運営者 Bitlet 姉妹サービス
49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-09 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日) そうしたことを背景に、昨年4月に田辺圏域・在宅医療介護連携支援センターを設立し、田辺市医師会を初めとする医療・福祉団体及び関係者の御協力をいただきながら、切れ目のない医療と介護の提供体制の整備を初め、ICTも含めた情報連携の検討などに取り組んでおり、今後におきましても、誰もが健康で安心して暮らせるよう、田辺医療圏域内の市町とともに、医療と介護の連携に一層努めてまいります。   もっと読む
2018-03-08 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日−07号 教育委員会では、会議の精選や定時退勤日の設定、部活動の休養日と練習時間の設定等、業務改善を学校に促すとともに、ICTを活用した校務支援システムの構築や出退勤システムの学校現場への提供、また、生徒指導補助員、特別支援教育支援員、養護助教員等を配置し、教員の負担軽減に努めています。   もっと読む
2018-03-08 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号 新計画では、学力や体力、道徳教育など以外に家庭や地域が学校運営に参画できる、きのくにコミュニティスクールの推進、情報推進技術教育、ICTのことなんですけれども、これの教員の指導力向上や学校への環境整備、多忙が指摘される教職員の勤務環境の改善、経済的理由による教育格差改善の支援を新たに盛り込み、学力面では、小学6年生と中学3年生を対象にした全国学力テストについて、2022年に県内小中学生の成績をそれぞれ もっと読む
2018-03-07 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月07日−06号 市民サービスといえば広範囲になりますので、今回はICT−−情報通信技術、これを活用した市民サービスについて質問いたします。  最近、公共交通機関では交通系ICカードが普及しています。鉄道やバスを利用する前に、あらかじめ必要に応じてお金をチャージしておき、乗りおりの際に駅の改札機やバスの運賃箱の読み取り部にタッチするだけで運賃の支払いができる、とても便利なカードであります。 もっと読む
2018-03-05 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月05日−04号 IT革命だ、ICTだ、IoTだ、AIだという言葉が飛び交っていますが、これらを活用しても過去のように大きな経済成長は再びやってこないと思います。  平成28年の簡易生命表によると、38歳男性の私は、統計上あと41.88年生きられるそうですが、恐らくその間にはないと思わざるを得ない明るい未来を期待し得ない感にとらわれます。  先ほども申し上げましたが、既に成長社会から成熟社会へと変わっています。 もっと読む
2018-03-01 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−03号 児童福祉総務費中、保育所等ICT化推進事業費補助金2,011万5,000円の補正について、委員から、当該補助金は、保育士の業務負担を軽減するため、保育に関する計画・記録や保護者との連絡、子供の登降園の管理等の業務をICT化するためのシステム導入費用に対し、その一部を補助するものであるとのことだが、システム導入による負担軽減については一定理解するものの、まずは保育士が保育をするという基本に立ち返り、そのための もっと読む
2018-02-23 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-02月23日−01号 第3款民生費1億3,293万円の増額補正は、第1項社会福祉費で、国の補正予算による障害者グループホーム等設置促進事業補助金3,402万4,000円、障害者総合支援費に係る扶助費4億3,467万8,000円などの増額のほか人件費等の精算、第2項生活保護費で、国庫支出金返還金8億1,286万7,000円の増額のほか人件費の精算、第3項児童福祉費で、国の補正予算による保育所等ICT化推進事業費補助金2,011 もっと読む
2017-12-11 田辺市議会 平成29年12月定例会(第3号12月11日) しかしながら、教員の勤務時間の把握につきましては教育委員会といたしましても大変大切なことであると考えており、タイムカードを利用する方法やICTを活用する方法など、どのような方法が可能であるか既に研究を始めているところであります。            (教育長 中村久仁生君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    前田佳世君。              もっと読む
2017-12-11 田辺市議会 平成29年12月定例会(第3号12月11日) しかしながら、教員の勤務時間の把握につきましては教育委員会といたしましても大変大切なことであると考えており、タイムカードを利用する方法やICTを活用する方法など、どのような方法が可能であるか既に研究を始めているところであります。            (教育長 中村久仁生君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    前田佳世君。              もっと読む
2017-12-11 印南町議会 平成29年 12月 定例会-12月11日−02号 ICTを活用したり。例えばなかなか聞くということが課題である子どもがおるんです。 もっと読む
