運営者 Bitlet 姉妹サービス
159件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号 次に、委員中より「院内保育所運営について、夜勤のスタッフの子供を預かる環境はできているのか」との質疑があり、当局より「毎週火曜日は夜間保育もできるようになっていますが、この2年ほどは利用者がおりません」との答弁がありました。   もっと読む
2018-03-22 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第4号 3月22日) それから夜間のこともありまして、そういう場合にはバッテリー型のそういう電源というのが有効であるということで、それを整備しようと思っています。  あと、LEDの灯光器、これは作業とかいろいろできるハンディ型のものなんですけども、それを支所、本庁にそれぞれ10個ずつということで計画しております。   もっと読む
2018-03-08 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日−07号 部活動は、教育課程(カリキュラム)外活動で、生徒の自発的参加が前提でありますが、中学男子の75%、女子の56%が運動部に所属しています。  生徒とともに、顧問教員の負担軽減も重要であります。2016年度の文科省の調査では、中学教員の6割が過労死ラインを超えて勤務しており、特に部活動の負担が大きいとされています。  大会などが開かれる土日の部活動時間は、10年前の倍になっていると聞いています。 もっと読む
2018-03-08 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号 新計画では、学力や体力、道徳教育など以外に家庭や地域が学校運営に参画できる、きのくにコミュニティスクールの推進、情報推進技術教育、ICTのことなんですけれども、これの教員の指導力向上や学校への環境整備、多忙が指摘される教職員の勤務環境の改善、経済的理由による教育格差改善の支援を新たに盛り込み、学力面では、小学6年生と中学3年生を対象にした全国学力テストについて、2022年に県内小中学生の成績をそれぞれ もっと読む
2017-12-11 印南町議会 平成29年 12月 定例会-12月11日−02号 中学の学力についても全国平均以上は出せているものの、かつては全国トップの秋田県や福井県の平均以上の点数を出していた頃と比べると、精彩を欠くと考えております。今後、中学校の平均点を更に伸ばしていくために何をすべきと考えるか。これについても優先すべき事項を1つお答えください。  大きい2つ目、次に学力向上のための課題について、でございます。   もっと読む
2017-09-15 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第3号 9月15日) 先日の紀伊民報によると、特に中学3年生での読書への関心の低さが目立ち、読書量や読書が好きかという回答結果は、学力テストの正答率とほぼ相関関係にあり、それは国語だけでなく、数学も同じということで、どの教科にも読解力、文章力、論理的思考が必要で、それらを支える読書習慣の重要性がうかがえる結果だと書かれておりました。   もっと読む
2017-06-22 新宮市議会 平成29年  6月 定例会-06月22日−05号 夜間でされているところは、恐らく個人病院はないはずです。緊急、急病、全て医療センターが担っているわけなんです。それはなぜでしょうか。医療センターは、24時間、365日、1日も休むことなく、夜は先生方2人が宿直勤務で救急に当たられている。看護師も24時間、3交代で働いている。市民の命を守るために働いているんですよ。営利を目的にやっている病院じゃないんですよ。 もっと読む
2017-03-09 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月09日−08号 それぞれの駐車場の料金体系は、施設の設置目的等により設定しており、和歌山公園駐車場については、普通車駐車場は和歌山城への来場者が多く、短時間利用が大部分を占めており、バス駐車場も昼間の短時間利用が多く、また、夜間の料金は昼間より安く設定していますので、最大料金は設定していません。   もっと読む
2017-03-09 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月09日−08号 それぞれの駐車場の料金体系は、施設の設置目的等により設定しており、和歌山公園駐車場については、普通車駐車場は和歌山城への来場者が多く、短時間利用が大部分を占めており、バス駐車場も昼間の短時間利用が多く、また、夜間の料金は昼間より安く設定していますので、最大料金は設定していません。   もっと読む
2017-03-08 高野町議会 平成29年第1回定例会(第2号 3月 8日) 西興部村の中学2年生は皆、夏休みの10日間をアメリカアラスカ州で過ごします。教育委員会では広い視野と国際感覚豊かな人材育成のため、昭和60年から本プログラムが開始。ジュノー市でホームステイや学校との交流会など、いろいろなメニューを体験します。これ夢ある話じゃないですか。こんな施策を打ってほしいよ、もう払うんであれば。  クーポンも結構。確かに知育になる。 もっと読む
