7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

田辺市議会 2016-09-20 平成28年 9月定例会(第4号 9月20日)

放送直後から猛批判が始まり、ほんの数分映ったA子さんの自宅の様子から、「アニメグッズが部屋にたくさんある」「エアコンのようなものが映っている」「2万円相当の効果なペンダントがあった」とあら探しが始まり、A子さんのSNSはあっという間に突きとめられ、過去のツイートから、「ランチに1,000円も使っている」「大好きなバンドのコンサートに行っている」などと生活困窮を疑う声がインターネット上にあふれ大炎上し

田辺市議会 2009-09-16 平成21年 9月定例会(第2号 9月16日)

まず、コンテンツ・オフィスの今後の運営についてでありますが、映像、音声を初め、アニメやキャラクターを活用して、本市が有する多様な地域資源に付加価値をつけ、メディアやネットに地域の魅力を継続的に発信していくことを目的に、地域コンテンツ創造事業を創設し、現在、この事業の推進組織として、仮称、田辺市地域資源付加価値創造推進協議会、これを通称で田辺コンテンツ・オフィスということで、その設立に向けて準備を進めているところでございます

和歌山市議会 2009-06-22 平成21年  6月 定例会-06月22日−02号

アニメの殿堂の創設費用約117億円、経済危機対策の地デジテレビや太陽光パネルなどの購入費、庁舎の新築建てかえを含めると約3,812億円。歯を食いしばって生きている母子家庭に温かい目を向ける為政者はいないのか。全く同感であります。全国的にも問題視する意見が多く、6月4日、野党4党で復活を求める法案も衆議院に提出されました。  そこでお伺いいたします。  

新宮市議会 2006-12-21 平成18年 12月 定例会-12月21日−03号

また、歌の世界ではさとうきび畑の歌なんかも広く愛唱されていますし、アニメでもガラスのうさぎや火垂るの墓など、テレビでも再々放映もされています。文学ではアンネの日記などは世界的にも広く読まれています。日本でも古い田舎では高学年向きには与謝野晶子の君死にたまうことなかれ、あれなんかも教材としては一つの教材たり得ると思います。

和歌山市議会 2005-03-08 平成17年  2月 定例会-03月08日−07号

クラシックやアニメのテーマソング、また「冬のソナタ」の演奏などアンコールの合唱もあり、終わりにお礼として園生からハンドベルの「きらきら星」とコーラス2曲を一生懸命に発表してくださいました。音楽を通して交流ができ、会場が一つになった感動の時を過ごした一日でした。「また来てね」「来年も来てください」と何人もの園生の皆さんが玄関まで一緒に来てくださり、見えなくなるまで手を振って見送ってくれました。

田辺市議会 2002-03-15 平成14年 3月定例会(第6号 3月15日)

その若い経営者は、東京と契約をしまして、画面がいっぱいあるコンピュータが10台ほど並んでいるのですけれども、アニメの作画とそれから色付けをそこでやっているわけです、若い女の子がね。そのやったやつがすぐ東京へつながるわけです。  そこで、すごいなと思ったのは、そのブースを何カ所かしているけど、これでは足りないから、大きな建物を建築中だったのですけれども、そのブースを隣に建てているわけです。

田辺市議会 1999-03-16 平成11年 3月定例会(第7号 3月16日)

ポテトチップス、ジュースの目の前に、そしてアニメの本や普通の週刊誌の間に、しかも表紙はファッション誌、服装の流行のファッション誌、旅行の紹介誌、アニメの本と全く変わらないのであります。表紙だけを見たら、本当に週刊誌のようです。アニメの本のようです。例えば、ドラえもんとか、その手のマンガが書いてあるような本が、中身が違うのであります。

  • 1