運営者 Bitlet 姉妹サービス
1794件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号 その際、人事評価制度の弊害として「誤った事実、情報によって悪い評価を受ける者がいかに悲惨な目に遭うか」について、この私みずからが体験した本件「セクハラ事件」を引用し、その事実を適示して論評したのであります。 もっと読む
2018-09-14 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−06号 市役所で市議らと懇談した市観光推進課の山本課長補佐は、新宮の方々は春夫を大変熱心に研究して、情報提供し合いながら観光資源に生かしたいと話したと。  これを受けて、その2カ月後、当時の佐藤春陽新宮市長が十和田市を訪れて、同市の小山田久市長と懇談しています。 もっと読む
2018-09-13 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−05号 個人開業の病院じゃないんです。個人開業の先生方は立派な先生方ですよ。しかし、8時半から6時半、7時という診療の時間が決められていますから、みずからで設定していますから、それ以外のお客様、患者様を診る義務はないんですよ。当たり前じゃないですか。  しかし、医療センターは新宮市が設立し、建物も新宮市の財産であります。 もっと読む
2018-09-12 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 また、必要に応じ、相談したケアマネジャーから直接担当のヘルパーに伝えるなどの連携もあるかと思いますし、また利用者さん宅に連絡ノートなどを置いて情報の共有を図っているということも聞いております。 ◆11番(濱田雅美君)   はい、わかりました。  医療的なケアと介護が必要な方の情報というのはしっかりと情報交換していただいているということで受け取りました。   もっと読む
2018-09-11 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−03号 有効かどうかということですが、例えば今まで年間目標なりスケジュール、あと、どれぐらいの量をこなすかとかいった目標自体を個人個人が持っていなかった。そういうふうな目安が人事評価制度導入によりましてできております。  それと同時に、課の業務運営方針というのも同時に作成するようになっております。 もっと読む
2018-06-28 新宮市議会 平成30年  6月 定例会-06月28日−06号 これは委員長が最初に特別委員会を持ったときに、それから何回かしてからだったと思いますけれども、市長及び市当局に、時間がないからこれでいかせてもらいますというようなことは絶対にしないでくれと、この文化複合施設の議論を議会と一緒になって合意形成していこうじゃないかと、だから情報は早く出せということを何度も言ってきました。しかし、その情報を出さなかったのは市当局です。 もっと読む
2018-06-15 海南市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号 1番 橋爪美惠子君 ◆1番(橋爪美惠子君) 税条例の改正ということで、個人住民税の見直しについてお聞きします。  この個人住民税の見直しでは、給与所得控除、公的年金等の控除を10万円減らして、その分、基礎控除を増額、引き上げるということです。  個人的には税額も変わらないしということなんですけれども、しかしながら、給与や年金から所得控除を行ったものが所得となるわけです。 もっと読む
2018-03-23 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第5号 3月23日) 町内会等が主体で設置場所を決め、プライバシーの問題が発生しないよう、個人宅でなく、人通りのある公道を写すものであること、また、町内会において管理運用規程を作成し、自主的に映像データの管理をしていただくことを予定している」との答弁がありました。   もっと読む
2018-03-23 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日) もう1点は、78ページの観光情報センターの工事の件ですけれども、この件に関して私がどうも不思議に一番思っているのは、図面が上がってきて、入札やと。入札した場合、ほかの人も入札はしてると思いますけれども、それで工事を行うと。 もっと読む
2018-03-22 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月22日−10号 市税は減額となっていますが、固定資産税の償却分について、大きな設備投資を現時点で見込んでいないため減額となっているもので、本市景気は緩やかに回復しており、個人市民税、法人市民税は増額として予算を見込んでおりますとの答弁がありました。  次に、危機管理局について申し上げます。  総合防災費中、防災対策支援補助金100万円について。 もっと読む
2018-03-22 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第4号 3月22日) 弾道ミサイル情報、緊急地震速報、津波警報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を含み、これは内閣官房、それから気象庁から消防庁を経由して送信し、市町村防災行政無線等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステム。こういうシステムになっています。 もっと読む
