改正について  日程第21 議第75号 山形市下水道企業職員給与の種類及び基準を定める条例              の一部改正について
     日程第22 議第76号 山形市病院事業企業職員給与の種類及び基準を定める条例              の一部改正について  日程第23 議第77号 山形市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について  日程第24 議第78号 山形市病院済生館高等看護学授業料等徴収条例の一部改              正について  日程第25 議第79号 山形市特別職職員給与に関する条例及び山形市教育委員              会教育長給与旅費勤務時間その他の勤務条件に関する              条例の一部改正について  日程第26 報第 6号 専決処分承認について(「除雪車の購入について」の一部              変更について)  日程第27 議員派遣について  ―――――――――――――――――――― ◎午後2時00分 開 議 ○議長(斎藤武弘) これより、本日の会議を開きます。  出席議員は、定足数に達しております。  ―――――――――――――――――――― ◎発言の訂正 ○議長(斎藤武弘) この際、浅野弥史議員より発言を求められておりますので、これを許します。12番 浅野弥史議員。 ○12番(浅野弥史) 先日の私の一般質問において、一部訂正をお願いしたい箇所がございますので、議長において措置していただきますようにお願いを申し上げます。 ○議長(斎藤武弘) ただいまの浅野弥史議員の発言については、後日調査の上、議長において措置することとします。  ―――――――――――――――――――― ◎諸報告 ○議長(斎藤武弘) 本日の議事は、日程第4号をもって進めます。  日程第1 諸報告を行います。  監査委員から、令和元年10月に実施した例月出納検査の結果が、地方自治法第235条の2第3項の規定により議長宛て報告されております。  以上で報告を終わります。  ―――――――――――――――――――― ◎議第80号外1件 ○議長(斎藤武弘) 日程第2 議第80号和解について及び日程第3 議第81号山形市副市長の選任についての議案2件を一括して上程いたします。   ~~~~~~~~~~~~~~ ◎提案理由の説明 ○議長(斎藤武弘) この場合、提案者の説明を求めます。佐藤市長。 〔佐藤孝弘市長 登壇〕 ○市長(佐藤孝弘) ただいま上程されました議案につきまして、御説明申し上げます。  初めに、事件決議について申し上げます。  議第80号の議案は、東京電力ホールディングス株式会社福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所事故に基づき生じた損害賠償請求について和解するため、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議決を求めようとするものです。  次に、人事案件について申し上げます。  議第81号の議案は、現在、空席となっております本市副市長に、新たに髙倉正則氏を選任することについて、同意を求めようとするものです。  以上が提出議案の内容でございますが、細部につきましては、常任委員会において関係部課長が十分に説明いたしますので、よろしく御審議の上、御決議くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(斎藤武弘) 以上で提案者の説明は終わりました。  ―――――――――――――――――――― ◎質疑 ○議長(斎藤武弘) これより質疑に入ります。  上程議案に対し、御質疑ありませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(斎藤武弘) 御質疑なしと認めます。  以上で質疑を終わります。  ―――――――――――――――――――― ◎動議(委員会付託省略) ○議長(斎藤武弘) 22番 菊地健太郎議員。 ○22番(菊地健太郎) この際、動議を提出いたします。  ただいま上程されました議案のうち、議第81号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略して審議するよう、動議を提出いたします。 ○議長(斎藤武弘) ただいま菊地健太郎議員から提出されました動議を議題とすることに、御異議ございませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(斎藤武弘) 御異議なしと認めます。  したがって、委員会付託省略の動議を議題とします。  お諮りします。ただいまの動議のとおり決定することに、御異議ございませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(斎藤武弘) 御異議なしと認めます。  したがって、議第81号については、委員会付託省略の動議が可決されました。  ―――――――――――――――――――― ◎討論 ○議長(斎藤武弘) これより討論に入りますが、討論の通告がありませんので討論を終わります。  ―――――――――――――――――――― ◎採決 ○議長(斎藤武弘) これより採決します。  日程第3 議第81号山形市副市長の選任についてを採決します。 〔退席者あり〕 ○議長(斎藤武弘) お諮りします。ただいまの議第81号を原案のとおり決定することに御異議ございませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(斎藤武弘) 御異議なしと認めます。  したがって、日程第3 議第81号については、原案のとおり同意されました。 〔退席者着席〕  ―――――――――――――――――――― ◎委員会付託 ○議長(斎藤武弘) なお、日程第2 議第80号和解については、配付しております付託案件表のとおり、総務委員会に付託します。   ~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(斎藤武弘) この際、総務委員会を開くため休憩します。     午後2時06分 休 憩   ―――――――――――――――
