運営者 Bitlet 姉妹サービス
11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2003-09-19 和歌山市議会 平成15年  9月 定例会-09月19日−06号 堺屋太一氏を軍師とし、教育や財政、安心、安全、活力、便利、地球環境対策、IT等の分野でその施策を評価して、よければホームページを見た人が投票する、そういったものなんですが、和歌山市は残念ながら登録されていません。だから和歌山市の政策を全国にお知らせできない、そういうことになっています。 もっと読む
2003-09-19 和歌山市議会 平成15年  9月 定例会-09月19日−06号 堺屋太一氏を軍師とし、教育や財政、安心、安全、活力、便利、地球環境対策、IT等の分野でその施策を評価して、よければホームページを見た人が投票する、そういったものなんですが、和歌山市は残念ながら登録されていません。だから和歌山市の政策を全国にお知らせできない、そういうことになっています。 もっと読む
2002-03-11 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月11日−09号 これ、大昔、20数年前に堺屋太一さんが「知値革命」というような本、出さなんだかい。そんな中でずっと来て、知価産業だのと言い出したら、またここへこう書いてやっておる。  そして、どなたかにも指摘されておりましたが、どこかの大学の先生がどうだのこうだのと。  人材の育成。 もっと読む
2002-03-11 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月11日−09号 これ、大昔、20数年前に堺屋太一さんが「知値革命」というような本、出さなんだかい。そんな中でずっと来て、知価産業だのと言い出したら、またここへこう書いてやっておる。  そして、どなたかにも指摘されておりましたが、どこかの大学の先生がどうだのこうだのと。  人材の育成。 もっと読む
2001-03-27 和歌山市議会 平成13年  2月 定例会-03月27日−12号 渡部昇一さんとか堺屋太一さんとかですね、この本出ております。そしてまた、「月刊ボイス」の1月号、2月号では、「百年の計に立って」という将来に向けて斯界一流の、第一級の方々がこれからの日本について語られております。  ひとつの流行語になっておると思うんでありますけれども、この流行語というのは、やはり「はやり」と書きますから、はやりくさしがあろうと思う。 もっと読む
1999-07-06 和歌山市議会 平成11年  6月 定例会-07月06日−06号 まず最初に、不況対策についてでございますが、先般、堺屋太一経済企画庁長官が先月の27日のテレビ番組の中で、「景気を1日に例えると、今は午前4時。少し明るくなったが、まだ雇用と構造改革の問題が解決していない。 もっと読む
1999-07-06 和歌山市議会 平成11年  6月 定例会-07月06日−06号 まず最初に、不況対策についてでございますが、先般、堺屋太一経済企画庁長官が先月の27日のテレビ番組の中で、「景気を1日に例えると、今は午前4時。少し明るくなったが、まだ雇用と構造改革の問題が解決していない。 もっと読む
1998-12-09 和歌山市議会 平成10年 12月 定例会-12月09日−06号 わせていただきましたけれども、実施をするという主体が自治体、市町村になっているという点で、市が実施をするに当たって、円滑にこれを進めていかなければならないという点で質問をさせていただくということで、1問でも言わせていただきましたが、市長職務代理はそれ以上のことは言えないと思いますが、ちょっと紹介をしておいて、皆さんにも聞いてもらいたいと思いますが、衆議院の予算委員会で我が党がいたしました総括質問の中で、堺屋太一経済企画庁長官 もっと読む
1998-12-09 和歌山市議会 平成10年 12月 定例会-12月09日−06号 わせていただきましたけれども、実施をするという主体が自治体、市町村になっているという点で、市が実施をするに当たって、円滑にこれを進めていかなければならないという点で質問をさせていただくということで、1問でも言わせていただきましたが、市長職務代理はそれ以上のことは言えないと思いますが、ちょっと紹介をしておいて、皆さんにも聞いてもらいたいと思いますが、衆議院の予算委員会で我が党がいたしました総括質問の中で、堺屋太一経済企画庁長官 もっと読む
1997-09-22 田辺市議会 平成 9年 9月定例会(第3号 9月22日) ところで、ご存じの作家、堺屋太一さんは、今、朝日新聞に、「平成三十年」という小説を連載されております。読んでおられる方がたも多分いると思いますが、ちょうど二十年後の日本の姿を描いておられるのであります。主人公の団塊ジュニアの官僚を通して、わが国が実質的に何もしなかった場合の恐るべき社会情勢を彷彿とさせるものであります。   もっと読む
1997-09-22 田辺市議会 平成 9年 9月定例会(第3号 9月22日) ところで、ご存じの作家、堺屋太一さんは、今、朝日新聞に、「平成三十年」という小説を連載されております。読んでおられる方がたも多分いると思いますが、ちょうど二十年後の日本の姿を描いておられるのであります。主人公の団塊ジュニアの官僚を通して、わが国が実質的に何もしなかった場合の恐るべき社会情勢を彷彿とさせるものであります。   もっと読む
  • 1