運営者 Bitlet 姉妹サービス
311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-01 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−04号 特に、高齢社会になっていますんで、「ちょっと遠く離れているとこまでよう行かんわ」っていう声があるのは、ようわかっているでしょう。その点のまず改善をしていただきたいということで言っているわけなんです。   もっと読む
2017-12-11 印南町議会 平成29年 12月 定例会-12月11日−02号 若ければ良いということでもないんですけれども、林野火災とかの場合は経験とか必要だと思うので若ければ良いということでないと思うんですけれども、昨今の高齢社会の中で平均年齢等把握されているのであれば、それ、まず1点目と。  条例でも謳われているんですけれども、団員の条件というんですか、町内在住で、よく最近あるのは、町外へ勤務されている。もう一点は、町外に住んでいて当町に仕事で来られている。 もっと読む
2017-12-08 田辺市議会 平成29年12月定例会(第2号12月 8日) しかし、だんだん年月が経過し、今のような高齢社会になり、また地区でも女性の方のひとり住まい人口が大変多い最近、特に水の心配をよく耳にします。  さきに述べましたように、住民が若かった時代には私ども旧大塔村の時代ですが、各地区の水道施設に対する支援は十分にあっただけに、施設を管理すれば手間のかからないただの水でした。 もっと読む
2017-12-08 田辺市議会 平成29年12月定例会(第2号12月 8日) しかし、だんだん年月が経過し、今のような高齢社会になり、また地区でも女性の方のひとり住まい人口が大変多い最近、特に水の心配をよく耳にします。  さきに述べましたように、住民が若かった時代には私ども旧大塔村の時代ですが、各地区の水道施設に対する支援は十分にあっただけに、施設を管理すれば手間のかからないただの水でした。 もっと読む
2017-09-20 印南町議会 平成29年  9月 定例会-09月20日−02号 先ほど申しましたように制度化も含めて何らかの、今のままで予算無いんやとか、できないんやということじゃなしに、時代は大きく変わりつつありますので、高齢社会に大きく変わりつつありますので、その辺の町の考え方を再度お聞きして終わりたいと思います。 ○議長 -総務課長- ◎総務課長 全般的なことということの中で財政的なことの面がございますので、私の方から申し上げます。   もっと読む
2017-06-22 高野町議会 平成29年第2回定例会 (第2号 6月22日) この健康寿命を延ばしていくということが、介護保険料引き上げを抑制するということとともに、何よりこの超高齢社会の高野町の中であっても、御本人やまた御家族が楽しく幸せに暮らしていけるような、そういう町をつくっていかなければならない。 もっと読む
2017-06-22 高野町議会 平成29年第2回定例会 (第2号 6月22日) この健康寿命を延ばしていくということが、介護保険料引き上げを抑制するということとともに、何よりこの超高齢社会の高野町の中であっても、御本人やまた御家族が楽しく幸せに暮らしていけるような、そういう町をつくっていかなければならない。 もっと読む
2017-06-20 新宮市議会 平成29年  6月 定例会-06月20日−03号 しかしながら、海外資源の輸入、高齢社会に伴う後継者不足等々、1次産業を取り巻く課題はなお一層厳しい現状でございます。   もっと読む
2017-03-03 海南市議会 平成29年  2月 定例会-03月03日−05号 内容につきましては、市の職員、それから訪問看護ステーションの職員、ほかから講師を招き、内容としては、超高齢社会の現状と高齢者を取り巻く状況、介護保険制度の理解、訪問看護サービスの担い手の職務、高齢者の理解、コミュニケーション技術、生活支援技術、リスクマネジメント、緊急時の対応、認知症の理解、尊厳の保持と自立支援というような内容で行ってございます。参加者は37人でございました。 もっと読む
2017-02-23 海南市議会 平成29年  2月 定例会-02月23日−01号 地域医療構想や医療機能の分化・連携など、なお一層深刻となる高齢社会に向けた諸課題に協働して対応するため、引き続き地域の関係機関との連携強化に取り組むとともに、急性期病院としての質の向上と健全な経営体制の確立に努めてまいります。  以上が提出いたしました各議案の概要であります。   もっと読む
2016-12-02 和歌山市議会 平成28年 12月 定例会-12月02日−03号 先ほどの平均寿命及び健康寿命についての質問にも関連する介護という問題は、今後一層の少子高齢社会を見据えたときに、避けては通れない政治課題だと思います。  厚生労働省が発表した介護保険事業状況報告の概要--平成27年4月暫定版によりますと、65歳以上の高齢者に占める要支援を含めた要介護認定を受けた人の割合は、つまり要介護認定ですが、都道府県別で最大1.6倍の差があることがわかっています。   もっと読む
