406件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高野町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会 (第3号 6月26日)

       西 上 邦 雄   教育長       角 濱 正 和   会計課長      辻 本 寛 美   企画公室長     中 尾   司   総務課長      辻 本 幸 弘   税務課長      和 泉 ひろみ   産業観光課長    茶 原 敏 輝   福祉保健課長    苗 代 千 春   建設課長      小 西 敏 嗣   生活環境課長    松 本 嘉 文   防災危機対策室長

高野町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会 (第2号 6月24日)

       西 上 邦 雄   教育長       角 濱 正 和   会計課長      辻 本 寛 美   企画公室長     中 尾   司   総務課長      辻 本 幸 弘   税務課長      和 泉 ひろみ   産業観光課長    茶 原 敏 輝   福祉保健課長    苗 代 千 春   建設課長      小 西 敏 嗣   生活環境課長    松 本 嘉 文   防災危機対策室長

高野町議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会 (第1号 5月10日)

起債の目的過疎対策事業。  補正前の限度額1億8,550万円。  起債の方法、証書又は証券借入。  利率、4.5%以内(ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び地方公共団体金融機構資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)  償還の方法。償還の方法・期限については、借入先の条件に従う。

高野町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会 (第5号 3月20日)

過疎対策事業。  限度額300万円。  起債の方法、利率、償還の方法は先ほどと同じです。  合計。限度額600万円。  7ページ目をごらんください。  2 歳入。  1款水道事業経営収益1項営業収益1目給水収益、882万5,000円、1節844万7,000円、2節33万5,000円、3節4万2,000円、4節1,000円。2目受託工事収益、5万4,000円、1節5万3,000円、2節1,000円。

高野町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会 (第4号 3月14日)

起債の目的過疎対策事業。  限度額、1億5,690万円。  起債の方法、証書又は証券借入。  利率、4.5%以内(ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び地方公共団体金融機構資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)  償還の方法、償還の方法・償還期限については、借入先の条件に従う。

高野町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会 (第3号 3月12日)

これ何かの対策を打っておかないとやっぱり困る住民が出てくると私は思いますが、その辺、規則か何かでうたえることはできないでしょうか。町長に僕はお伺いします。よろしく。 ○議長(大西正人) 苗代福祉保健課長。 ○福祉保健課長(苗代千春) すみません。規則のほうでその事項を追記させていただきます。  以上です。 ○議長(大西正人) 答弁はありませんか。  平野町長。

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

この事業は増税によって消費が落ち込むことへの対策が口実です。平成26年に消費税8%に増税された際にも臨時福祉給付金が平成26年から29年まで支給されました。しかし、その後、家計消費はひと月も増税前の水準を上回ったことがないのは政府も認めているところです。  また、商品券の使用期限は、増税時からわずか9カ月間です。

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

       西 上 邦 雄   教育長       角 濱 正 和   会計課長      辻 本 寛 美   企画公室長     中 尾   司   総務課長      辻 本 幸 弘   税務課長      和 泉 ひろみ   観光振興課長    茶 原 敏 輝   福祉保健課長    苗 代 千 春   建設課長      小 西 敏 嗣   生活環境課長    松 本 嘉 文   防災危機対策室長

高野町議会 2019-02-18 平成31年第1回臨時会 (第1号 2月18日)

       西 上 邦 雄   教育長       角 濱 正 和   会計課長      辻 本 寛 美   企画公室長     中 尾   司   総務課長      辻 本 幸 弘   税務課長      和 泉 ひろみ   産業観光課長    茶 原 敏 輝   福祉保健課長    苗 代 千 春   建設課長      小 西 敏 嗣   生活環境課長    松 本 嘉 文   防災危機対策室長

高野町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会 (第3号12月14日)

起債の目的過疎対策事業。  補正前の限度額1億9,440万円。  起債の方法。証書又は証券借入。  利率。4.5%以内(ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び地方公共団体金融機構資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)  償還の方法。償還方法・期限については、借入先の条件に従う。

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

今回は、鳥獣害対策について、農地利用円滑化事業・農地中間管理事業について、スポーツ振興についての3項目お聞きしたいと思います。  まず、1項目めの鳥獣害対策について、防護柵補助金の実績についてお聞きしたいと思います。  鳥獣害対策については、今までも多くの議員さんが一般質問をされていますが、なかなか減っていかないのが現実のように思われます。

高野町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会 (第2号12月10日)

それから、先日ですけれども、これは聞きたいんですけれども、自主防災組織のことも考えてですけれども、防災の出前授業というのを小学校体育館、また運動場でしたわけですけれども、それはこちらの防災対策室のほうで考えたんですかね。 ○議長(大西正人) 井上防災危機対策室長。 ○防災危機対策室長(井上哲也) まず、先日の高野山小学校での防災学習ですけども、それはうちのほうで企画させていただきました。

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

また、給水対応については、上水道施設による供給基本としながら、拠点給水や河川水、家庭井戸水及び災害対策用造水器等による応急給水体制を整えることとしており、備蓄拠点への受水槽、高架水槽の配備等さまざまな対策を講じています。  しかし、地震発生時の状況によっては、市民の方々が例え水の備蓄を行っていたとしてもこれを持ち避難できるとは限りません。

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

この事件のシチュエーションは、議会事務局で濱田副議長ほか複数の議員事務局職員のいる中で、市議会地域医療介護対策特別委員会副委員長の北村議員が委員長である私、大西に行政視察の日程表を説明する際に、そのプリントをのぞき込もうとした私の手がちょこっと北村議員の臀部に当たったということであります。

高野町議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会 (第3号 9月20日)

起債の目的過疎対策事業。  補正前の限度額1億9,220万円。  起債の方法。証書又は証券借入。  利率。4.5%以内(ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び地方公共団体金融機構資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)  償還の方法。償還方法・期限については、借入先の条件に従う。

高野町議会 2018-06-28 平成30年第2回定例会 (第3号 6月28日)

       西 上 邦 雄   教育長       角 濱 正 和   会計課長      辻 本 寛 美   企画公室長     中 尾   司   総務課長      辻 本 幸 弘   税務課長      和 泉 ひろみ   産業観光課長    茶 原 敏 輝   福祉保健課長    苗 代 千 春   建設課長      小 西 敏 嗣   生活環境課長    松 本 嘉 文   防災危機対策室長

高野町議会 2018-06-26 平成30年第2回定例会 (第2号 6月26日)

       西 上 邦 雄   教育長       角 濱 正 和   会計課長      辻 本 寛 美   企画公室長     中 尾   司   総務課長補佐    辻 本 和 也   税務課長      和 泉 ひろみ   産業観光課長    茶 原 敏 輝   福祉保健課長    苗 代 千 春   建設課長      小 西 敏 嗣   生活環境課長    松 本 嘉 文   防災危機対策室長

田辺市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第2号 6月25日)

ですから、農地の基盤整備や地すべり対策の盛土材として利用しても特に問題はありません。  長期にわたる処分場のような形態ではなく、短期で仕上げられる場所を数多く探すことにより、処分場の管理の問題などが解消できると思います。せっかくの有効資源である建設残土を農地基盤整備、防災対策に活用すべき対策を一考していただきたいと思います。