276件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

また、台風豪雨により使用が不可能となっていた龍神の小家谷口の公衆トイレ、これの移転事業の予算も組まれておりますし、また、先日私も街なかを歩いてずっと見ておりますが、空き家が大変多くなってきて深刻な問題となっております。その街なかに移住する方への、特に県外から街なかへ移住される方への利用をする場合の空き家の改修費用が組み込まれておりますが、これもやっぱりなかなか課題は山積していると思います。

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

そこで、高台移転など別の土地で建てかえや転居の際に住宅を取り壊すことも補助対象にすれば、高台移転の促進や将来的な空き家予防にもつながると考えます。  以上2点についてのお考えをお聞かせください。             (4番 前田佳世君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    建設部長。            

田辺市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

159ページから161ページまでの都市計画費、都市計画総務費2億1,194万7,000円は、職員の人件費ほか、主なものとして都市計画審議会及び景観審議会開催に要する経費のほか、不良空き家等除却に要する補助金及び都市計画事業推進に伴う各種協会への負担金等です。  

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

本年度、駅前商店街の外観修景や市街地活性化施設の整備を完了させるとともに、中心市街地において増加する空き家・空き店舗の活用や起業・創業を支援することにより、引き続き中心市街地の再生に取り組んでまいります。  

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

また、田辺出身の方に急激にふえている空き家の清掃や周辺の草刈り、お墓の清掃や管理などの返礼メニューがあってもいいのではないのでしょうか。今後の対策や取り組みについてお聞かせください。よろしくお願いします。             (8番 福榮浩義君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    企画部長。            

高野町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会 (第2号12月10日)

なかなか富貴の場合、畑とかはあるんですけれども、住むとこが一番のネックになってきてると思うんですけれども、空き家はあってもなかなか貸してくれない、またなかなか住める状況じゃないということで、難しい点もありますけれども。今後、町としてその点についてはどう思っているのか、その辺のところ、最後答弁願いたいと思います。 ○議長(大西正人) 茶原観光振興課長。

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

また、平成25年度住宅土地統計調査によりますと、田辺市の空き家率は全国平均の13.5%を大きく上回る18.9%となっており、そのうち駅から2キロ圏内の空き家が52.2%と市街地に空き家が集中しているという現状であります。  

田辺市議会 2018-11-28 平成30年12月定例会(第1号11月28日)

次に、都市計画総務費の不良空家等除却補助金にかかわって、現在の空き家数と補助申請状況について説明を求めたのに対し、「空き家数は3,000から3,500軒を想定しており、現在実態調査を行っている。補助申請件数は平成29年度実績で11件、平成30年度は既に予算額に近い17件程度を予定している」との答弁がありました。

高野町議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会 (第3号 9月20日)

このお見舞金は居住地ということになっておりますので、住んでいないところですね、いわば空き家とか、あと主に店舗が多いところであるとか、そういうところには該当しません。あくまでも住んでらっしゃる場所ということで、お見舞金のほうを支給させていただこうと思っております。  以上です。 ○議長(大西正人) 6番、中前君。 ○6番(中前好史) 被災された方は大変気の毒なことです。

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

職種がら、個人の部分というのはほとんどありませんので、地域振興については空き家の情報であったりとか、いろいろと個人情報を扱う部分があるので2階で勤務をさせているような状況ですので、ただ、先ほどの職員の勤怠のこともありますので、そこは仕事がしやすいような環境、どうしていったらいいのかというのは、また担当課と相談をしながら、予算上、議会に対してもお願いする部分が出るかもわかりませんけれども、検討させていただけたらなというふうに

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

この厳しい財政状況の中で、高度経済成長期に建設された公共施設やインフラの老朽化、地域公共交通の縮小・撤退、空き家、空き店舗、町内会や自治会といった住民組織の低下等、人口減少による多くの課題があることに、改めて人口減少問題への対応の必要性を思う次第です。  今回は、その中で、老朽化による公共施設・インフラの更新問題についてお聞きしたいと思います。  公共施設の現状についてまずお聞きします。

新宮市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

浜野医院周辺には民間の空き家、空き地が多数存在しているにもかかわらず、なぜ市民の共有の財産である市有地の払い下げを求めるのか。病院施設用地の確保、経営の拡大等は、あくまでも民間事業者である病院経営者の経営能力、努力の中で成長していくことが大事な社会通念となっている。私から見れば公私混同をしているように感じざるを得ません。

印南町議会 2018-08-06 平成30年  8月 臨時会-08月06日−01号

ですので、強制的にどうのこうのということは今考えてございませんし、それが可能なのかどうかも分かりませんけども、あらゆる場所等を活用しまして安全確保、ブロック塀ではなくて空き家等もそうですけども、そういう中で安全確保の啓発について十二分に伝えていきたいと考えています。  以上です。 ○議長 質疑を終わります。  討論を行います。 ◆議員 「なし。」 ○議長 討論を終わります。  

新宮市議会 2018-06-28 平成30年  6月 定例会-06月28日−06号

中心商店街の空き家、店舗、空き地の実態を見ると、全く失われた10年と言っても過言ではありません。学校再編に伴い、旧丹鶴小学校跡地への文化複合施設整備計画は衰退する新宮市街地の再生、活性化として、にぎわいの拠点に位置づけており、一日も早い施設整備の完成が多くの市民から求められているのであります。全く総合的なまちづくりのビジョンがないまま、時間がない理由で建物建設を一方的に進められています。  

高野町議会 2018-06-26 平成30年第2回定例会 (第2号 6月26日)

そして、この地域ですばらしい教育制度を立ち上げていることが、移り住んでくれる現象を生み出し、空き家対策にもなり、人口が増えることは、高野山の創生を目指すことにもつながってくるのではないかとこのように提案するわけであります。よろしくお願いいたします。  次に、ビジターセンターの建設地について、確認事項としてお伺いをいたします。  

海南市議会 2018-05-14 平成30年  5月 臨時会-05月14日−03号

当初、駅近くは、ミカン畑とかあるんやけれども、そこに家が建ってきれいなまちができるという説明もしてあるんで、そのことを受けて、市民の皆さん、よっしゃということでやっているわけなんで、今見れば駅近くは、非常に空き地やまた空き家とかふえてきています。環境も非常に悪化しています。  ですから、やはり今のうちに計画をきちっと見直しして、早期完成をするべきだと考えております。  

高野町議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日)

ただ、募集してこないというだけかもしれませんが、たくさんおうちを持ってらして、空き家だらけです、高野山は学生も減りまして。ですから、このようにもっと安い家賃のところもあるかもしれませんよ。それを引き続いてここが寮みたいに、職員寮みたいになっていってるという形がだめでしょう。そういうものをつくるべきではないと思うんですよ。

田辺市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日)

しかし、昨今の特に大都市部における外国人観光客の増加による宿泊施設の不足、空き家の増加、当時はなかったインターネットを介した新しいビジネスモデルの出現で旅館業法だけでの対応が困難になってきたことから、新たに既存の住宅を宿泊用に活用する民泊という営業形態に関する法律である住宅宿泊事業法が、平成30年6月15日に施行されます。

印南町議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会-03月12日−02号

「余った町有地の流動化や、遊休地の解消のために、空き家バンクの土地版である空き地バンクの創設を考えてはどうか」についてでございますが。国土交通省が平成29年9月に公表している「全国版空き家・空き地バンクの構築運営について」ということで、2つございまして、1、「需給のミスマッチの解消や、新たな需要の創出等により、空き家・空き地バンク等の流動性を高め、有効活用を推進していく」と。