2016-06-16 和歌山市議会 平成28年  6月 定例会-06月16日−02号 高齢社会になるのはわかっていながら、有効な手だてをとれないまま国の負担割合はどんどん減らし、医療費がふえるからと市民の負担をふやそうとする。高過ぎる国保料は払いたくても払えない、払わなければ延滞金でどんどん膨らみ、さらに払えなくなる。払えば暮らしが脅かされる。市民の暮らしを壊す国保でいいわけがありません。   もっと読む
2016-06-15 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第1号 6月15日) この両議案につきまして、一括して御説明申し上げますと、住民の皆様によりよい市民生活を営んでいただくため、高齢社会や救急医療、防災活動などの行政活動に迅速に対応できるわかりやすいまちづくりとして、計画的に住居表示を進めておりまして、今回この地域の皆様方の御協力を得て、本年11月7日から新たに湊の区域を新設し、住居表示を実施するものです。  続きまして、64ページをお願いします。   もっと読む
2016-06-15 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第1号 6月15日) この両議案につきまして、一括して御説明申し上げますと、住民の皆様によりよい市民生活を営んでいただくため、高齢社会や救急医療、防災活動などの行政活動に迅速に対応できるわかりやすいまちづくりとして、計画的に住居表示を進めておりまして、今回この地域の皆様方の御協力を得て、本年11月7日から新たに湊の区域を新設し、住居表示を実施するものです。  続きまして、64ページをお願いします。   もっと読む
2016-03-11 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月11日−09号 しかし、21世紀に入って、日本社会が人口減少、高齢社会に向かうと、都市の利便性、効率性や自治体などの財政的制約から、コンパクトシティ化を進めるべきだとの機運が高まってきました。  国土交通省は、コンパクトシティ政策を進めるため、平成18年にまちづくり三法−−都市計画法、中心市街地活性化法、大規模小売店舗立地法の改正または指針改定を行い、郊外での大型商業施設の建設抑制に本格的に乗り出しました。   もっと読む
2016-03-10 田辺市議会 平成28年 3月定例会(第3号 3月10日) 昨年12月の議会では質問の最後に、当局に対して我が国が直面している人口減少や高齢社会の到来が我々田辺市におけるさまざまな団体の地域活動の継続を阻害する非常に難しい問題として、顕在化してきているのではないでしょうかといった内容の提言で締めくくりました。  このことに関係して、先月2月25日に、和歌山県が2015年に実施した国勢調査の速報値を公表しました。 もっと読む
2016-03-10 和歌山市議会 平成28年  2月 定例会-03月10日−08号 同委員会の北川知行委員長は、日本人の寿命が延び、超高齢社会になり、がん患者が急増している。がんを代表とする非感染性慢性疾患、いわゆる糖尿病や高血圧、心血管病、慢性肺疾患などは、かなり予防が可能な病である。 もっと読む
2016-03-04 海南市議会 平成28年  2月 定例会-03月04日−05号 国民健康保険は、相互扶助の精神のもと、国民皆保険制度の中核として地域医療の確保や被保険者の健康増進に大きく寄与してまいりましたが、被保険者の年齢構成や医療費水準など構造的な問題に加え、超高齢社会の到来や経済の低迷などの影響もあり、全国的に厳しい財政運営が続いておりまして、本市においても例外ではございません。   もっと読む
2015-12-09 田辺市議会 平成27年12月定例会(第2号12月 9日) 我が国が直面している人口減少や高齢社会の到来が我々、田辺市における自治活動や地域活動において漠然とですが、不安感をあおるがごとく担い手不足や後継者不足といったことが非常に難しい問題として顕在化してきました。このような難題を決して簡単に分析はできませんが、はっきりと伝えたいことがあります。従来から積み重ねてきた私たちのさまざまな仕組みや社会構造にゆがみが出てきているのではないかということです。   もっと読む
2015-12-01 和歌山市議会 平成27年 12月 定例会-12月01日−04号 日本の高齢社会において、安定と充実した福祉を守るために決定した消費増税は、日本国民が未来のために厳しいけどしゃあないなと許した結果でありました。今回、社会保障制度の一つである国民健康保険にスポットを当てたいと思います。  市民の皆様から、国民健康保険料何とかなりませんか、高過ぎますよとよく言われます。 もっと読む