20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

海南市議会 2020-12-02 12月02日-04号

無償化私立高校授業料について最大年額39万6,000円を支給する高等学校等就学支援金制度と、もう一つは教科書代教材費入学用品費等授業料以外の教育費として、生活保護受給世帯生徒保護者に対し、全日制の公立高校年額3万2,300円、私立高校年額5万2,600円を、住民税所得非課税世帯の第1子の生徒保護者に対し公立高校年額8万4,000円、私立高校年額10万3,800円を支給する高校生奨学給付金制度

印南町議会 2020-09-11 09月14日-02号

切目橋が完成するまで、小学生の通学高校生切目駅の利用に大変ご不便をおかけすることとなります。ご理解いただきたく存じます。 現在、切目橋歩行等により利用している方々が、新切目橋歩道橋等利用することが考えられます。この歩道橋につながる歩道につきましては、元村側では国道また県道沿いに、島田側では国道沿いに設置されてございます。

田辺市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号12月10日)

二つ目として、扶養している高校生通学費、または下宿費、寮費を月額1万2,000円以上負担していること。三つ目として、保護者年間所得が別に定める金額以下であり、市税を完納していること。年間所得につきましては、例えば、3人世帯の場合、年間所得が363万円以下、4人世帯であれば452万円以下が該当します。

和歌山市議会 2019-07-23 07月23日-07号

その他審査過程において、高校生に対する自衛官募集ダイレクトメール送付に係る住民基本台帳情報の提供について、和歌山市人権問題に関する意識調査について、それぞれ質疑がありました。 最後に、市民環境局中、環境部における審査過程において、本市に計画されている太陽光発電事業の進捗について、ごみ収集業務体制について、それぞれ質疑がありました。 以上が審査概要であります。 

和歌山市議会 2017-12-15 12月15日-07号

また、関連して委員から、これまでも市民図書館については、高校生の勉強での利用や開館時間の延長など、さまざまな問題点について種々指摘してきたが、全く改善されることなく、硬直化した運営が行われてきたことは教育委員会としても反省すべきであり、今回の指定管理者制度の導入は一定やむを得ないものだったと考える。

印南町議会 2016-02-07 03月14日-02号

それは、いよいよことしの夏の参議院選より、18歳より投票権が認められて実施されるということですが、初めてのことで、これに対し教育的な見地からも、また選管としてもどのような周知徹底をするのか、関心が低いように見受けますし、高校生への指導や啓発、政治に対する正しい知識ができているかが心配しております。この点について、当局の諸対応をお聞きします。 

田辺市議会 2013-09-17 平成25年 9月定例会(第3号 9月17日)

近隣でも最近地元紙にどこそこでやりましたということが載りますし、ずっと恒常的にされているところ、小中学生対象にしたものがあればまた一方で、高校生対象にしたそうした意見発表の場をつくったりとか、さまざま主体的にそういうものの場を提供している自治体がふえてきておりますし、模擬投票については可能かどうかを検討するということでしたが、これは既に全国的に見ても、高校が特に多いです。

和歌山市議会 2013-03-08 03月08日-06号

場外馬券設置に伴う青少年、とりわけ中学生、高校生に対する青少年への影響が裁判の判決にも反映をされております。 その大阪府警少年課補導数、補導された青少年に対する事情聴取概要については、1991年9月10日付の朝日新聞の朝刊大阪読売新聞朝刊にも詳細な報道がされております。その内容について、教育委員会は承知をされておられるかどうか、お聞きをいたします。 

和歌山市議会 2012-06-19 06月19日-05号

小中学生高校生大会での使用については、使用料減額を行っておりますが、使用可能最大面数を使った大会の場合のラインテープ支給使用料減額についても、今後他都市の状況を調査研究してまいりたいと思います。 以上でございます。 ○議長和田秀教君) 1番。 〔1番姫田高宏登壇〕(拍手) ◆1番(姫田高宏君) それぞれ御答弁をいただきましたので、第3問をさせていただきます。 

田辺市議会 2004-03-04 平成16年 3月定例会(第2号 3月 4日)

負担金補助及び交付金奨学交付金570万円につきましては、田辺教育奨学金支給額で、平成16年度は高校生26名、短大生等12名、及び大学生15名への支給予定しております。また、奨学貸付金の834万円につきましては、田辺進学奨学金貸付金で、平成16年度は高校生31名、短大生等13名及び大学生14名への貸与予定しております。

田辺市議会 2003-03-04 平成15年 3月定例会(第2号 3月 4日)

負担金補助及び交付金奨学交付金546万円につきましては、田辺教育奨学金支給額で、平成15年度は、高校生10名、短大生等5名及び大学生5名の採用予定しております。  また、奨学貸付金の732万円につきましては、田辺進学奨学金貸付金で、平成15年度は、高校生20名、短大生等10名及び大学生10名の採用予定しております。  

田辺市議会 2002-03-05 平成14年 3月定例会(第2号 3月 5日)

奨学交付金の648万円につきましては、田辺教育奨学金支給額で、平成14年度は、高校生10名、短大生等5名及び大学生5名の採用予定しております。  また、奨学貸付金の600万円につきましては、本年度より貸与奨学金制度として、田辺進学奨学金を新たに創設し、平成14年度は、高校生20名、短大生等10名及び大学生10名の採用予定しております。  

田辺市議会 2001-03-05 平成13年 3月定例会(第2号 3月 5日)

奨学交付金の672万円につきましては、奨学生への支給額で、平成13年度は、高校生10名、短大生等5名及び大学生5名の採用予定しております。  また、積立金443万1,000円は、教育奨学基金運用利子を積み立てるものでございます。  小学校費学校管理費2億5,424万2,000円は、小学校18校の管理運営費でございます。

田辺市議会 2000-03-02 平成12年 3月定例会(第2号 3月 2日)

奨学交付金の666万円につきましては、奨学生への支給額で、平成12年度は、高校生10名、短大生等5名及び大学生5名の採用予定しております。  また、積立金550万1,000円は、教育奨学基金運用利子を積み立てるものでございます。  171ぺージにまいりまして、小学校費学校管理費2億6,855万円は、小学校18校の管理運営費でございます。

田辺市議会 1999-03-03 平成11年 3月定例会(第2号 3月 3日)

奨学交付金の540万円につきましては、平成9年度及び平成10年度採用分の330万円と平成11年度の採用分として、高校生10名分短大生等名分及び大学生名分の210万円の予定をしております。また、積立金549万7,000円は、教育奨学基金運用利子を積み立てるものでございます。  168ぺージにまいりまして、小学校費学校管理費2億6,038万円は、小学校18校の管理運営費でございます。

田辺市議会 1998-03-04 平成10年 3月定例会(第2号 3月 4日)

奨学交付金の372万円につきましては、平成9年度の採用分162万円と平成10年度の採用分として、高校生10名分短大生等名分大学生名分の210万円の予定をしております。また、積立金546万7,000円は、教育奨学基金の利息を積み立てるものであります。  165ぺージに参りまして、小学校費学校管理費2億6,233万3,000円は、小学校18校の管理運営費であります。

和歌山市議会 1994-12-07 12月07日-03号

大阪府の場合、高校生馬券を買うという実態があるということでございます。今度の対応につきましては、各学校、県の教育委員会とも必要に応じて協議して、指導すべき点は時期を逸せず行ってまいりたい。 以上でございます。 ○議長岩城茂君) 坂口教育文化部長。 〔教育文化部長坂口全彦登壇〕 ◎教育文化部長坂口全彦君) 17番森下議員の再質問にお答えいたします。 

  • 1