46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

印南町議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

主なものは、風しんワクチン接種等の県補助金の減額であります。4目.農林水産業費県補助金として226万9,000円の減額。主なものは、農作物鳥獣害対策事業、また市町村民の森事業などの県補助金の減額であります。1枚おめくりいただきまして、5目.教育費県補助金、運動部活動推進事業県補助金などで19万7,000円の減額であります。

高野町議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会 (第2号 3月 8日)

それと、もう一つの大きな利用の方法としては、細川、花坂ですとか、筒香、富貴地区において、今集落の皆さんが取り組んでおられる地元の農作物ですとか加工品の製造等に取り組んでおられる方がいらっしゃいますけども、そういう方と協働で、高野山でそういうものを販売できるような仕組み、あるいは常設ではないと思いますけども、週に何回かはそこで販売するような仕組みをつくっていきたいと考えております。  

和歌山市議会 2016-03-10 平成28年  2月 定例会-03月10日−08号

実際に法案が成立すれば、カジノ運営企業だけでなく、建設、不動産、ゲーミング機器の製造会社を初め、カジノ施設以外のホテルや小売、飲食店、旅行業、エンターテインメント関連企業など、さまざまな企業がIR市場に参入し始めることが予想されると考えられています。  

田辺市議会 2016-02-29 平成28年 3月定例会(第1号 2月29日)

48ページにまいりまして、保健衛生費、保健衛生総務費につきましては、地方交付税の額の確定に伴い公立紀南病院組合負担金を増額するもので、予防費につきましては、子宮頸がん予防ワクチン、乳幼児を対象とした四種混合等ワクチン及び高齢者を対象とする肺炎球菌ワクチン等の予防接種事業委託料を実績に基づき減額するものです。  次に、49ページをお願いします。  

海南市議会 2014-12-05 平成26年 11月 定例会-12月05日−05号

ウィキペディアで調べたところによると、例えば子宮頸がん予防ワクチン接種などでは反対し、性交渉を控えさせる教育を主張す宗教団体です。統一教会はこれを純潔運動の一つに捉えていると考えます。これはもう答弁いいですけどね、非常に政治的なにおいがします。  

印南町議会 2014-03-24 平成26年  3月 定例会-03月24日−06号

これは子宮頸がんワクチン接種の分野のお金だと思うんですけれども、子宮頸がんワクチンに対する町の基本的な考え方と現状について答弁いただきたいと思います。  そして、61ページの第2項に清掃費のお金があるんです。ここに関連してちょっと質問いたします。  消費税のアップに伴いましてし尿くみ取り料金の値上げの議案が御坊市や日高町などでは出ているんです。というのは、これは広域で対応をされております。

海南市議会 2014-03-07 平成26年  2月 定例会-03月07日−05号

製作された業者間のばらつきもありますし、同じ製造工場で製作されたものでも非常にばらつきがあります。納入するに当たっては、「できました」、「はい、そうですか」ではなくてね、製品をきちっと管理していっていただきたいと思うんですよ。その点、やっぱり有料にしたという責任上、きちっと品質管理はしていただきたいと思います。その点を伺いたいと思います。  

田辺市議会 2014-02-27 平成26年 3月定例会(第1号 2月27日)

予防費につきましては、子宮頸がん予防ワクチン及び風疹ワクチンの接種実績に基づき減額を行うとともに、子宮頸がん及び乳がん検診において、国の制度に基づき検診の内容を一部変更したため、不用額となる委託料を減額するものです。  

田辺市議会 2013-06-17 平成25年 6月定例会(第1号 6月17日)

それぞれ改正するもので、議案第3号 田辺市地域振興基金条例の一部改正については、基金に属する現金を土地開発公社に貸し付けることができることとするため、所要の改正を行うもので、議案第4号 田辺市交通安全基金条例の制定については、本市における交通安全に要する資金に充てるため基金を設置するもので、議案第5号 田辺市半島振興対策実施地域における固定資産税の特別措置に関する条例の制定については、本市において製造