2017-09-19 海南市議会 平成29年  9月 定例会-09月19日−06号 異なる学校間をシステムでつないで、ICTを活用した、例えば遠隔共同学習などは全国的にも行われている取り組みでございますので、今後、また先進地などの情報を得る中で、本市としても何ができるかというあたりについては、検討していきたいというふうに考えてございます。  以上でございます。 ○議長(宮本勝利君) 21番 磯崎誠治君 ◆21番(磯崎誠治君) 先ほど川崎議員から適正配置の問題も出てきました。 もっと読む
2017-09-14 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第2号 9月14日) スマート農業とは、農林水産省の「スマート農業の実現に向けた研究会」検討結果の中間取りまとめ(平成26年3月公表)の定義によれば、ロボット技術やICT等の先端技術を活用し、超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業であるというように定義されています。  では、少し具体的な事例を見ていきましょう。配付の参考資料をごらんください。 もっと読む
2017-09-14 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第2号 9月14日) スマート農業とは、農林水産省の「スマート農業の実現に向けた研究会」検討結果の中間取りまとめ(平成26年3月公表)の定義によれば、ロボット技術やICT等の先端技術を活用し、超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業であるというように定義されています。  では、少し具体的な事例を見ていきましょう。配付の参考資料をごらんください。 もっと読む
2017-03-10 新宮市議会 平成29年  3月 定例会-03月10日−08号 お手元のほうに1枚、裏表の資料を配付させていただいているんですが、一人一人のつまずきをサポートするICT自学教材eboardというものです。これは何かといいますと、NPO法人がつくっている、これはパソコンやタブレットで見ることができる無料のサイトです。ここはまず勉強を動画で、例えば算数であれば算数の授業を見ることができて、さらにそこから問題を解くことができるというものです。 もっと読む
2017-03-10 田辺市議会 平成29年 3月定例会(第3号 3月10日) また、今後、成熟した森林資源を最大限活用するため、平成29年から開校する県の農林大学校・林業研修部卒業生の地域内への就労支援を積極的に行いながら、皆伐作業員など担い手の育成を推進し、本地域に適した林業生産システム及びICTを活用した流通システムを確立させるなど、さらなる木材生産力の強化を図り、循環型林業の促進と森林環境の保全を両立させるよう、国の言う林業成長産業化に取り組み、さらに創設が見込まれている もっと読む
2017-03-09 印南町議会 平成29年  3月 定例会-03月09日−01号 教育費では、学習支援員の配置及び処遇改善に2,241万8,000円、ICT教育の推進に720万3,000円の増であります。  次に、性質別経費の主なものでありますが、人件費では6億4,098万8,000円で、2,084万7,000円の減額で、職員構成の変化及び職員共済組合特別負担金の減額によるものであります。  扶助費では5億5,032万3,000円となり、1億2,940万3,000円の増額。 もっと読む
2017-03-09 印南町議会 平成29年  3月 定例会-03月09日−01号 教育費では、学習支援員の配置及び処遇改善に2,241万8,000円、ICT教育の推進に720万3,000円の増であります。  次に、性質別経費の主なものでありますが、人件費では6億4,098万8,000円で、2,084万7,000円の減額で、職員構成の変化及び職員共済組合特別負担金の減額によるものであります。  扶助費では5億5,032万3,000円となり、1億2,940万3,000円の増額。 もっと読む
2017-03-08 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月08日−07号 貸し出しについては、近年、ICTの向上、普及により、随分と簡単に行うことができるようになっています。ICTと一口に言っても、コンピューター等による資料の検索、無線LANの整備やICタグを活用、運用することにより、図書館におけるさまざまな業務の効率化、OPACと言われるオンラインの蔵書目録の整備などさまざまです。   もっと読む
2017-03-08 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月08日−07号 貸し出しについては、近年、ICTの向上、普及により、随分と簡単に行うことができるようになっています。ICTと一口に言っても、コンピューター等による資料の検索、無線LANの整備やICタグを活用、運用することにより、図書館におけるさまざまな業務の効率化、OPACと言われるオンラインの蔵書目録の整備などさまざまです。   もっと読む
2017-02-28 新宮市議会 平成29年  3月 定例会-02月28日−01号 現在、少子化とともに保護者ニーズは複雑化し、より魅力のある保育・教育を実施する園が選択される時代となっており、保育の質とさらにプラスアルファが求められることから、本園では、英語、iPadを使用したICT教育、そろばん及び体操の四つの課外教室を充実させ、園児だけでなく小学生も対象としておりました。 もっと読む