693件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

市が実施する事業である以上何か手だてができないかただしたのに対し、「地籍調査においては、住所不明者の場合、復元性のある座標に基づいた測量図があれば、告示し不立会案として筆界確認する制度がある。また、法務局では登記官の権限で筆界を確認する筆界特定制度があり、国は地籍調査において、この制度の運用ができないか検討中である」との答弁がありました。  以上、委員長報告といたします。  

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

低所得者や子育て世代向けに限定した対策とのことですが、所得税に給付つき税額控除制度を導入することも考えられますが、1番喜ばれることは増税しないことです。商品券を使って買い物をすれば、レジで私は低所得者ですと言うようなものだとの声も上がっています。

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

本年、我が国は新しい元号に改まり、いわば新たな時代に移り変わろうとする中、本格的な人口減少社会を迎え、人工知能やIoTなど、科学技術の革命的進化や超情報化等によるソサエティ5.0と呼ばれる第5段階の社会、超スマート社会が到来すると言われており、これまでの生き方や働き方が大きく変革する時代に突入しました。  

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

人災とは、日常生活で差別を受けたり人権が十分に保障されない人たちができてしまうということです。阪神・淡路大震災の際、死亡者の50%以上が高齢者でした。また、障害者の死亡率や負傷率は全体の平均に比べて高くなったそうです。震災弱者は震災のときだけでなく、日常生活においても社会的弱者であると言われています。

田辺市議会 2018-11-28 平成30年12月定例会(第1号11月28日)

しかし、この医療制度は、医療に頼らざるを得ない75歳以上の高齢者だけを一般の医療制度から切り離し、受けられる医療を制限し、十分な医療が保障されないという制度の根本に問題があります。  介護保険特別会計決算について、介護保険は3年ごとに制度が見直され、見直しのたびに保険料が引き上げられており、高齢者の生活を脅かす負担増が続き、市民から悲鳴の声が上がっています。要介護3以上でないと施設入所ができない。

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

私たちは、社会常識の上に立って社会生活を営んでいるのであって、このようなささいな程度のことが社会通念上、「性的嫌がらせ」や「わいせつ行為」と認められるはずがないのであります。よって、私が北村議員に対して「セクハラ行為」を行ったという法的・道義的事実は存在しないのであって、北村議員が大西から「性的嫌がらせ」を受けたということは虚偽の事実であります。

田辺市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会(第4号 9月20日)

3定議案第9号 平成30年度田辺市一般会計補正予算(第3号)につきましては、歳出第2款総務費、第3項戸籍住民基本台帳費が、国が進めるマイナンバー制度の戸籍事務への導入に対応するものであることから認めるわけにはいきません。

新宮市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−05号

陳情は、法律上保障された権利として行使するものではなく、事実上の行為に過ぎないというのが陳情の性格です。これは地方議会運営辞典にその性格を記載されております。同じようなものに請願がありますが、請願については、一般的な規定が請願法に定められているのとは大きな違いです。

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

このように、人口減少が進行していった場合、私たちの地域の生活にとり、具体的にどのような影響が出てくるのか見てみると、生活関連サービス、サービス産業の縮小、経済産業活動の縮小により税収入が減少、社会保障費の増加等で地方財政は厳しさを増していく。

海南市議会 2018-06-15 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号

また、高齢化の進展により、社会保障費の増加等もある中で、引き続き国、地方では厳しい財政状況にあることを踏まえ、たばこ税の見直しが行われました。  たばこ税の税率を平成30年10月1日から平成33年10月1日まで3段階に分け、国と地方合わせて1円ずつ、計3円引き上げられることとなります。  

田辺市議会 2018-03-23 平成30年 3月定例会(第5号 3月23日)

通学バス、住民バス、診療所巡回バス、また民間の路線バス補助や社会福祉協議会の外出支援等、さまざまな対策ができています。今後はこの制度をいかに充実させていくかが課題だと思います。社会福祉協議会との連携や移動販売等について、農協や地元の商店との協議を深め、現状をよりよい方向に向かわせるのが一番の対策と考えます。  以上のことをもって、本請願に対して反対の討論といたします。             

印南町議会 2018-03-15 平成30年  3月 定例会-03月15日−04号

こちらの表につきましては、地方消費税交付金に関して、社会保障財源化分4,500万円につきまして、消費税の3%アップ分、平成26年4月1日に5%から8%に消費税が3%アップされた、その部分の財源内訳でございます。歳出のところの社会保障4経費とは、年金、介護、医療、子育て支援策等でございます。後ほど、この表につきましてもご高覧いただきたいと思います。  

印南町議会 2018-03-14 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号

○議長 −住民福祉課長− ◎住民福祉課長 制度的な財政運営に係るご質問もあったということでございます。特に激変緩和ということですので、私のほうから、まず、それについて答弁させていただきます。  議員ご指摘のように、国費を相当額投入しまして、今回の国保の制度改正が行なわれていると。国保制度のみならず、他の保険制度においても応分の改正を行なっているということでございます。  

田辺市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日)

そうして年月が積み重なる中、徐々に民間福祉事業者もふえ、2000年の介護保険制度がスタートすると、株式会社も福祉の分野に進出し、さまざまな種類の福祉サービスが展開されているところであります。  このような社会情勢の変化の中、今後行政として社協に期待する活動内容等、将来展望についてお聞かせを下さい。よろしくお願いいたします。             

印南町議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会-03月12日−02号

例えば、1.2で借りてあるとか、1.0で借りてあるとか、0.8で借りてあるやつとか、それもかつ、利子が国から交付税で負担されるようなやつが保障されてある臨財債みたいなやつだったら、今ある基金で、先、金利の高い借金を返してしもたらええん違いますか、という話もしたいんです。基金は64億円あるけれども、借金も64億円、65億円あるんですよね、多分。

田辺市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日)

でも、高齢者のドライバーの事故率というのも心配になってきますので、事故を防ぐという観点からも返納した後に、そのかわりとなる保障というものを考えていく必要があると思います。  また、高齢者率についてですけれども、高齢化がピークに達する2040年には、国全体で高齢者率65歳以上が41.3%になるとのことです。

新宮市議会 2018-03-09 平成30年  3月 定例会-03月09日−07号

消防団協力事業所表示制度があると聞きます。どのような制度で、新宮市にあっては該当する事業所があるのか聞きます。 ◎消防本部庶務課長(垣内一男君)   お尋ねの、消防団協力事業所表示制度についてお答えいたします。  この制度は、消防団員の就業体系がサラリーマン化される中で、消防団活動に協力している事業所に対して、社会的貢献のあかしとして表示証を交付するものでございます。

高野町議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会 (第2号 3月 8日)

それも地域活性化のためにあの1階のフロアを積極的に開放して、あそこでいろんな方々がもうけれる、稼げるような場所になればというふうにも思っておりますので、そのあたりの制度づくりもこれから一生懸命つくっていくようにしたいというふうにも思っております。