運営者 Bitlet 姉妹サービス
1547件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号 今後も使用水量の減少等による厳しい状況が予想されますが、計画的で適正に事業を推進し、効率的な経営に努めます」との概況説明がありました。  審査に当たって出されました質疑について、その主な内容を申し述べます。  委員中より「給水人口が減少する中、新宮港にある大口径を使用する企業の水道料金収入はどれぐらいなのか」との質疑があり、当局より「お尋ねの企業は月額約50万円の水道料金収入であります。 もっと読む
2018-09-12 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 この施設を福祉の拠点として創設するということに対しては反対はしていないんですけれども、それを実行していただくのであれば、効率のよい、市民にとって本当に利用のしやすい有効な施設にしなければならないと思います。   もっと読む
2018-09-11 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−03号 従いまして、議員がおっしゃいますように、そういうようなことも十分認識した上で、文化複合施設の建設につきましては、建設費には国・県補助、そして先ほど申し上げましたとおり、有利な起債等を有効に活用しまして、また管理運営につきましても、効率的に運営できる方法について検討を進めることで、できる限り市の負担が少なくなるよう努める必要があると考えております。 もっと読む
2018-06-15 海南市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号 また、指定期間につきましては、効率的な管理運営を考慮し、期間を定める旨についても規定してございます。  次に、第13条、指定管理者の指定の取り消し等につきましては、管理業務関する教育委員会の指示に従わないときなど、指定管理者による管理業務を継続することが適当でないと認めるときは、指定の取り消しや期間を定めて管理業務の停止命令ができる旨を規定してございます。   もっと読む
2018-03-23 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月23日) また各自治体の自立支援、給付効率化の達成度を国が採点・評価し、成果に応じて予算を加算する仕組みを導入しました。これにより、利用者にとっては高い保険料を払い続けながら、いざ介護が必要となったときに受けたいサービスに保険が適用されない、自腹でサービスを受けようとなると、例えば年金収入340万円がある層の人にとっても利用料が月々10万を超えるなど、いざというときの保険という概念が崩れている状況です。 もっと読む
2018-03-22 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月22日−10号 次に、本市の道路整備の進め方について、委員から、さきの水道局の審査において、今後、県の道路工事の進捗に合わせて効率的に配水管の布設を実施していく旨の答弁がなされたが、市道においても上下水管の布設等が当然必要であることから、道路整備を行う際には関係部局と密に連携を図り、一体的なインフラ整備を無駄なく実施されたいとの要望に対し、当局より、今後、合理的なインフラ整備が行えるよう、道路計画や整備状況など、関係部局 もっと読む
2018-03-09 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日) また、効率的・効果的な消防団活動といった観点から、分散して資機材等を収納している倉庫について、一定の範囲で一つにまとめるということも有効でないかと考えており今後検討をお願いいたします。  そして、平成23年の台風第12号豪雨による災害を教訓にとありました。6年が経過しましたが、いまだ復旧工事が続いています。滝尻、熊野、そして三ツ又等々完全復旧にはまだまだ時間がかかりそうであります。 もっと読む
2018-03-09 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月09日−08号 また、新型インフルエンザは動物、特に鳥類のインフルエンザが遺伝子の突然変異で人の体内でも増殖できるようになり、人から人へ効率よく感染できるようになったものだということであります。  日本におきましても、2月9日に、厚生労働省の発表が次のようにありました。 もっと読む
2018-03-08 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号 ◎学校教育課長(嶋田雅昭君)   県と連携しまして校務の効率化、部活動の適切な運営等に取り組んでいます。また、市独自の教育活動支援職員20名を各校に配置していることが教育の充実とともに教育環境の改善につながっていると考えております。 もっと読む
2018-03-07 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月07日−06号 道路行政に例えますと、昨年の3月18日に和歌山−岩出根来間が開通いたしました京奈和自動車道ですが、約50年前に各地域のニーズや課題を踏まえて、効果的、効率的な道路行政を計画されました。 もっと読む
