運営者 Bitlet 姉妹サービス
164件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 あけぼのの国土交通省の市田川排水場のポンプ増設、緑ヶ丘の和歌山県の浮島川排水場のポンプ増設の整備年次はいつごろを予定されているか、伺っておられるでしょうか。 ◎都市建設課長(宇井俊治君)   市田川排水場のポンプ増設につきましては、おおむね5年間で整備を行いたい。そして、浮島川排水場につきましては、平成31年度に整備を行う予定と聞いております。 もっと読む
2017-12-05 高野町議会 平成29年第4回定例会 (第2号12月 5日) このドローン、県内の状況を調べてみたんですけども、和歌山県のほうでは900万円をかけてドローン1を導入しているようです。それから印南町、ここは今年の4月に2購入されてまして、これが2で76万円、47万円のものと29万円のもの2用意されているみたいで、この操作の研修ですね、その研修費用におよそ50万円を予算計上しまして、合計130万の予算計上になっているみたいです。 もっと読む
2017-12-05 高野町議会 平成29年第4回定例会 (第2号12月 5日) このドローン、県内の状況を調べてみたんですけども、和歌山県のほうでは900万円をかけてドローン1を導入しているようです。それから印南町、ここは今年の4月に2購入されてまして、これが2で76万円、47万円のものと29万円のもの2用意されているみたいで、この操作の研修ですね、その研修費用におよそ50万円を予算計上しまして、合計130万の予算計上になっているみたいです。 もっと読む
2017-03-09 新宮市議会 平成29年  3月 定例会-03月09日−07号 政府は2020年大会をに、東日本大震災を経験した国として、世界にわかりやすい避難場所のピクトグラムを発信、普及させたい考えだとあります。  新宮市も、世界遺産のまちとして、外国人観光客が増加傾向にある中、2020年の東京五輪・パラリンピック開催時には、新宮市への観光誘致にも取り組まないといけません。 もっと読む
2016-12-02 和歌山市議会 平成28年 12月 定例会-12月02日−03号 ならば、今回の経済協力の提携同意をに、国際交流事業のさらなる高密度、高効果の方法を真剣に考え、多くの果実を納税者である和歌山市民に還元できるよう知恵を絞っていこうではありませんか。  以上の思いを加え、和歌山市とベイカースフィールド市及びリッチモンド市のさらなる姉妹都市交流発展を願い、このたびの姉妹都市訪問団の報告といたします。   もっと読む
2016-06-28 高野町議会 平成28年第2回定例会(第3号 6月28日) ○2番(﨑山文雄) 今の総務課長の話では、信号が1本あったらはしごをつくるよりもいいんではないかと思うんですけれども、信号というのは電車が通りますよという、かっちんかっちんというあの信号ですけれども、それ1本で十分達成できるんではないかと。50人、100人の団体が歩くんじゃないので、十分それで対応できるとこのように思うわけです。   もっと読む
2016-06-28 高野町議会 平成28年第2回定例会(第3号 6月28日) ○2番(﨑山文雄) 今の総務課長の話では、信号が1本あったらはしごをつくるよりもいいんではないかと思うんですけれども、信号というのは電車が通りますよという、かっちんかっちんというあの信号ですけれども、それ1本で十分達成できるんではないかと。50人、100人の団体が歩くんじゃないので、十分それで対応できるとこのように思うわけです。   もっと読む
2016-03-11 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月11日−09号 現在、相互乗り入れ区間である和歌山駅と和歌山市駅間における各事業者の課題として、自動列車停止装置など信号保安設備の相違等に加え、運行に際しての線路などの施設使用料等、運営上の課題が確認されたところでございます。  今後は、それぞれの課題を踏まえ、実現の可能性について、引き続き和歌山県や鉄道事業者とともに検討していきたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2016-03-10 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月10日−08号 安倍政権は、観光立国の実現を成長戦略の柱の一つに選定し、2020年に向けて、訪日外国人数を現在の約2倍の2,000万人にする目標を掲げ、IRビジネスをそのための起爆剤にすることをもくろみ、オリンピック開催をにIRを本格稼働させたいという考えであります。  カジノは、その目的に応じて、外貨獲得型、地域振興型、国内エンターテインメント型の3種類に分類することができます。   もっと読む
