1145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

年度田辺市木材加工事業特別会計予算  第69 1定議案第80号 田辺市四村川財産区湯峰温泉公衆浴場及び温泉使用条例の               一部改正について  第70 1定議案第81号 平成31年度田辺市四村川財産区特別会計予算  第71 1定議案第82号 田辺市水道事業給水条例の一部改正について  第72 1定議案第83号 平成31年度田辺市水道事業会計予算  第73 1定報告第 2号 平成31年度田辺市土地開発公社

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

また、投棄者が不明の場合は、投棄場所の管理者責任において投棄物を処理することが原則となっておりますが、道路沿いの川や谷などに不特定多数のものにより大量に不法投棄されている箇所等につきましては、土地の管理者、地元町内会等と連携して市において処理している場合もございます。  

田辺市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

年度田辺市木材加工事業特別会計予算  第67 1定議案第80号 田辺市四村川財産区湯峰温泉公衆浴場及び温泉使用条例の               一部改正について  第68 1定議案第81号 平成31年度田辺市四村川財産区特別会計予算  第69 1定議案第82号 田辺市水道事業給水条例の一部改正について  第70 1定議案第83号 平成31年度田辺市水道事業会計予算  第71 1定報告第 2号 平成31年度田辺市土地開発公社

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

企画費につきましては、田辺市土地開発公社における分譲地の販売実績に基づき、特別損失分に対する補助を行うため、田辺市土地開発公社補助金を増額するほか、基金運用利率の低下に伴い地域振興基金積立金を減額するものです。  

高野町議会 2019-02-18 平成31年第1回臨時会 (第1号 2月18日)

○9番(松谷順功) 高野町が問題になってたというか、一番注目されていたその商品、これギフトカードだと思うんですけれども、高野町は今町長のお話ではただの券ではないということで、空海のゆかりの土地をめぐってほしいというような意味でのカードであるというふうなお話でございました。これ続けなかった、1月を一応基準にしたというか、まだいろいろ後処理の問題等々含めて、一応終了したということでございます。  

田辺市議会 2018-12-20 平成30年12月定例会(第5号12月20日)

(16番 安達克典君 着席) ◎日程第11 4定議案第 1号 田辺市印鑑登録及び証明に関する条例の一部改正についてから  日程第30 4定議案第27号 土地の取得についてまで一括上程 ○議長(小川浩樹君)    続いて、日程第11 4定議案第1号 田辺市印鑑登録及び証明に関する条例の一部改正についてから日程第30 4定議案第27号 土地の取得についてまで、以上20件を一括上程いたします。  

田辺市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第4号12月11日)

議員御質問の建付減価の考え方についてでございますが、一般的な土地の分類としては、建物等が建っていない未利用地である更地と建物等の用に供されている敷地で、建物等及びその敷地が同一の所有者に属している宅地であるところの建付地に分けられます。建付地につきましては、いわゆる建物つきの土地であり、土地と建物とが不可分なものですので、一体として評価するものでございます。  

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

平成30年12月定例会(第3号12月10日)              田辺市議会12月定例会会議録             平成30年12月10日(月曜日)           ―――――――――――――――――――    平成30年12月10日(月)午前10時開会  第 1 一般質問  第 2 4定議案第27号 土地の取得について           ――――――――――――――――――― 〇会議

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

また、平成25年度住宅土地統計調査によりますと、田辺市の空き家率は全国平均の13.5%を大きく上回る18.9%となっており、そのうち駅から2キロ圏内の空き家が52.2%と市街地に空き家が集中しているという現状であります。  

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

本議案は、新宮港第二期工業用地の処分に当たり、新宮市と株式会社エフオン新宮との間において平成30年9月18日付で土地売買仮契約を締結したことにより、新宮市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、予定価格が2,000万円以上、土地面積が5,000平方メートル以上の不動産の売り払いとなるため、地方自治法第96条第1項第8号の規定により、議会の議決を求めるものであります

高野町議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会 (第3号 9月20日)

そして、最終的には嵯峨天皇からこの土地を授かって、いろいろな事情があっての、授かって、高野山にとどまった。そして即身成仏されているといったものが最後に入ってくるような方策というものは考えられないかな。今のままではどうだろうかなという懸念があります。  次に、次のページですけれども、17ページに感震ブレーカーのことについてお話しされておりましたので、事情は了解できております。

田辺市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会(第4号 9月20日)

さらに委員からは、市において6カ所以外の土地のボーリング調査は実施しないのかただしたのに対し、「建物以外の部分におけるボーリング調査については、設計業者が決定した後、必要に応じて対応する」との答弁がありました。  

新宮市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−05号

三つ目、払い下げの話が土地の交換を進めるものになっているという三つです。  まず、1点目の法的根拠の議論の形跡が見られないという部分から見ていきます。  9月議会本会議2日目の総務建設委員会の委員長報告において、陳情第18号に対する質疑が行われました。

新宮市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号

◎都市建設課長(宇井俊治君)   クランクの改修なんですが、これにつきましては、ことしの6月に土地所有者の方と境界確認して測量を行いまして、詳細設計を行っているところと聞いております。あと今後につきましては、できるだけ早くということもございまして、補正対応で進めていきたいというふうに聞いております。

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

土地1億1,598万3,427円。立木100万円。建物1億7,560万6,161円から減価償却累計額7,607万7,254円を引きまして、9,952万8,907円。構築物6億5,458万7,313円から減価償却累計額3億1,695万5,414円を引きまして、3億3,763万1,899円。

田辺市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会(第3号 9月10日)

第2次田辺市総合計画のまちの構成におきましても、市街地について、まちが形成された歴史的経過を尊重しつつ、防災にも十分留意しながら都市機能を高め、紀南地方の中核都市にふさわしい土地利用を図ることとしております。  

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

この復興には、土地の区画整理や集団移転、そして漁業集落機能の強化や産業の復興となります。災害の規模が大きければ大きいほど初動対応や復旧等の業務量が多くなるため、復興、まちづくりへの対応がおくれるおそれがあります。  復興事業は、私たちにとってこれまで経験したことのない大規模かつ複合的なものなので、復興事業に時間がかかりますと、被災された地域住民の皆様の気力、活力も失われてしまいます。  

新宮市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

◆15番(松本光生君)   今回の場合はここに書いていますように、再三何度も市に対して売却というんですか、土地を何とか、隣同士なので確保したいというお話があったと。現市長以前から何回もあったということを聞いております。そういった意味で一番身近な土地の払い下げというんですか、そういった利用度の利点がそこにあったんじゃないかと思っております。 ○議長(屋敷満雄君)   4番、大石議員。