2018-03-15 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第3号 3月15日) 高野町個人情報保護条例(平成17年条例第2号)の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求める。  平成30年3月2日提出。  高野町長 平野嘉也。  提案理由としまして、個人情報の定義の明確化及び要配慮個人情報の取り扱いを規定するためとなっております。 もっと読む
2018-03-09 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日) 現在、田辺保健医療圏で、同意を得た患者の医療や介護の情報を関係機関で共有するネットワークシステムづくりが進められています。それが、くろしおネットです。病院、診療所、歯科医院、薬局、訪問看護ステーションなどの参加事業所をネットワークで結ぶシステムで、患者本人の同意に基づいて、受診情報、病名、処方箋、直近の介護サービス、緊急連絡先などの情報をシステムで共有します。 もっと読む
2018-03-09 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月09日−07号 個人競技にあっては、武道、特に空手界では全国大会で活躍する選手が続出しております。  その中にあって、最もホットな情報を提供したいと思います。  喜多真吾君であります。彼は、小学校在学中、今の神倉少年野球クラブに在籍し、このクラブは幼稚園から小学6年生までを対象にしているスポーツ少年団です。 もっと読む
2018-03-08 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第2号 3月 8日) 個人情報の漏えい事件について。昨年の12月の段階では、紛失している文書を探していただき、返却していただきますようにと文書と電話で依頼していくということでありました。それに伴いまして、3月定例会までには解決するようということを申し上げますと、3月定例会までには解決する約束はできないという答弁でありました。その後、どのようになったのか。 もっと読む
2018-03-08 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日−07号 少し古い資料でありますが、子供がスマホを利用する時間は、2014年総務省発表の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に対する調査」によると、10代のスマホ利用時間は、平日で1日平均119分、休日で194分となっています。この数値は、あくまでも平均でありますので、実際はもっと多くの時間を使っていると推測されます。   もっと読む
2018-03-07 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月07日−06号 さらに、中学校の家庭科では、食品の安全と情報について学習し、食の安全性について正しく理解し、自分自身で食の安全性を見きわめる力の育成に取り組んでいます。  本市では、有功小学校を食育の研究指定校として、食の安全性や重要性について長年研究を進めており、その成果は研究発表会などで各小中学校へ広めています。   もっと読む
2018-03-07 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−05号 もうけだけをするんだったら、個人病院になったらいいんでしょう。違いますか。  先ほど中前事務長がお答えしていただきました。医療センターの使命は、市民の命を守るところなんですよ。そのためには、いろんな先生方を配置して、看護師、医療技師を配置しているんですよ。だから業務にお金がかかる。個人病院の先生方は、仮に内科の先生は内科だけですから。 もっと読む
2018-03-06 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月06日−04号 俺も議員として、これが情報なんや。この情報を得たときに、それが真実かどうか確認するのは仕事。座ってくれ。まだ今から言うんやから。  総務部長、きょうは何曜日な。何曜日な、言うてみい。火曜日やろ。議会は、議会の開会はいつも火曜日。きょう一般質問のトップバッター、俺、火曜日。何で月曜日からやらんの。私も、もと本官や、公務員。勝浦署も本宮署も新宮署の分所なんや。月曜日は必ず本庁へ出る、何でか。 もっと読む
2018-03-06 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月06日−05号 ここまでは、よくある話なのですが、当地の一般の市民の方ともお話をさせていただく機会があり、大分市では、「食された魚介類はおいしかったでしょう」と聞かれましたので、私個人の見解で、「いや、和歌山の魚のほうがおいしいですわ」と申した途端、「じゃ、和歌山帰れば。和歌山帰って食べればいい」と厳しいお言葉をいただきました。 もっと読む