78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-25 田辺市議会 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日) 森林環境譲与税は、地域の実情に応じた弾力的な活用が可能であることから、後継者の育成などを基本に、本市としてどのような取り組みができるのかについて、附属機関で審議し、等関係機関とも調整を図りながら、計画的に活用していきたい」との答弁がありました。さらに委員から、この財源を生かして先進的で効果的な取り組みを実施し、森林整備を推進するとともに、雇用を創出し人材を育成していくことを要望しました。   もっと読む
2019-03-11 田辺市議会 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日) また、資料は、和歌山子供・若者計画の1ページでして、和歌山が行った保護者に対する青少年の携帯電話使用状況等アンケートによると、平成26年度における和歌山県内の児童生徒の携帯電話等の所有率は、小学生が42.4%、中学生が59.6%であり、年々上昇傾向にあることから、現在ではもっと高い数字になっていることが予測できます。 もっと読む
2018-09-14 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−06号 これは愛知刈谷市が刈谷城の築城480年を記念しましてシンポジウムを行い、水野家ゆかりのまちの関係の自治体サミットを行いました。その際に水野家ゆかりのある刈谷市のほか、愛知の東浦町、愛知岡崎市、それから茨城結城市、奈良大和郡山市、広島福山市、そして和歌山新宮市、こちらで水野家ゆかりのまち交流宣言を採択しました。   もっと読む
2018-09-10 田辺市議会 平成30年 9月定例会(第3号 9月10日) 気象庁としては、これを一つの災害と認識していると記者発表しており、7月17日には、愛知豊田市の小学1年生の男児が学校外の学習後に熱中症で亡くなる事故が起きてしまいました。  今回、夏休み期間中、幾つかの学校を訪ねてお話を伺ってきました。 もっと読む
2018-09-07 田辺市議会 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日) 平成23年3月の東日本大震災から7年が経過する今、東北3、岩手、宮城、福島の復興状況はいまだに仮設住宅で生活されている方が被災前の町並みに戻っていない地域もあり、以前のまちのにぎわいを取り戻すには、まだまだ多くの問題を抱えたままというのが現状のようであります。  が進める計画事前策定なるものは、いまだかつてなされたことのない計画であります。 もっと読む
2017-09-19 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第4号 9月19日) これを和歌山及び全国の公立学校のエアコン設置状況と比較をいたしますと、和歌山下の普通教室への設置率が44.5%、特別教室への設置率が33.8%、全国では普通教室への設置率が49.6%、特別教室への設置率が34.6%となっており、田辺市は国・の平均を下回っている状況にあります。 もっと読む
2016-12-05 和歌山市議会 平成28年 12月 定例会-12月05日−04号 また、ことし10月、和歌山東警察署管内で、警察官などとかたり、高齢の女性に電話をかけ、現金300万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで愛知春日井市の無職の男性24歳を逮捕。東警察署の調べによると、ことし4月15日、和歌山市内に住む80歳代の女性に電話をかけ、あなたの個人情報が漏れている。 もっと読む
2016-09-15 田辺市議会 平成28年 9月定例会(第2号 9月15日) これは宮崎選挙管理委員会が平成27年10月、去年の秋に県内の全高校生3万人を対象にアンケートをとられています。18歳選挙権に向かってということで、非常に積極的な取り組みをされたと思います。 もっと読む
2016-03-24 田辺市議会 平成28年 3月定例会(第5号 3月24日) 和歌山においても6割以上の方がこの軽減特例の対象となっています。これは、和歌山の75歳以上の高齢者が経済的に大変厳しい状況に置かれていることの何より確かなあらわれです。年金の減額や目減り、消費税率の引き上げなどで高齢者の生活実態は年々厳しさを増しています。  そのような中で、国は2017年に保険料軽減特例を廃止しようと計画しています。 もっと読む
2016-03-04 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月04日−04号 加えて、既存の民間インフラを公的活用して行政サービスを行う官民連携が、今回においては南海市駅と市民図書館のような連携、私も過去にこの議場において愛知一宮市にあるJR尾張一宮駅と、そして一宮市立図書館、これが一体化されたという事例を申し上げさせていただきましたが、このような異業種とも思われる官民の施設が一体化した効率的な行政運営など、これからの生き残りをかけた基礎自治体において必要不可欠な取り組みであると もっと読む
