361件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

これまでの障害者雇用の取り組みにつきましては、職員の採用試験におきまして、平成27年度から一般事務職3種試験として、身体障害者を対象とした採用試験を実施しており、平成30年4月に1人採用し、平成31年4月にも1人を採用する予定になっております。  

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

また、介護・予防・医療・生活支援・住まいの五つのサービスを総合的に提供するため、地域包括支援センターによる相談支援体制の充実、認知症施策の推進、住民と連携した生活支援サービスの体制整備に取り組む一方、健康で生きがいを持って地域社会に参加できるよう、シルバー人材センターの運営や老人クラブの活動を支援してまいります。  

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

また、学校図書館の役割及び効果は、児童生徒の読書活動や児童生徒への読書指導の場である読書センターとしての機能と、児童生徒の学習活動を支援したり授業の内容を豊かにして、その理解を深めたりする学習センターとしての機能、児童生徒や教職員の情報ニーズに対応したり、児童生徒が情報を収集、選択、活用する能力を育成したりする情報センターとしての機能の三つが上げられると考えております。             

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

次に、歳入では、自動車燃費不正事務経費手数料に関し、委員中より詳細説明を求めたところ、当局より「自動車会社の軽自動車燃費試験の不正行為に起因した事務の作成手数料として、郵送代及び作成代が自動車会社から支払われます」との説明がありました。  

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

私からの質問は、観光情報センターについてでございます。  7月2日に開館しまして、約2カ月が過ぎました。9月4日の議会冒頭、町長の行政報告によりますと、観光情報センターの入館者数は2カ月で約1万5,000人、平日で200から300人、祝祭日で多いときには800から1,000人というふうに報告されました。

高野町議会 2018-06-26 平成30年第2回定例会 (第2号 6月26日)

また、富貴地区ではホップの試験栽培を本年度より始めました。橋本市内の民間業者がホップの現在試験栽培ということで事業を行っております。富貴でホップが育つのか、できたホップがビールづくりに使えるのかなどを、今年1年かけて実際にホップを育てて調査をしていくと。どのような結果が出るのか非常に興味を持っております。

田辺市議会 2018-06-26 平成30年 6月定例会(第3号 6月26日)

また、市では漁業協同組合と協議し、県栽培漁業センター等の協力も得ながら、放流事業を長年にわたり継続してきており、水産資源の減少による対策と漁場環境の保全に取り組んでおります。           (農林水産部長 那須久男君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    久保浩二君。             

田辺市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第2号 6月25日)

現在、建設残土は、土壌試験を行い、基準値を下回ったものについて処分地に運搬しています。ですから、農地の基盤整備や地すべり対策の盛土材として利用しても特に問題はありません。  長期にわたる処分場のような形態ではなく、短期で仕上げられる場所を数多く探すことにより、処分場の管理の問題などが解消できると思います。

高野町議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会 (第1号 6月19日)

また、5月16日にはJアラート、全国一斉通信試験もさせていただいておるところでございます。  また、この会の後になりますが、6月30日には避難所運営リーダー養成講座を中央公民館で開催させていただきます。大規模災害時に混乱しがちな避難所運営の中心的役割を担ってもらう人材を育成するものでございます。

田辺市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日)

(総務部長 松川靖弘君 登壇) ○総務部長(松川靖弘君)    それでは、採用試験の実施に関してお答えいたします。  採用試験の実施時期につきましては、民間企業等における採用活動に係る申し合わせに準じ日程を設定しております。  

高野町議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会 (第2号 3月 8日)

本日、私からの質問ですけれども、完成後の高野山観光情報センター利用について、もう1点は、町民の健康づくり(身体の健康・心の健康づくり)の計画についてということを問いたいと思います。  まず、1点目ですけれども、完成後の高野山観光情報センターの利用について。これは経済の発展に欠かせない建物であるがゆえにということで、高野山観光情報センターが必要である。

新宮市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会-12月15日−05号

私は、この機を期して、医療センターのことについて広くやはり市民の方にも知っていただき、医療センターはなぜあるか、何のために医療センターがあるのかということを市民の方にも知っていただきたい、その一心で独立行政法人化の件に関して厳しく前院長を私は追及してまいりました。  時系列で申しますと、平成26年の3月議会において、市長が施政方針の中で医療センターの経営形態についての発言がございました。

田辺市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会(第2号12月 8日)

また大学入試制度についても、変更点は英語において顕著であり、見直し後の大学入試制度においては、より実践的な能力をはかる試験制度とすべく英語の外部検定試験を活用する方針となっています。この双方に共通することは、社会に求められる実践的な能力が必要と考えているという点でしょう。このように教育分野は現在転換期であります。そのことを踏まえてお聞きいただければと思います。  

田辺市議会 2017-09-14 平成29年 9月定例会(第2号 9月14日)

例えば、消費生活相談では、複雑な事例等については、県の消費生活センター紀南支所と連携して対応しており、また高齢者の方から相談があった際には、必要に応じて、包括支援センターと連携をとり対応をしております。また、家庭児童相談では、必要に応じて紀南児童相談所や田辺市障害児・者相談支援センターゆめふる等とも連携を図っております。  

田辺市議会 2017-06-26 平成29年 6月定例会(第3号 6月26日)

            市長        真 砂 充 敏 君             副市長       福 田 安 雄 君             副市長       池 田 正 弘 君             教育長       中 村 久仁生 君             企画部長      小 川   鏡 君             企画広報課長    千 品 繁 俊 君             西部センター

田辺市議会 2017-06-23 平成29年 6月定例会(第2号 6月23日)

(6番 久保浩二君 登壇) ○6番(久保浩二君)    市民の皆さんが市役所本庁へ来たり、市民総合センターへ来たりというのは、行政窓口というか、市民窓口、例えば証明書の取得が一番多くて、それ以外だったら、市民総合センターの1階にあるような高齢者、障害者関係の窓口、年金や保険、そういうところが一番多く来られるところで、アンケートの中でも年に1回から三、四回という方が圧倒的で、そういう窓口に来られると思