1075件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

次に、地籍調査事業費にかかわって、筆界未定となる割合とその理由についてただしたのに対し、「昭和62年から平成27年までの筆界未定割合は3.15%であり、その主な理由は住所不明が20%、相続人不存在等が5%、不立会が11%、所有者間の意見相違、紛争等が28%、道路内部等の一体的利用で筆界確認できないものが25%となっている」との答弁がありました。

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

支援を必要とする子供たちの影響で学級崩壊などの問題が起こっていないのか。以前、多動な子供たちでなかなか授業ができないというふうなことが起こっているというお話を聞いていますが、今現在そういう問題は起こっていないのか、お答えください。             (6番 久保浩二君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    教育長。             

田辺市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

1定議案第55号 市道路線の認定について、道路法第8条第2項の規定により議会の議決をお願いするものです。  本件は、市道上の山48号線ほか10線を認定するものです。位置図は、198ページから203ページまでを御参照願います。  次に、204ページをお願いします。  

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

53ページにまいりまして、道路橋梁費、道路維持費につきましては、市内各地の市道補修工事の入札等による不用額を減額するもので、道路新設改良費につきましては、市道稲成町51号線及び市道稲成町20号線について、事業内容の変更及び入札による不用額を減額するものです。  

田辺市議会 2018-12-20 平成30年12月定例会(第5号12月20日)

また、職員の駐車場の問題、周辺道路問題などについては今後の課題と答弁で繰り返すのみで、いまだ解決の見通しも示されないままに事を急ぐ態度は、秋の臨時国会で起こったような、課題を上げれば切りがないから討論を打ち切ろうと言わんばかりです。決め方、進め方に市民や職員への配慮が感じられません。  

高野町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会 (第3号12月14日)

境内道で町道になっている部分といえば、町民の人が通るというか、使うということで、表面だけは役場のほうで保守管理していくというところと、そしてまるった借地というんですか、借りて町道にしていると、そういった関係の道路がたしか23カ所やったか、何カ所かあると思うんです。  

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

また、文里湾横断道路に関しても、文里と対岸の跡の浦町内会役員との間で一定の了承がとれた後、次の段階として住民説明会を行い、そこではあれば便利だという消極的賛成の声と、防災の観点や税金の使い方として厳しい反対の意見などさまざまに意見が出されても基本設計へと事業を進めています。  

高野町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会 (第2号12月10日)

また、台風の通過とともに、土砂等で通行に支障がある場所につきましては、道路の開放に向けまして、職員、また高野町建設業協会の協力のもと、早期に作業を行っています。また、国道、県道等道路の状況につきましても、伊都振興局と情報共有をして、対応に当たっております。  

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

関西電力は、通行どめ等の道路情報が把握できず、また倒木などの障害物が妨げとなり復旧作業におくれが生じるなど、停電復旧の初動対応に問題があったのではないかなというふうに考えます。  また、市民は停電の復旧見込みが伝えられず不安な日々を送ることになりました。

高野町議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会 (第1号12月 4日)

今後、県との連携をより一層連携を進めて、道路の整備等諸課題に対して協働で取り組んでまいりたいというふうに考えておるところでございます。  また、国会のほうでは水道法の一部を改正する法律案と、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案の二つの法案が成立する見込みとなってきております。

田辺市議会 2018-11-28 平成30年12月定例会(第1号11月28日)

これまで3期12年の中で、県政のさまざまな課題に取り組まれ、とりわけ社会インフラの整備におきましては、長年にわたる大きな政治課題でもある高速道路や幹線道路網の整備を初め、防災対策、県財政の安定化などの課題解決に向け尽力されてこられました。

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

このセクハラ問題というのは、加害者の問題ではなく被害者の問題と私は今まで認識している。それでセクハラ問題というのは人権問題。憲法は何人も他人の人権を侵すことはできないと憲法で大きく明示したあるのに、大西議員の発言が憲法には抵触せんというのは、どういう理由ですか。 ◆17番(大西強君)   最初に断っておきます。あなたと違って私は大学法学部出て刑事をしているんだ。違うねん、聞かんかい。

高野町議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会 (第3号 9月20日)

2項道路橋梁費1目道路維持費、補正額407万4,000円の減、補正後の額8,275万7,000円、2節256万2,000円の減、次のページをお願いします。3節100万1,000円の減、4節73万6,000円の減、11節22万5,000円。2目道路新設改良費、補正額300万円、補正後の額7,046万1,000円、13節300万円。

田辺市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会(第4号 9月20日)

二つ目、市民アンケートでは、アクセスのよさ、防災拠点機能の強化が最も多く求められていたにもかかわらず、そのどちらにも問題があること。三つ目、市はそれら問題を認めつつも具体策を何ら示さず、東山が最適だという納得のいく説明をしてこなかったこと。四つ目、122億円の総事業費は、身の丈に合っているとはいえず、多大な負担は長きにわたって市の財政に大きな影響を及ぼすこと。

新宮市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号

今、認知症は、日本だけではなく世界的に問題になっております。それを新宮市の子供たちが問題なく受け入れられる大人に成長する持続可能な開発の一つとならないかと考えますが、いかがでしょうか。 ◎教育長(楠本秀一君)   認知症のことを学んで、思いやりであるとか命の大事であるといったことを子供たちが学んでいくというのは大切なことだと思います。  

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

幸いにして人的被害はなかったようでありますが、記録的な強風により、家屋の屋根がはがれたり、倒木による停電、道路の通行不能箇所など多数発生しております。被災された皆様に対しまして、心よりお見舞いを申し上げます。  特に、生活に大きな影響を及ぼす停電が多くの地区で長時間にわたり発生し、今なお復旧がならずに不自由な生活を強いられている地区もあり、早期の復旧を願うばかりでございます。  

田辺市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会(第3号 9月10日)

(6番 久保浩二君 登壇) ○6番(久保浩二君)    私たちの提案で不便はなくなるということは理解していただけているというふうに今の答弁でも思うのですが、事務事業を進めるということだったら、別にほかに庁舎整備をするときに、私たちが提案するようなものをつくってするというのは別に問題ないということでよいというふうに私は理解したのですが、デメリットについて、職員の問題、そして効率の問題、お金の問題、金曜日

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

大規模災害が発生すると、まず初動対応として災害対策本部を設置し、人命救助、道路の啓開、避難所の開設などに追われます。そして、次に復旧活動として、道路やライフラインの復旧、がれきの処理や応急仮設住宅などの対応に追われます。そして、その後が復興になるわけです。この復興には、土地の区画整理や集団移転、そして漁業集落機能の強化や産業の復興となります。

新宮市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

しかし、西側駐車場から庁舎東玄関までの道路には横断歩道は設置されておりません。市民にとって左右をよく確認し、道路を横断しなければならず、危険が伴っております。陳情人が執行者に提案している代替地によって東玄関の第1駐車場が拡大されることで、市民の安全性が少しでも確保されるものと確信いたしております。