91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海南市議会 2018-03-15 03月15日-06号

施設から在宅への政策により、特別養護老人ホーム入所基準が要介護3以上に限定されたため、自宅では生活が困難なため、サービス付高齢住宅優良老人住宅を利用せざるを得ない状況が生まれています。国民年金生活者を初め、低所得高齢者は利用することはできません。施設から在宅へというのなら、介護を必要とする高齢者が24時間安心して生活できる条件を整備するべきであります。 

新宮市議会 2014-09-10 09月10日-03号

◆17番(屋敷満雄君)  特別養護老人ホーム介護老人保健施設、グループホーム、サービスつき高齢住宅、有料老人ホーム、こういうのがあるんですか、これ。 ◎市民福祉部次長健康長寿課長森本邦弘君)  そのとおりでございます。 ◆17番(屋敷満雄君)  ああ、そう、わかりました。そのうち、3施設に入っている方が291人いるということですね、そうしたら。

和歌山市議会 2014-03-06 03月06日-06号

また、サービス付き高齢住宅については、65歳以上の高齢者に対するサービス付き高齢住宅登録戸数割合は、平成25年8月31日時点で、全国平均が0.40%に対し、和歌山県が0.55%と、全国的に見ても高いのが現状であります。 サービス付き高齢住宅有料老人ホームは、一定のサービスを提供すれば誰でも参入でき、高齢化に伴い大変な勢いで増加しております。

高野町議会 2013-03-12 平成25年第1回定例会(第3号 3月12日)

総務管理費一般管理費委託料高野山総合診療所活用コンサルタント委託料105万円ですけども、これについては高野山総合診療所の2階を活用して、安心安全に住まえるサービス付高齢住宅及び住宅型高齢者老人ホームとして利用できるように計画をしております。これについては一応関西福祉情報センターというところへ委託を行っております。

田辺市議会 2011-12-12 平成23年12月定例会(第5号12月12日)

急激な少子高齢化とまたその状況下での大震災の経験は国全体にとっても今後の公営住宅施策の大きな転換期になると、このように思っているところですが、田辺市におきましても、今後の公営住宅施策として、単身高齢住宅バリアフリーなどの環境を整えた上で、供給確保をどのようにしていくべきか。それは何戸必要なのか。

田辺市議会 2011-12-08 平成23年12月定例会(第3号12月 8日)

報告書はさらに軽度者へのサービス自治会やNPOなど多様な主体により提供されるようにすることとし、特別養護老人ホームなどの高コスト施設整備は今後も抑制すること、重度者については、24時間、365日の巡回型訪問サービスケアつき高齢住宅の建設など、住宅サービスの拡充で対応すること。要介護者への医療的ケアやリハビリは介護職員に担わせる。

田辺市議会 2011-03-10 平成23年 3月定例会(第3号 3月10日)

一つ目介護保険サービスにおける高齢住宅改修福祉用具購入についてからお伺いいたします。平成12年4月にスタートしました介護保険制度は、10年余りが過ぎ、徐々に改善されながら私たちにはなくてはならない制度となってきました。しかし、介護保険料個人負担金が重く日々の生活にのしかかり、サービスの利用を控えざるを得ない方々もおられます。  

海南市議会 2011-03-03 03月03日-04号

また、住宅リフォームなどの助成については、木造住宅耐震改修事業介護保険による高齢住宅改修障害者住宅改修など必要性の高いものについては市が行っているということでした。私、そういう会議録を見まして、この木造住宅耐震改修事業浄化槽設置整備事業、それから定住促進奨励金介護保険による住宅改修事業住宅関連本市が行っている事業について、各担当課から資料をいただきました。 

新宮市議会 2011-03-02 03月02日-02号

22の高齢住宅用火災警報器設置助成事業は、前年度に引き続き、設置義務化法期限である平成23年5月末まで、65歳以上のみの世帯を対象に、住宅用火災警報器設置助成するものであります。25の老人憩い家耐震診断調査事業は、福寿園と神倉の耐震診断を行うもので、27の老人措置費等では、養護老人ホーム措置委託として、南紀園ほか二つの施設に19名の入所措置を行うものであります。