2017-03-06 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月06日−05号 特に、中学生時は、勉学に励んだ記憶がなく、テスト勉強を夜間にしようと思い、仮眠をし、そのまま朝を迎えるということが再々続き、進学できる高校がないというのが現実でありました。そして、その現実と直面し、中学校卒業後、1年間勉学に没頭し、何とか高等学校に進学することができました。  今、思い起こしますと、15歳の私が何をもって一念発起できたのか、それは母の涙だったように思います。 もっと読む
2017-03-03 和歌山市議会 平成29年  2月 定例会-03月03日−04号 不登校やフリースクール等、学校外、夜間中学校での多様な学びを支援するために定められたものです。  本年1月には、文部科学省から、「夜間中学の設置・充実に向けて」という手引が出されました。今、私のこの手元にあるものがそうです(冊子を示す)。これは、文科省のホームページでもとることができます。  この中で、夜間中学設置のニーズという項において、対象者を4つの類型に整理しております。   もっと読む
2017-03-02 海南市議会 平成29年  2月 定例会-03月02日−04号 津波緊急避難ビルというのは星1つで、高台に避難することができない場合、例えば逃げおくれた場合であったり、高齢者で逃げるのにちょっと時間がかかる場合、それから夜間の発生とかで逃げる時間がないとか、そういう場合に利用されるのが津波緊急避難ビルであります。   もっと読む
2016-12-12 田辺市議会 平成28年12月定例会(第3号12月12日) それから裏表ありますけれども、飛行区域の下の部分に禁止飛行方法としては、夜間飛行、目視外飛行。この目視外飛行というのは、マルチコプターに搭載されたカメラだけで飛行させるということです。目視外飛行の禁止、それから30メートル未満の飛行、これは人や建物、ここには例として車が載っていますが、そういうものから30メートル離れて飛行させること。   もっと読む
2016-12-12 田辺市議会 平成28年12月定例会(第3号12月12日) それから裏表ありますけれども、飛行区域の下の部分に禁止飛行方法としては、夜間飛行、目視外飛行。この目視外飛行というのは、マルチコプターに搭載されたカメラだけで飛行させるということです。目視外飛行の禁止、それから30メートル未満の飛行、これは人や建物、ここには例として車が載っていますが、そういうものから30メートル離れて飛行させること。   もっと読む
2016-09-16 田辺市議会 平成28年 9月定例会(第3号 9月16日) また、感震ブレーカーが作動することで、室内の照明が消えてしまいますので、夜間等における避難時に屋外への避難の支障になることも想定されています。  このことから、本市におきましては、補助制度の導入につきましては、串本町などの補助制度を参考にしながら研究を進めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2016-03-11 田辺市議会 平成28年 3月定例会(第4号 3月11日) そして、これからもネットワークカメラや浸入センサーなどの通信技術を活用したICT捕獲わなや鹿の夜間流量などにより捕獲頭数が予想されます。ますます処理施設が必要となってくるわけでございます。このことは、田辺市におかれましても十分に御認識をされているようですし、本宮町の施設につきましても、ここに至るまでにいろいろと御苦労があったとお伺いいたしております。   もっと読む
2016-03-09 新宮市議会 平成28年  3月 定例会-03月09日−05号 ◆16番(屋敷満雄君)   なかなかそれでも都合が、俺が聞いている範囲では、ドクターが和歌山とか帰る先生がおるから、やっぱり1週間に1回は家に帰らんならんし、どうしても夜間になると先生が診られないという事情があるんやね、これ。   もっと読む
2016-03-08 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月08日−06号 小学校のほうが学校の力が発揮されやすいが、中学、高校、大学になるほど家庭の力が大きく作用されることは、さきに述べました大阪大学志水教授の言葉であります。  ほとんどの子供は公立校へ進学しますが、ただ、私立への進学を希望する保護者があるのも確かです。   もっと読む
2015-12-03 海南市議会 平成27年 11月 定例会-12月03日−04号 ラジオ番組で、竹内先生っていう名前と兵庫県立大学の先生って言っていたことを覚えていて、後でネットで検索したわけですけれども、竹内和雄先生っていう方は、兵庫県で公立中学の先生を20年なさって、現在、兵庫県立大学の准教授をしてらっしゃって、スマートフォン問題、携帯電話問題にずっと取り組んでいらっしゃったという方なんです。この先生の本をネットで買ったわけですが、大変勉強になりました。   もっと読む