田辺市議会 2012-12-03 平成24年12月定例会(第1号12月 3日)

次に、障害福祉費の障害者就労機会創出事業委託料にかかわって、本事業終了後の委託事業所の取り組みについてただしたのに対し、「本事業は障害者の自立支援を図るため、県のふるさと雇用再生特別基金を活用して、障害者及びその支援員を新規雇用し、遊休農地を活用した農産物の生産や、その加工品製造に取り組んだものであるが、事業終了後も4名を継続雇用している。

和歌山市議会 2012-03-01 平成24年  2月 定例会-03月01日−03号

世界的な景気減退や超円高傾向により、本市も製造業を中心に経済情勢は依然として厳しい状況であります。企業の声をしっかりと受けとめ、的確な支援をしていく必要があります。  組織改正で、産業振興体制の強化を図りますが、新年度は企業との意見交換、企業訪問を通して、企業の生の声を徹底して集め、産業振興施策に生かしてまいります。  

田辺市議会 2012-02-27 平成24年 3月定例会(第1号 2月27日)

防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律の施行に伴い、平成26年度から平成35年度までの10年間、個人住民税の均等割の税率を現行の3,000円から3,500円に改定するもの、また地方税法の一部改正に伴い、退職所得の分離課税に係る所得割について、10分の1に相当する金額を控除する特例を、平成25年1月1日から廃止するほか、たばこ税の税率を平成25年4月1日から旧3級品以外の製造

海南市議会 2011-12-05 平成23年 11月 定例会-12月05日−02号

ロタウイルスの予防ワクチンは、7月に厚生労働省が承認し、11月21日の新聞にはワクチンが販売された記事が掲載されていました。大田原市の取り組みは大田原地区医師会からの公費助成の要望を受けたことによるものだそうですが、ワクチンはシロップ状の飲むタイプで、2回接種することにより感染しても重症化を抑えることができると言われています。

和歌山市議会 2011-03-18 平成23年  2月 定例会-03月18日−09号

次に、予防対策費中、予防接種委託料に関連して、審査の冒頭、当局より、ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンについて、本市では昨年12月からヒブワクチンの接種費用助成事業を開始したが、他都市において両ワクチン接種後の死亡例が確認され、国の指示により接種を一時的に見合わせることとなり、市としては国からの通知に基づき、今後の対応を検討いたしたい旨の報告があり、委員から、死亡例との因果関係の究明は当然必要なことであると

海南市議会 2011-03-17 平成23年  2月 定例会-03月17日−08号

そのうち市町村が使えるものは、地域活性化・きめ細かな臨時交付金と地域活性化・住民生活に光をそそぐ臨時交付金以外は新型インフルエンザ対策や子宮頸がんワクチンの補助金があり、地方交付税の増額もその補正額に含まれている。雇用関係で活用できる補助金・交付金はこれ以外にないとの答弁がありました。  

和歌山市議会 2011-03-02 平成23年  2月 定例会-03月02日−04号

また、紀伊中ノ島駅の駅舎には、明治時代の日本の近代文化を支えた官営八幡製鉄所で製造された鉄道のレールが使われていたということが確認されております。それも、同製鉄所が操業を始めて間もないころのレールで、100年余り前に製造されていたものらしく、産業考古学会から2009年推薦産業遺産として認定されていたものであります。関係者の話では、産業遺産として観光資源にしたいという認識が広がっております。

和歌山市議会 2011-03-01 平成23年  2月 定例会-03月01日−03号

今回の税収入の増を見れば、新年度での景気回復を期待したくなるが、そういう見通しを持っているのかと、当局の見解をただしたところ、当局より、例えば、化学製品製造業では当初の予想を上回るなど、本市においての企業業績は全国的な動向と異なる状況が見受けられた。