        午後3時45分 再 開 ○議長(斎藤武弘) 休憩前に引き続き、会議を開きます。  ―――――――――――――――――――― ◎議第80号外23件 ○議長(斎藤武弘) 日程第2 議第80号及び日程第4 議第58号から日程第26 報第6号までの議案24件を一括して議題とします。  ―――――――――――――――――――― ◎委員長報告 ○議長(斎藤武弘) この場合、各委員会における審査の経過と結果について、委員長の報告を求めます。   ~~~~~~~~~~~~~~ ◎総務委員長報告 ○議長(斎藤武弘) 総務委員長 6番 佐藤秀明議員。 〔総務委員長 6番 佐藤秀明議員 登壇〕 ○6番(佐藤秀明) 総務委員会における審査の経過と結果について、御報告を申し上げます。  初めに、議第64号山形市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の設定について、その主な質疑を申し上げます。  委員から、保育園にはパート職員が多いが、どのように会計年度任用職員を適用していくのか。また、4月に保育士が少ないという体制は解消されるのか、との質疑があり、当局から、来年度から会計年度任用職員をどのように配置するか調整中であり、各課からヒアリングを行っているところである。また、従来、臨時職員については、法的な任用根拠により、4月当初、再度の雇い上げの場合、空白期間を設ける必要があったが、来年度からの会計年度任用職員の場合は不要となるため、4月の人員不足は改善されるものと考える、との答弁がありました。  また、委員から、非正規職員の処遇改善が主だと考える。職員労働組合とも話をしているとは思うが、現在の制度より不利益となるような懸念はあるか、との質疑があり、当局から、今回の改正は、臨時・嘱託職員の位置づけや処遇について、これまで法の規定が明確ではなく自治体によりまちまちであったため、全国的な統一や適切な運用を図ることが目的であるが、結果として、期末手当の支給等、処遇改善となる場合が多い。ただし、例えば年次有給休暇の点で、現在は任用時点での付与であるが、一定期間を経ないと付与されなくなることなど、それらの対応を内部で検討しており、職員労働組合にも、随時、情報提供していきたい、との答弁がありました。  大要以上の後、議第64号については、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。  次に、議第65号会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の設定について及び議第66号成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための地方公務員法の改正に伴う関係条例の整備に関する条例の設定については、当局の説明を了承し、それぞれ全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。  次に、議第70号山形市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  委員から、災害弔慰金等の支給において、死亡等が自然災害によるものかどうか、判定が困難な場合、山形市災害弔慰金等支給審査委員会を設置し、医師弁護士等の意見を聞くとのことだが、具体的にどのような場合か、との質疑があり、当局から、通常は医師死亡診断書等で確認できるが、災害発生からある程度の期間が経過し亡くなる災害関連死など、判定が困難な場合が想定される、との答弁がありました。  大要以上の後、議第70号については、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。  次に、議第73号山形市消防団の設置等に関する条例の一部改正については、当局の説明を了承し、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。  次に、議第79号山形市特別職職員給与に関する条例及び山形市教育委員会教育長給与旅費勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  委員から、市長及び教育長の11月分の給料が10%減額とのことだが、特別職の減額には基準はあるのか、との質疑があり、当局から、市長等の管理責任が問われた場合、減額等に関する明確な基準はないが、組織としての行為の関与度合いや事件市民生活に与える影響などを踏まえて、十分に検討し総合的に判断している、との答弁がありました。  大要以上の後、議第79号については、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。  最後に、本日、追加上程されました議第80号和解について、その主な質疑を申し上げます。  委員から、請求額に対し、和解金の額については、どのように考えているか、との質疑があり、当局から、公平・公正な立場で当事者双方の調整を図る原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)からの判断であり、今回の和解案を受け入れることは妥当なものであると考える、との答弁がありました。  次に、委員から、和解に関する手続は、どのようになるのか、との質疑があり、当局から、相手側から合意の連絡は既にあり、議会議決を受け、市と相手方と和解契約締結し、その後、和解金が支払われることになる、との答弁がありました。  大要以上の後、議第80号については、全員異議なく同意すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~ ◎厚生委員長報告 ○議長(斎藤武弘) 厚生委員長 7番 高橋公夫議員。 