2015-09-10 田辺市議会 平成27年 9月定例会(第2号 9月10日) これは見たことを本人が意識していなくても脳がその信号をしっかりと読み取っているということで、これはアメリカでそういうことがあって、これは禁止されましたし、日本でも放送では自粛しようということになっています。NHKは明らかにそういう行為をしてはならないということで定めています。 もっと読む
2015-06-25 和歌山市議会 平成27年  6月 定例会-06月25日−03号 しかし、経済的な困窮生活に陥っている方も、公租公課、使用料の滞納というSOS信号が表面化するケースが多く、潜在化しているケースでも行政の徴収窓口でSOS信号をキャッチすることが可能です。借金等の問題を抱えて生活困窮する市民に対して、滞納分をどんなにきつく督促しても無理があるのです。   もっと読む
2015-03-11 高野町議会 平成27年第1回定例会(第4号 3月11日) それと、自販のWiFiというのは、今のお話では店先に置いてある、自販にWiFiの設備をつくると、それの補助金ということで、今のところ1カ所のようですけれども、これはどうですかね、受益者が当然やるべきであるし、自販が提供している会社が当然その自販にWiFiを設置して持ってくるというような方向で指導されたほうがいいのではないかと。 もっと読む
2015-03-11 高野町議会 平成27年第1回定例会(第4号 3月11日) それと、自販のWiFiというのは、今のお話では店先に置いてある、自販にWiFiの設備をつくると、それの補助金ということで、今のところ1カ所のようですけれども、これはどうですかね、受益者が当然やるべきであるし、自販が提供している会社が当然その自販にWiFiを設置して持ってくるというような方向で指導されたほうがいいのではないかと。 もっと読む
2015-03-04 海南市議会 平成27年  2月 定例会-03月04日−03号 防災行政無線の難聴対策につきましては、現在、スピーカーの増設、調整、戸別受信及び防災ラジオの配布、また電話で放送内容を確認することができる防災行政無線電話案内、メールにて情報提供する海南市メール配信サービス、テレビにて情報提供するテレビ和歌山地デジデータ放送による配信により対応しております。   もっと読む
2014-12-02 和歌山市議会 平成26年 12月 定例会-12月02日−03号 事業費に、国において工期15年間で約300億円の巨費が投入され、主な工事は農業用排水路の拡幅整備及び排水場のパワーアップのための改修等を行います。このことにより、浸水被害の軽減や治水対策としての効果が期待され、また、地域の安全に貢献できると考えています。   もっと読む
2014-06-11 高野町議会 平成26年第2回定例会(第2号 6月11日) それから備品のほうにつきましては、最低限生活できる備品、掃除であったり、洗濯、テレビ等々のものでございます。  それと同じく企画費の中で携帯電話の購入費ということでございますが、こちらにつきましても、一応これは町長の公務用の携帯電話ということで計上させていただいております。 もっと読む
2014-03-24 印南町議会 平成26年  3月 定例会-03月24日−06号 それと、同じく39ページの防災諸費、使用料及び賃借料、災害警戒時発電運搬機械借上料、これは排水ポンプ発電の運搬に要する費用と思いますけれども、具体的にどのような流れで現場に配備されるのか、詳しく説明いただけたらと思います。   もっと読む
2014-03-20 和歌山市議会 平成26年  2月 定例会-03月20日−09号 次に、情報システム管理費における電子計算組織賃借料2億1,886万3,000円にも関連して、委員から、当局説明では、電子計算等を導入する理由として事務の効率化を図るためとしていたはずであるが、実務では依然としてペーパーレス化されておらず、果たして効果的に電子計算が利用され、事務の効率化が図られているのか疑問に感じる。 もっと読む
2014-03-07 和歌山市議会 平成26年  2月 定例会-03月07日−07号 3人は熱中症を心配し、その高齢者が歩いている炎天下でしたから、熱中症を心配して、自動販売でペットボトルのお茶を飲んでもらった。また、そういう方に対応したんですけれども、これは徘回模擬訓練といいまして、行方不明になった方を探す訓練を大牟田市がやっているんですね。 もっと読む
2014-03-07 海南市議会 平成26年  2月 定例会-03月07日−05号 これにつきましては、中山間等直接支払事業に取り組んでおられます東畑集落においてその関係者が地域でとれた農産物を共同で加工するための施設の整備を進めてございまして、その中で県の単独事業である地域活性化アグリビジネス支援事業補助金を活用して施設に必要な加工機器を整備するもので、みそ加工をするための発酵器、それと食材を砕くためのミートチョッパー、加工品の保存性を高めるための真空包装など、合わせて22点、 もっと読む