運営者 Bitlet 姉妹サービス
259件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-08 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日−07号 次に、ドクターカーの要請基準につきましては、119番通報時に胸の痛みが10分以上続く場合、交通事故で車の外に放り出されているなどの重症が疑われるキーワードがあった場合に、指令センター員や現場救急隊の判断で救急隊とともにドクターカーを出動させています。  平成29年1月16日から平成30年1月15日までの1年間のドクターカー出動実績は442件で、378人を搬送しています。 もっと読む
2018-03-06 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月06日−04号 私たち市民の苦しみや痛みをわかっているのでしょうか。歴代の助役、副市長はいろいろな課題に対して矢面に立ってきたはずです。副市長は一般職員ではないのです。行政の実務最高責任者、副市長として、一部の業者との癒着はいうまでもなく、一部の職員との私的な親しい関係も慎重にしないといけないはずです。同行した市のOBは、大西先生が人事評価の矛盾を指摘した前行政局長とも聞いております。 もっと読む
2018-03-01 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−04号 都道府県は実際に市町村と違って直接痛みはわからんのよ。市民や住民の声が直接はね返っていかんのですから。だからそういうことも非常に心配されます。それはもう質疑は続けませんけれども。  後期高齢者医療の場合は海南市から人員派遣していますね。国保会計の場合は都道府県になって、人員など派遣をするのか。 もっと読む
2017-12-06 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月06日−05号 これは、3問目で、市長の思いとかいろいろ現場を見て感じたこと、それから災害に対してどういう考え方であるとか、人の痛みをどう思ってくれているのであるとか、いろいろ午前中の松本議員の答弁をお聞きしまして、なるほどな、ここまで考えてくれてるんだなとちょっと思いました。   もっと読む
2017-03-29 新宮市議会 平成29年  3月 定例会-03月29日−09号 次いで、議案第18号において、委員中より「市長、副市長、教育長の給与を減額する条例とのことだが、本条例を提出するに至った理由は」との質疑があり、当局より「新年度予算では、市民に我慢していただくことが多くあるため、三役としても少しでも痛みを分かち合おうということで減額することにしました」との答弁がありました。   もっと読む
2017-03-09 新宮市議会 平成29年  3月 定例会-03月09日−07号 昨年の区長連絡協議会において、台風後、復旧・復興は進めておりますが、地域住民の心の痛みはまだ残っておるという状態で、熊野川の景観もよくないということで、ことし、今月3月末になると思いますけれども、各地域で桜の木を80本植える予定でございます。 ◆10番(久保智敬君)   ありがとうございます。  前回の治水対策協議会での新宮市からの要望ですが、二つありましたね。 もっと読む
2017-03-03 海南市議会 平成29年  2月 定例会-03月03日−05号 ○議長(宮本勝利君) 20番 宮本憲治君 ◆20番(宮本憲治君) 市民の所得は下がってきていて生活が苦しい、痛みを分かち合うべきだ、この今回の条例の立法趣旨の一つ、これは十分理解できますし、そのとおりだと思います。  また、国民健康保険の被保険者の税負担がもう限界に達していると、だから繰り入れが必要であると、それもそのとおりだと思います。   もっと読む
2016-03-09 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月09日−07号 ランドセルを背負って間もない子供が初めて経験した例えようのない痛み、そして、その痛みを相手に伝えられない言語力。病院到着後、すぐ緊急手術。まだやわらかいはずの骨が完全に折れていました。結果、長期入院を余儀なくされ、院内授業を受けました。  母親は、その院内授業をしている先生が1年前の自分の学校にいたことを知っていました。だから、今回のことを許せないんだと相談をしたわけです。   もっと読む
2016-03-09 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月09日−07号 ランドセルを背負って間もない子供が初めて経験した例えようのない痛み、そして、その痛みを相手に伝えられない言語力。病院到着後、すぐ緊急手術。まだやわらかいはずの骨が完全に折れていました。結果、長期入院を余儀なくされ、院内授業を受けました。  母親は、その院内授業をしている先生が1年前の自分の学校にいたことを知っていました。だから、今回のことを許せないんだと相談をしたわけです。   もっと読む
2016-03-08 新宮市議会 平成28年  3月 定例会-03月08日−04号 患者とその家族に対して、痛みやそのほかの身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処を行うことによって苦しみを予防し和らげることでクオリティオブライフを改善するアプローチのことです。医療センターにおきましては、地域のがん医療の位置づけと治療はもちろんですがメンタル面においての対処はどのようにされているのでしょうか。 もっと読む