〔厚生委員長 7番 高橋公夫議員 登壇〕 ○7番(高橋公夫) 厚生委員会における審査の経過と結果について、御報告申し上げます。  初めに、議第69号山形市印鑑条例の一部改正について及び議第71号山形市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正については、当局の説明を了承し、いずれも全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第72号山形市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、10月から幼児教育保育の無償化が始まったが、制度改正によって、逆に負担増になった世帯があるとの報道がある。本市においても負担がふえる世帯はあるのか、との質疑があり、当局から、これまで保育料に含まれていた副食費は無償化の対象とならないため、このたびの条例改正で、住民税の所得割課税額によって副食費の支払いを免除することを規定している。本市において、副食費負担がこれまでの保育料負担を超える世帯はない、との答弁がありました。  次に、委員から、内閣府令に合わせた条例改正とのことだが、内閣府令は10月1日に施行されている。条例改正の施行期日公布の日となっているが問題はないのか、との質疑があり、当局から、内閣府令には経過措置が設けられており、施行日から起算して1年を超えない範囲の期間内は、内閣府令の運営基準が当該市町村の運営基準とみなされるため問題ない、との答弁がありました。  大要以上の後、議第72号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第76号山形市病院事業企業職員給与の種類及び基準を定める条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、済生館において、会計年度任用職員の対象となる職員はどのくらいいるのか。また、職種ごとの対象者の内訳はどうか、との質疑があり、当局から、対象となるのは約180名であるが、検査技師や薬剤師等の医療技術職が約30名、看護師が約25名、看護補助者が約50名、医療補助者が約25名、一般職補助が約25名、医師が約25名などとなっている、との答弁がありました。  次に、委員から、会計年度任用職員制度が導入されることにより、待遇に不利益を生じる職員はいないのか、との質疑があり、当局から、収入に関して、年額で増額になるケースが大半であり、手当等に関しても不利益を生じるようなことはない。待遇は現状維持あるいは現状よりも向上すると考えている、との答弁がありました。  これに対し、委員から、職員の待遇が向上すれば、人件費も増額することになると思うが、どのように想定しているのか。また、人件費の引き上げが、人員削減につながるのではないかと懸念されるがどうか、との質疑があり、当局から、会計年度任用職員制度の導入により、人件費は約3,200万円の増額を見込んでいるが、人員削減は考えていない、との答弁がありました。  大要以上の後、議第76号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第77号山形市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、山形大学医学部からの協力とは、具体的にどのようなものか。また、どのような形で形成外科を開設するのか、との質疑があり、当局から、週1回、山形大学医学部から医師の派遣を受け、外来診療を開始するものであり、診療は現在あいている診察室を使用する予定である、との答弁がありました。  さらに、委員から、形成外科の患者数をどの程度見込んでいるのか、との質疑があり、当局から、詳細な数字を出すことは難しいが、これまで当院の皮膚科や外科等でも一部対応していることを考えると、ある程度の需要はあるものと考えている、との答弁がありました。  次に、委員から、初期研修医及び後期研修医をフルタイムの任期付職員として任用するため、職員定数を40名ふやすとのことだが、現在、初期研修医及び後期研修医は何名いるのか、との質疑があり、当局から、初期研修医及び後期研修医の人数は、その年によって差異があるが、今年度については、1年目が6名、2年目が4名、3年目が6名、4年目が5名であり、合計21名となっている、との答弁がありました。  大要以上の後、議第77号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  最後に、議第78号山形市病院済生館高等看護学授業料等徴収条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  委員から、新たに規定される授業料等の減免に該当する生徒はどのくらいいるのか、との質疑があり、当局から、現在のところ、授業料の減免に該当する可能性のある学生が1名おり、来年4月の入学生の中に該当する者がおれば、授業料のほかに入学金も減免となる、との答弁がありました。  大要以上の後、議第78号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~ ◎産業文教委員長報告 ○議長(斎藤武弘) 産業文教委員長 11番 仁藤俊議員。 〔産業文教委員長 11番 仁藤俊議員 登壇〕 ○11番(仁藤俊) 産業文教委員会における審査の経過と結果について、御報告申し上げます。  議第63号山形中央インター産業団地分譲用地に係る土地の処分について、その主な質疑を申し上げます。  委員から、今回の購入は工場の拡張を目的としたものなのか、との質疑があり、当局から、シヤチハタエンジニアリング株式会社からは、令和3年3月ごろに新たな工場の着工を計画していると聞いている、との答弁がありました。  