運営者 Bitlet 姉妹サービス
43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-09-19 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第4号 9月19日) 新川を美しくする協議会につきましては、昭和59年5月に新川で原因不明の汚染によりフナ等の魚類が死滅する事案が発生し、新川河口付近の滝内湾海域が汚染されるのではとの意見が新庄町の住民から数多く寄せられたことから、新庄町内会連合会が、河川管理者である県を初め、新川を流域とする田辺市、上富田町と協議を重ね、昭和62年に早期解決を目的として、新庄町内会連合会、田辺市、上富田町の構成により、新川を美しくする協議会 もっと読む
2017-09-19 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第4号 9月19日) 新川を美しくする協議会につきましては、昭和59年5月に新川で原因不明の汚染によりフナ等の魚類が死滅する事案が発生し、新川河口付近の滝内湾海域が汚染されるのではとの意見が新庄町の住民から数多く寄せられたことから、新庄町内会連合会が、河川管理者である県を初め、新川を流域とする田辺市、上富田町と協議を重ね、昭和62年に早期解決を目的として、新庄町内会連合会、田辺市、上富田町の構成により、新川を美しくする協議会 もっと読む
2016-12-12 田辺市議会 平成28年12月定例会(第3号12月12日) たび重なる水害により、中万呂、大谷橋下流の頭首工の下部がいまだ破壊されたままで、本来は上三栖まで上るはずの鮎や魚類がここでとまったままになっており、上流まで遡上しません。  現在、至る河川で魚類が激減しており、川や谷をのぞいても、全く寂しい状況でございます。特に、鮎は秋の終わりに河口で産卵し、海で育ち、その稚魚は漁業者によって採捕され、他の河川に友釣りなどの目的で放たれます。   もっと読む
2016-12-12 田辺市議会 平成28年12月定例会(第3号12月12日) たび重なる水害により、中万呂、大谷橋下流の頭首工の下部がいまだ破壊されたままで、本来は上三栖まで上るはずの鮎や魚類がここでとまったままになっており、上流まで遡上しません。  現在、至る河川で魚類が激減しており、川や谷をのぞいても、全く寂しい状況でございます。特に、鮎は秋の終わりに河口で産卵し、海で育ち、その稚魚は漁業者によって採捕され、他の河川に友釣りなどの目的で放たれます。   もっと読む
2015-03-18 和歌山市議会 平成27年  2月 定例会-03月18日−10号 次に、沿岸漁業構造改善事業費中、増殖場整備工事請負費2,904万円について、委員から、和歌浦湾における魚類の減少対策として、稚魚の育成を促進するため、人工の増殖場を設置するとのことだが、過去に、加太沖の漁礁設置に当たり、漁礁の構造が非常に複雑であったため、製造工程で失敗することが多くあったと聞き及ぶことから、今回の設置物については、ふぐあいの出ない簡易な構造物とするよう一考されたいとの要望がありました もっと読む
2009-12-03 和歌山市議会 平成21年 12月 定例会-12月03日−06号 市内の農産物、魚類、郷土物産の販売等々を各方面の皆様方に協力していただいて、数多く観光客あるいは市民の皆さん方を集める、この案を調査検討委員会に提案をしてはどうでしょうか、まず1点、お伺いをしたいと思います。  以前に、和歌山城の歴史を展示する資料館をつくったらどうだということで、今、南別館の1階にございます。 もっと読む
2009-03-09 海南市議会 平成21年  2月 定例会-03月09日−06号 議員のほうからは、漁業者の育てる漁業等々の問題についての御質疑でございますが、管内の漁業者が水揚げする魚類は、和歌山市市場や漁港内の競りにより流通するものがほとんどでありまして、現在も市のイベントでのシラス販売等は、加工業者の協力により行われているものであります。 もっと読む
2008-03-05 和歌山市議会 平成20年  2月 定例会-03月05日−05号 また、きれいな海もあり、魚類等も入手することは可能です。学校給食を通じて子供や市民に地元の農水産物を知ってもらい、食の安全・安心を確保するため、地元農水産物の利用が大変重要だと考えます。  そこで、学校給食における地産地消の取り組みについてお聞かせください。また、本市では今後の普及啓発はどのようにされるのか、平成20年度に予定している事業等があればお聞かせください。  以上で第1問といたします。 もっと読む