2018-03-07 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−05号 そういう中でありますが、できるだけ経営の効率化というのは図っていくべきだとは考えております。 ◆7番(福田讓君)   だから、経営の効率化はどないして図るんですか。お客様に来ていただかなだめなんでしょう。患者様が来なかったら上がらんでしょう。だから、そこをよく、中前事務長がさきの質問で答えていただきました。現院長は、そういう民営化というよりも、まず売り上げですよ。 もっと読む
2018-03-05 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月05日−04号 そこで、2014年に成立した医療介護総合確保推進法に基づき、限られた医療介護資源を効率的に活用し、将来の目指すべき医療機能提供体制として、各都道府県において地域医療構想を策定することになりました。  和歌山県は、圏域別検討会において聴取した各圏域における医療の実情を踏まえ、2016年5月に和歌山県地域医療構想を策定しました。 もっと読む
2018-03-01 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−04号 続きまして、業務改善支援業務委託料265万7,000円にかかわってでございますが、まず、この委託料の計上に至った経緯から申し上げますと、少子高齢化により労働力が急速に低下する社会に対応するため、国を挙げて生産性の向上を目指す、いわゆる働き方改革が進められる中、本市においても効率的な人員体制の構築と安定した行政サービスの提供を将来にわたって両立させていくには、より生産性を追求した業務改善が必要であると もっと読む
2018-03-01 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−03号 生活排水対策については、公共下水道の普及率向上に向け、効率的、効果的な汚水整備を進めるとともに、合併処理浄化槽への転換に係る経済的負担を軽減するため、現行の補助に加え、配管設備工事費を追加することで合併処理浄化槽への転換を促進し、汚水処理人口普及率の向上を図ってまいります。  昨年10月、台風第21号の影響で本市にも甚大な被害が発生しました。 もっと読む
2017-12-15 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月15日−07号 また、委員から、下水道事業と統合することで、事業のスリム化、効率化が図られ、また、水道管と下水道管の同時更新等、工事における経費節減、さらには上下水道の技術職員の交流により技術力の向上が図られるなど、その利点は大きいとのことから、かかる統合により、くれぐれも市民サービスの低下を招くことのなきよう鋭意取り組まれたいとの要望がありました。   もっと読む
2017-12-12 新宮市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号 年次計画を組み効率よく整備できるように今後取り組みいただきたいと思います。  こういうものの中に、例えば基金の創設、ふるさと納税の活用、こういうものを視野に入れてやっていけないものでしょうか。 ◎財政課長(小林広樹君)   議員からお話ありましたように、スポーツ施設の有用性につきましては十分認識しているところでございます。 もっと読む
2017-12-11 田辺市議会 平成29年12月定例会(第3号12月11日) 御答弁にもありました事務処理の効率化についてでありますが、これは冒頭の御答弁で来年度学校支援システムの導入をされるということで認識してよろしいのでしょうか。             (4番 前田佳世君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    教育長。            (教育長 中村久仁生君 登壇) ○教育長(中村久仁生君)    そのとおりであります。頑張ります。             もっと読む
2017-12-11 田辺市議会 平成29年12月定例会(第3号12月11日) 御答弁にもありました事務処理の効率化についてでありますが、これは冒頭の御答弁で来年度学校支援システムの導入をされるということで認識してよろしいのでしょうか。             (4番 前田佳世君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    教育長。            (教育長 中村久仁生君 登壇) ○教育長(中村久仁生君)    そのとおりであります。頑張ります。             もっと読む
2017-12-11 印南町議会 平成29年 12月 定例会-12月11日−02号 将来的に統合を行う場合、また、しない場合や遅れる場合においても、校舎の効率的な利用は今後大切になってまいります。沖縄県うるま市では、中学校に小規模保育所を設けたり、山梨県身延町では廃校舎を農産品加工に使用したりしています。地域の集会場が古くなってきた際の集会所の機能に活用したり、防災の拠点、または民泊・交流の拠点など、活用方法はいろいろあると考えられます。   もっと読む
2017-12-07 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月07日−06号 沿道地域には、事業所、教育施設、工業地域、住宅地などが数多く存在し、当該路線が概成することにより、交通結節点であるJR和歌山駅や南海和歌山市駅などとともに、中心部地域を取り囲む切れ目のない効率的な交通網が形成され、交通の円滑化や人の行き交いがさらに便利となり、将来の持続可能なまちづくりにとって、地域の社会、経済を支える重要な路線であると考えます。   もっと読む