大要以上の後、議第63号については、全員異議なく同意すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~ ◎環境建設委員長報告 ○議長(斎藤武弘) 環境建設委員長 17番 渋江朋博議員。 〔環境建設委員長 17番 渋江朋博議員 登壇〕 ○17番(渋江朋博) 環境建設委員会における審査の経過と結果について、御報告いたします。  初めに、議第67号山形市西公園キャンプ条例の設定について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、使用申請手続は、どこで行うのか。また、遠方の利用者には、どのように対応するのか、との質疑があり、当局から、西公園のパークセンターにおいて、使用申請の受付と使用料の徴収を行うこととしている。また、遠方の方については、電話もしくはインターネットにより申し込みを行い、使用当日にパークセンターで手続を行ってもらう予定である、との答弁がありました。  次に、委員から、市内外から申し込みがあると思うが、山形市民の優先使用などは考えているのか。また、キャンプ場は、ほかの用途でも使用できるのか、との質疑があり、当局から、キャンプ場の利用については、原則として申し込み順となるが、市が主催する事業などがある場合には、優先して使用することになる。また、有料使用箇所であることから、宿泊可能なキャンプ場として、ほかの場所とは明確に区分した上で運営したいと考えている、との答弁がありました。  次に、委員から、屋内多目的コートのクラブハウスにあるシャワールームを、キャンプ使用者が利用することは可能なのか、との質疑があり、当局から、屋内多目的コートの利用者用に設置しているもので、シャワールームを利用する方が多いことから、キャンプ使用者には、近隣の温泉施設等を利用してもらいたいと考えている、との答弁がありました。  大要以上の後、議第67号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第68号山形市手数料条例の一部改正について、その質疑を申し上げます。  委員から、複数の建築物に係るエネルギー消費性能向上計画の認定申請手数料は、建築物ごとに手数料を算出し、合算するとのことだが、他自治体においても同様の算定方法なのか、との質疑があり、当局から、国からの通知に基づき、全国一律の算定方法となる、との答弁がありました。  大要以上の後、議第68号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第74号山形市水道給水条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  まず、委員から、指定給水装置工事事業者の更新手数料と登録手数料が同額であるが、算定根拠はどうか、との質疑があり、当局から、日本水道協会の更新制導入におけるガイドラインの算出例を参考に、それぞれの受付業務や書類審査業務等の作業時間の合計に、職員単価を乗じて積算した人件費と、印刷製本費等の経費を合算して算出した結果、同額となったものである、との答弁がありました。  また、委員から、指定給水装置工事事業者制度に、5年間を有効期間とする更新制が導入されたが、今後の登録事業者数の推移は、どのように見込んでいるのか、との質疑があり、当局から、8月1日現在の登録事業者数314者のうち、平成30年度の給水装置工事において、約6割の事業者は工事実績がない状況である。今後は、新たに更新手数料が必要となることから、工事実績のない事業者は更新手続を行わないことも想定されるため、減少するものと推測している、との答弁がありました。  大要以上の後、議第74号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第75号山形市下水道企業職員給与の種類及び基準を定める条例の一部改正については、当局の説明を了承し、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  最後に、報第6号専決処分承認については、当局の説明を了承し、全員異議なく承認すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~ ◎決算委員長報告 ○議長(斎藤武弘) 決算委員長 20番 伊藤香織議員
    決算委員長 20番 伊藤香織議員 登壇〕 ○20番(伊藤香織) 決算委員会における審査の経過と結果について、御報告申し上げます。  本委員会に付託されました案件は、議第58号平成30年度山形市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についてから、議第61号平成30年度山形市病院済生館事業会計決算認定についてまでの議案4件であります。  本委員会は、10月17日に開会し、当局から、それぞれの会計決算について説明を受けた後、大綱質疑を行いました。  その主な質疑を申し上げます。  一つ、市債残高及び臨時財政対策債の考え方について。  一つ、財源のあり方について。  一つ、市税収入を含めた財政の見通しと予算編成の考え方について、などであります。  これら質疑に対し、当局から答弁があった後、案件を各分科会に分割付託しました。  次に、委員会を10月29日に再開し、各分科会における審査の経過と結果について報告を受けた後、議第58号から議第61号までの議案4件について、一括して採決した結果、いずれも全員異議なく認定及び可決すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~ ◎予算委員長報告 ○議長(斎藤武弘) 予算委員長 19番 武田新世議員。 〔予算委員長 19番 武田新世議員 登壇〕 ○19番(武田新世) 予算委員会における審査の経過と結果について、御報告申し上げます。  本委員会に付託されました案件は、議第62号令和元年度山形市一般会計補正予算です。  