2007-03-27 田辺市議会 平成19年 3月定例会(第6号 3月27日) 規格や価格等の点で制限されることもあるが、米や野菜、魚類等、またそのほかにも地元で製造される製品もあわせ、地元産を優先させる調達方法について、食材調達部会に諮っていきたい」との答弁がありました。   もっと読む
2007-03-27 田辺市議会 平成19年 3月定例会(第6号 3月27日) 規格や価格等の点で制限されることもあるが、米や野菜、魚類等、またそのほかにも地元で製造される製品もあわせ、地元産を優先させる調達方法について、食材調達部会に諮っていきたい」との答弁がありました。   もっと読む
2006-03-20 高野町議会 平成18年第1回定例会(第5号 3月20日) 相浦の水源地も、奥の院玉川の水源地も、真別拠も皆表流水でございますが、浄水場の入ってきた入り口に魚類飼育槽という、これはもう法律で水道法で決められているもんですけども、魚を飼っております。これにて毎日点検し、コイとか入れているんですけども、これに何か反応があれば、すぐそこで判断するということで、一応、魚類飼育槽というやつで設置しております。 もっと読む
2006-03-20 高野町議会 平成18年第1回定例会(第5号 3月20日) 相浦の水源地も、奥の院玉川の水源地も、真別拠も皆表流水でございますが、浄水場の入ってきた入り口に魚類飼育槽という、これはもう法律で水道法で決められているもんですけども、魚を飼っております。これにて毎日点検し、コイとか入れているんですけども、これに何か反応があれば、すぐそこで判断するということで、一応、魚類飼育槽というやつで設置しております。 もっと読む
2005-07-08 田辺市議会 平成17年 6月定例会(第8号 7月 8日) 藻場は貝類、甲殻類、魚類のゆりかごのような場所になっているらしく、これからも県と協力して、藻場造成の拡張に尽力を尽くしていただきたいと思います。  次に、漁業振興費についてでありますが、漁業振興費のあまりにも少ないことに驚き、20年間調べてみました。 もっと読む
2005-07-08 田辺市議会 平成17年 6月定例会(第8号 7月 8日) 藻場は貝類、甲殻類、魚類のゆりかごのような場所になっているらしく、これからも県と協力して、藻場造成の拡張に尽力を尽くしていただきたいと思います。  次に、漁業振興費についてでありますが、漁業振興費のあまりにも少ないことに驚き、20年間調べてみました。 もっと読む
2005-07-06 田辺市議会 平成17年 6月定例会(第6号 7月 6日) 次に、鯨類、つまりクジラによります魚類の捕食の影響に伴う資源確保についてであります。我が国では、欧米を中心にした反捕鯨国の影響によりまして、1987年を最後に、商業捕鯨を中断しております。 もっと読む
2005-07-06 田辺市議会 平成17年 6月定例会(第6号 7月 6日) 次に、鯨類、つまりクジラによります魚類の捕食の影響に伴う資源確保についてであります。我が国では、欧米を中心にした反捕鯨国の影響によりまして、1987年を最後に、商業捕鯨を中断しております。 もっと読む
2005-06-24 和歌山市議会 平成17年  6月 定例会-06月24日−01号 一方、支出の部では、受託事業管理費で5,220万4,303円、魚類中間育成事業費152万1,000円、魚食普及活動費222万6,573円、水産関係調査事業費993万7,084円で、当期支出合計は6,588万8,960円となり、次期繰越収支差額は17万7,877円となります。   もっと読む
2005-03-24 田辺市議会 平成17年 3月定例会(第5号 3月24日) また、最近の捕獲調査により、鯨類が大量の魚類を捕食をしていることが判明し、我が国の試算では、世界の漁獲量(約9,000万トン)の3倍〜5倍(約3億〜5億トン)の魚類を鯨類が捕食しているとの推定がなされている。   もっと読む
2005-03-24 田辺市議会 平成17年 3月定例会(第5号 3月24日) また、最近の捕獲調査により、鯨類が大量の魚類を捕食をしていることが判明し、我が国の試算では、世界の漁獲量(約9,000万トン)の3倍〜5倍(約3億〜5億トン)の魚類を鯨類が捕食しているとの推定がなされている。   もっと読む
2004-12-14 田辺市議会 平成16年12月定例会(第4号12月14日) 代表的なものを申し上げますと、北太平洋に冬の間停滞するアリューシャン低気圧の活動の強弱とマイワシの漁獲量の増減に因果関係が認められておりまして、今後は黒潮などをはじめとする海流の表面水温と稚魚の生育の関係、またカツオやマグロに代表される大型魚類等の自然の生態系での食物連鎖との関係やそれらの資源量とマイワシの資源量との関係など、引き続き研究を進めていく必要があると考えております。   もっと読む