運営者 Bitlet 姉妹サービス
241件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-22 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月22日−10号 一、昨今のオリンピック等での女性の活躍を見ても、男女共生社会の実現は十分推進されており、今になって当該条例を制定することについては違和感がある。とはいえ、男女共同参画を推進していく当局の姿勢には大いに賛成するものであることから、よりよい条例を策定していくためにも、再度精査を要するのではないか。   もっと読む
2018-03-09 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日) 日本陸連は、2020年東京オリンピックのマラソンにおいてメダルを獲得するため、これまでの実績と課題をもとに、オリンピックに向けた強化とリンクした新たな選考方法を実施してます。2017年夏からマラソングランドチヤンピオンシップシリーズ、いわゆるMGCシリーズをスタートさせています。MGCでは2枠、マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジでは1枠を決定するとしています。 もっと読む
2018-03-09 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月09日−07号 と申しますのは、東京オリンピック、最近では平昌オリンピックオリンピック選手のコメントでありますとか、大会出場までのストーリーを聞き及ぶにつけ、実感するところであります。  私は、体こそがまずもってしかるべきと考えております。ところが、そういうことは第2次総合計画の中には表記が見当たらないように思いました。子供たちにスポーツを通じて、夢と希望を持ってもらおう。 もっと読む
2018-03-07 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月07日−06号 さらに1人の若者から、東京オリンピック・パラリンピックでは、選手団のために自国の野菜を持っていったほうがいいのではないかと皆で話し合っているのですと言われた木村さんは、私が勧める自然栽培に賛同してくれる仲間が日本各地にふえています。肥料や農薬を使わない自然栽培の野菜には、硝酸態窒素も残留農薬もこれっぽっちも含まれていません。 もっと読む
2018-03-06 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月06日−05号 先月9日から25日にかけて平昌で開かれました冬季オリンピックでは、日本選手団から多くの感動をいただき閉幕しました。また、今月9日には平昌パラリンピックが開会いたします。パラリンピックでも、きっと新たな感動が生まれることでしょう。日本選手団の活躍と感動には遠く及びませんが、私自身、自分に与えられた立場で、和歌山市の発展を目指して精いっぱい頑張っていきたいと思います。   もっと読む
2018-03-05 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月05日−04号 要するに、就学援助をもう少し手厚くという話なんですけれども、それで先ほど申しましたクラブ活動費の件なんですが、小中学校どちらもゼロでありますが、このクラブ活動費は特別スポーツに限定されるものではありませんけれども、私自身がスポーツにかかわっているということで、先日のオリンピック、もうほとんどの方、皆さんがごらんになってると思いますけれども、このオリンピックが与えてくれた多くの感動は、皆様方がどなたも もっと読む
2018-03-02 高野町議会 平成30年第1回定例会 (第1号 3月 2日) ちょうどオリンピックと大阪万博の間ということで、ぜひ高野山、そして和歌山県、高野町ですね、いろんな形でメディアに露出しようというようなことで、先日、善通寺の平岡市長と電話で話をして、まず高野町と善通寺市が一緒に動いて、1年を通じてメディアに出れるような何か作戦は立てられないのか。 もっと読む
2018-03-01 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−03号 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会まで2年半を切りました。ホストタウンとして登録されている競泳カナダチームの事前合宿の支援や、世代を超えて誰もが楽しめるサイクリングの普及促進、スポーツ拠点の整備推進により、気軽にスポーツに親しめる環境づくりを推進します。   もっと読む
2018-02-27 海南市議会 平成30年  2月 定例会-02月27日−02号 障害者差別解消法が平成28年4月1日から施行されたことに加え、平成29年7月20日に経済産業省において、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本人だけでなく外国人観光客にもよりわかりやすい案内用図記号とすることを目的に、案内用図記号の規格が見直され、その中にヘルプマークが追加されました。 もっと読む