本委員会は、10月17日に開会し、この議案について、当局から説明を受けた後、大綱質疑を行いました。  その主な質疑を申し上げます。  一つ、財政調整基金の積み立てについて。  一つ、道路や側溝の維持補修に係る要望件数及びその対応について、であります。  これらの質疑に対し、当局から答弁があった後、案件を各分科会に分割付託しました。  委員会を10月29日に再開し、各分科会における審査の経過と結果について、各分科会委員長から報告を受けた後、議第62号について採決した結果、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。 ○議長(斎藤武弘) 以上で、各委員長の報告は終わりました。  ―――――――――――――――――――― ◎質疑 ○議長(斎藤武弘) これより質疑に入ります。  ただいまの委員長報告に対して、御質疑ありませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(斎藤武弘) 御質疑なしと認めます。  以上で質疑を終わります。  ―――――――――――――――――――― ◎討論 ○議長(斎藤武弘) これより討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論を終わります。  ―――――――――――――――――――― ◎採決 ○議長(斎藤武弘) これより採決に入ります。  日程第2 議第80号及び日程第4 議第58号から日程第26 報第6号までの議案24件を一括して採決します。  お諮りします。ただいまの議案24件を原案のとおり決定することに御異議ございませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(斎藤武弘) 御異議なしと認めます。  したがって、日程第2 議第80号及び日程第4 議第58号から日程第26 報第6号までの議案24件については、いずれも原案のとおり、同意、認定、可決、及び承認することに決定をいたしました。  ―――――――――――――――――――― ◎議員派遣について ○議長(斎藤武弘) 日程第27 議員派遣についてを議題とします。   ~~~~~~~~~~~~~~                          令和元年10月31日             議員派遣について  地方自治法第100条第13項及び会議規則第169条の規定により、次のとおり議員を派遣する。                記 1 令和元年度山形県議会議長議会報研修会  (1)派遣目的 上記研修会に参加するため。  (2)派遣場所 山形県東根市  (3)派遣期間 令和元年11月11日(1日間)  (4)派遣議員 松井 愛、小田賢嗣、鈴木 進、佐藤亜希子、渋江朋博、武田新世 2 台南市市民訪問団  (1)派遣目的 上記訪問団に同行するため。  (2)派遣場所 台湾  (3)派遣期間 令和元年11月12日~16日(5日間)  (4)派遣議員 佐藤秀明、高橋公夫、武田 聡、丸子善弘、須貝太郎、長谷川幸司   ~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(斎藤武弘) お諮りします。お手元に配付しております文書のとおり、議員を派遣することに御異議ありませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(斎藤武弘) 御異議なしと認めます。  したがって、お手元に配付しております文書のとおり、議員を派遣することに決定いたしました。  この際、お諮りします。ただいま議決されました議員派遣について、変更の必要が生じた場合には、議長において措置したいと思います。  これに御異議ございませんか。 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(斎藤武弘) 御異議なしと認めます。  したがって、議員派遣に変更の必要が生じた場合は、議長において措置します。  以上で、本日の日程は全部終了しました。  ―――――――――――――――――――― ◎挨拶 ○議長(斎藤武弘) この際、髙倉正則さん及び市長から発言を求められておりますので、これを許します。  ―――――――――――――――――――― ◎髙倉正則氏挨拶 ○議長(斎藤武弘) 髙倉正則さん。 〔髙倉正則氏 登壇〕 ○髙倉正則氏 先ほどは、副市長の選任に御同意いただき、まことにありがとうございました。  私、浅学非才の身ではございますが、佐藤市長の掲げる健康医療先進都市の実現に向けて、職員と一体となって取り組み、山形市政のますますの発展に誠心誠意努めてまいりたいと考えておりますので、議員の皆様方におかれましては、これまでにも増して、御指導、御鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。  本日はまことにありがとうございました。  ――――――――――――――――――――
    ◎佐藤市長挨拶 ○議長(斎藤武弘) 佐藤市長。 〔佐藤孝弘市長 登壇〕 ○市長(佐藤孝弘) 9月市議会定例会閉会されるに当たり、一言御挨拶を申し上げます。  去る10月7日に招集の今次市議会定例会に提案いたしました各案件について、慎重なる御審議を賜り、それぞれ御決議、御認定等をいただきまして、まことにありがとうございました。  各位には今後とも市政発展のため、なお一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げまして挨拶といたします。  本日はまことにありがとうございました。  ―――――――――――――――――――― ◎閉会議長(斎藤武弘) 以上で、令和元年9月市議会定例会閉会いたします。     午後4時17分 閉 会      議 長  斎 藤  武 弘      副議長  長谷川  幸 司      署名議員 佐 藤  亜希子      署名議員 鈴 木  善太郎...