2015-12-10 田辺市議会 平成27年12月定例会(第3号12月10日) 扇ヶ浜海水浴場や多目的広場においては、によって美しく整備され、夏場の観光拠点となっており、2期工事部分におきましても、に要望を提出しているとのことであります。   もっと読む
2015-12-04 和歌山市議会 平成27年 12月 定例会-12月04日−07号 また、全国的に秋田や福井などのように3世代同居世帯の比率が高いところは学力も高くなっているということから、学力の向上にもつながるのではと期待しております。   もっと読む
2015-11-30 和歌山市議会 平成27年 12月 定例会-11月30日−03号 そこで、市の単独助成を行っている近隣自治体を見てみますと、海南市は基準と合わせて精神障害福祉手帳1級、2級、3級対象者を市で単独助成しています。岩出市は基準と合わせて精神障害者福祉手帳1級、2級対象者を市で単独助成しています。あとは、紀美野町、みなべ町、串本町、古座川町が精神障害福祉手帳を対象に助成をしています。 もっと読む
2015-09-18 田辺市議会 平成27年 9月定例会(第3号 9月18日)  7 3定議案第 6号 田辺市営住宅条例の一部改正について  第 8 3定議案第 7号 工事請負変更契約の締結について  第 9 3定議案第 8号 物品購入契約の締結について  第10 3定議案第 9号 平成27年度田辺市一般会計補正予算(第3号)  第11 3定議案第10号 平成27年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2               号)  第12 3定議案第11号 和歌山市町村総合事務組合 もっと読む
2014-09-26 和歌山市議会 平成26年  9月 定例会-09月26日−05号 現在、本市では、土砂災害の危険箇所842カ所のうち361カ所が土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域としてに指定されています。  土砂災害の危険箇所については、が調査し、その結果により、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域に指定していきます。   もっと読む
2014-09-22 和歌山市議会 平成26年  9月 定例会-09月22日−02号 補助金があるからその事業をしよう、に腹案があるからそれに乗っかかっていこうというものではなく、和歌山市が市駅前周辺再開発協議会などの主体性を持った会議を正式に立ち上げていただき、これは広域行政及び補完行政であるに働きかけていくという順序、手順こそが市協調であると私は思います。   もっと読む
2014-03-04 海南市議会 平成26年  2月 定例会-03月04日−02号 そこで、サブタイトルになるんですが、下では、いち早く橋本市が移動式赤ちゃんの駅の貸し出しをスタートいたしました。  前回、昨年の6月定例会の一般質問で紹介をさせてもらった大阪狭山市、また河内長野市あるいは兵庫播磨町などと同じく簡単なテント式の赤ちゃんの駅を設置、設営する形でいよいよ下でもスタートすることになったわけであります。  それで、改めて伺います。   もっと読む
2014-03-04 和歌山市議会 平成26年  2月 定例会-03月04日−04号 私の知り得る限りでは、長野や香川など遠方から和歌の浦アート・キューブにまでお越しくださって、長渕剛の詩画展の観覧はもちろんのこと、その後、市内で観光や飲食、そして買い物や宿泊などといったようにしていただいていたようです。   もっと読む
2013-03-11 和歌山市議会 平成25年  2月 定例会-03月11日−07号 熊本天草市では、買いかえは110万円、修理は5万円を限度に補助金を交付、石川小松市では70万円、愛知岡崎市では35万円、秋田にかほ市、新潟加茂市、富山富山市、石川金沢市では20万円をそれぞれ交付しています。本市においても聴覚に障害のある方の日常生活の困難を少しでも解消するために、人工内耳用音声信号処理装置の購入補助を実施すべきと考えますが、いかがでしょうか。   もっと読む
2013-03-11 田辺市議会 平成25年 3月定例会(第3号 3月11日) 次に、全国的な障害者の結婚相談を見ますと、幾つかので社会福祉法人等の法人に委託して実施しているようでありまして、その範囲は単位ぐらいで、比較的広く、障害種別も身体障害者を対象にしている場合が多いようであり、その形は、登録者の中から相手を紹介するもの、登録者同士が交流会などのイベントに参加するもの等、幾つかの方法がとられているようであります。 もっと読む