2015-09-18 高野町議会 平成27年第3回定例会(第3号 9月18日) 夜にたとえ注射の1本でもしてもらって、痛みをとめて、そのまま救急車で行くのと、そのまま行くのとでは随分違います。救命士の方は注射は打てません。痛いまま運ばれるのと、ちょっと救急処置をしてくださるのとでは、偉い違いが出ると思いまして、不安から少しは解消されるんではないかという思いをずっと持っております。 もっと読む
2015-09-18 高野町議会 平成27年第3回定例会(第3号 9月18日) 夜にたとえ注射の1本でもしてもらって、痛みをとめて、そのまま救急車で行くのと、そのまま行くのとでは随分違います。救命士の方は注射は打てません。痛いまま運ばれるのと、ちょっと救急処置をしてくださるのとでは、偉い違いが出ると思いまして、不安から少しは解消されるんではないかという思いをずっと持っております。 もっと読む
2015-06-24 和歌山市議会 平成27年  6月 定例会-06月24日−02号 大人になっても集団に適応できない、感情の起伏が大きい、人の痛みがわからない、そういうことで人を傷つけてしまう、罪を犯してしまうというケースがふえているように思います。子供のころに集団でたくさん遊んでいたら、そういうことにはならなかったのではないか、そう思えてなりません。もちろん全てが子供のころの遊びで解決できるとは思いませんが、少なくとも何らかの影響はあると考えます。   もっと読む
2015-06-24 和歌山市議会 平成27年  6月 定例会-06月24日−02号 大人になっても集団に適応できない、感情の起伏が大きい、人の痛みがわからない、そういうことで人を傷つけてしまう、罪を犯してしまうというケースがふえているように思います。子供のころに集団でたくさん遊んでいたら、そういうことにはならなかったのではないか、そう思えてなりません。もちろん全てが子供のころの遊びで解決できるとは思いませんが、少なくとも何らかの影響はあると考えます。   もっと読む
2014-12-02 田辺市議会 平成26年12月定例会(第1号12月 2日) 共通しているのは、市民の暮らしに寄り添い、痛みを共有し、それを少しでも改善していこうという姿勢に欠けているということです。  以上が、一般会計に対する反対の理由です。  次に、国保事業特別会計については、一人当たりの保険税が9万212円で、不況の中では負担が大きく、払いたくても払えないというのが実態です。 もっと読む
2014-03-25 印南町議会 平成26年  3月 定例会-03月25日−07号 今、加速の一途をたどる高齢化社会、また高騰する医療費に加え、長期化する経済の低迷等厳しい運営の状況下の中、平成29年の都道府県化を目前に、被保険者一人一人が健康な身心を築くことに努めるとともに、国民皆保険制度の理念を十分に理解し、税条例改正など目の前の痛みにともに耐え、安心して受けられる医療保険制度を持続することが重要であることを申し上げまして、賛成討論といたします。  以上です。 もっと読む
2014-03-25 印南町議会 平成26年  3月 定例会-03月25日−07号 今、加速の一途をたどる高齢化社会、また高騰する医療費に加え、長期化する経済の低迷等厳しい運営の状況下の中、平成29年の都道府県化を目前に、被保険者一人一人が健康な身心を築くことに努めるとともに、国民皆保険制度の理念を十分に理解し、税条例改正など目の前の痛みにともに耐え、安心して受けられる医療保険制度を持続することが重要であることを申し上げまして、賛成討論といたします。  以上です。 もっと読む
2013-12-10 和歌山市議会 平成25年 12月 定例会-12月10日−06号 そういうことを、自分の懐だけしっかりガードして、それで職員さんにだけそういうふうに痛みを与えてると、こういうやり方はいかがですかと言いたいわけです。  市長ね、3.11の後の質問で、私、言いましたけれども、もし、この和歌山市に一朝有事、何かあった場合ですよ、最後に自分の命を賭して和歌山市民を守ろうとするのは、和歌山市のこの職員さんなんですよ。  実例があるじゃないですか。 もっと読む
2013-12-10 和歌山市議会 平成25年 12月 定例会-12月10日−06号 そういうことを、自分の懐だけしっかりガードして、それで職員さんにだけそういうふうに痛みを与えてると、こういうやり方はいかがですかと言いたいわけです。  市長ね、3.11の後の質問で、私、言いましたけれども、もし、この和歌山市に一朝有事、何かあった場合ですよ、最後に自分の命を賭して和歌山市民を守ろうとするのは、和歌山市のこの職員さんなんですよ。  実例があるじゃないですか。 もっと読む
2013-06-27 新宮市議会 平成25年  6月 定例会-06月27日−06号 さて、議員報酬削減案の件でありますが、提案者及び賛同者は、その理由として、職員の給与減額案件に賛成、賛同する以上、議会も痛みを分かち合うべき、みずからを削ることは議会改革の一環と言っておられますが、提案者には、私が先ほどから申し上げてきたように、地方を無視した国の横暴とも言える今回のやり方に対し、勇気を持って反対していただきたかったと思います。   もっと読む