2018-02-22 海南市議会 平成30年  2月 定例会-02月22日−01号 また、冬季オリンピックの舞台、韓国平昌からは、日本選手団の連日の躍進が報じられ、夢に向かって全力で挑戦することのすばらしさと感動を伝えるスポーツの魅力を改めて実感しております。   もっと読む
2017-12-07 海南市議会 平成29年 11月 定例会-12月07日−04号 警察庁は、故障すると事故につながるおそれがあるとして、東京オリンピックのある2020年までに重点的に更新するよう、道府県警に指示したと報道されました。   もっと読む
2017-12-04 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月04日−03号 ちなみに、2020年東京オリンピック、−−多分、私の予想でもありますし、そんなことを書いている本はたくさんあるわけですが、−−そのオリンピックの開催時に−−自動運転は選手の運行に使うのか、それはどうかわかりませんが−−姿をあらわし、そのときに世界に向けて自動運転の先進国である日本だという意思表示を私はするものだというふうに考えております。ですから、もう身近にそのことが迫ってきている。 もっと読む
2017-12-04 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月04日−03号 ちなみに、2020年東京オリンピック、−−多分、私の予想でもありますし、そんなことを書いている本はたくさんあるわけですが、−−そのオリンピックの開催時に−−自動運転は選手の運行に使うのか、それはどうかわかりませんが−−姿をあらわし、そのときに世界に向けて自動運転の先進国である日本だという意思表示を私はするものだというふうに考えております。ですから、もう身近にそのことが迫ってきている。 もっと読む
2017-09-28 和歌山市議会 平成29年  9月 定例会-09月28日−07号 この点、今後、カナダの競泳チームは、2020年東京オリンピック・パラリンピック等の際にも本市において事前合宿を行う予定であり、その際には水泳教室等が開催できるよう努力するとのことだが、本市が予算を講じて何らかの費用負担をするからには、市民のためにも、県に対して本市の立場からそれ相応の意見や要望をしっかりと伝えるなど、強く働きかけられたいとの強い要望がありました。   もっと読む
2017-09-28 和歌山市議会 平成29年  9月 定例会-09月28日−07号 この点、今後、カナダの競泳チームは、2020年東京オリンピック・パラリンピック等の際にも本市において事前合宿を行う予定であり、その際には水泳教室等が開催できるよう努力するとのことだが、本市が予算を講じて何らかの費用負担をするからには、市民のためにも、県に対して本市の立場からそれ相応の意見や要望をしっかりと伝えるなど、強く働きかけられたいとの強い要望がありました。   もっと読む
2017-09-20 和歌山市議会 平成29年  9月 定例会-09月20日−06号 一方、あと3年後には、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。このヘルプマークを世界標準、夢は大きいですけども、グローバルスタンダードにするために、その足がかりの一つとしてポスター図案のコンクールを毎年実施してはいかがでしょうか。それを実施していただいて、都度、マスコミに取り上げていただくと、それで少しでも認知が広がればなと思うわけであります。  以上お伺いして、私の第1問とします。 もっと読む
2017-09-12 海南市議会 平成29年  9月 定例会-09月12日−02号 今、橋本市は、水泳の前畑秀子氏をNHKの朝ドラの題材にしてもらおうと、出身地である橋本市と前畑氏がオリンピック後生活した岐阜市と協力して一大プロジェクトを立ち上げています。 もっと読む
2017-06-26 田辺市議会 平成29年 6月定例会(第3号 6月26日) 今後、2019年にはねんりんピック、2020年には東京オリンピック、そして、2021年には関西ワールドマスターズゲームズなどの大きなイベント等が予定され、今以上にスポーツの機運が高まることが予想されます。   もっと読む
2017-06-26 田辺市議会 平成29年 6月定例会(第3号 6月26日) 今後、2019年にはねんりんピック、2020年には東京オリンピック、そして、2021年には関西ワールドマスターズゲームズなどの大きなイベント等が予定され、今以上にスポーツの機運が高まることが予想されます。   もっと読む
2017-03-24 田辺市議会 平成29年 3月定例会(第5号 3月24日) 安倍政権は、「まち・ひと・しごと総合戦略」において、東京オリンピックが開催される2020年には東京圏の転入、転出者数を均衡させる目標を掲げておりますが、地方から大都市へ流出する人口の大半は若者であり、首都圏1都3県の大学に全国の大学生の4割以上が在籍しているというのが現状でもあります。   もっと読む