173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高野町議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会 (第2号 9月 9日)

私もいろいろ事業を行っていく中で、今回このような公共施設の整理とそして整備をしていくというようなちょうどはざま、その時期に首長になっておるというとこで、これはもうしていかなければならない事業の一つやというふうに思っております。  当然、整理もしていき、そして今後、コンパクトな集約化した施設にして、今後維持費等があまりかからないようなものをつくっていかなければならないというようなことであります。

高野町議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会 (第1号 5月10日)

そういったところで、今後は和歌山県の県産品を和歌山県の市長会、また町村会で一括して協定を結んで、和歌山県全体で和歌山県のものを返礼品にしていきたいというようなことを我々首長町村会としては発言していこうかなというふうにも思いますし、県全体でふるさと応援寄附金の返礼品をしっかりまとめて動いてくれている県もありますが、残念ながら和歌山県はそういうことではございませんので、30市町村首長でしっかり連携をとって

高野町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会 (第5号 3月20日)

なぜかと申しますと、オリンピック自治体首長連合に高野町も加入しておりますので、いろいろな形でオリンピックに携わって、オリンピックに関係のある人がこの高野町をよく、いま以上に知っていただけるような活動を展開していきたいなというふうにも考えております。  また、皆様、議員の先生にも承認していただきました歴史的風致維持向上計画の1年目にもなります。

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

それまでは、元町村には、町長、村長の首長がおられ、そのリーダーシップのもと、それぞれの政が行われておりました。各町村内におきましては、それぞれ葛藤はありましたが、その意見も何とか一つにまとまり、現在の田辺市となっております。もちろん、以前よりも職員は減り、各行政局内も何か寂しくはなっておりますが、各行政局の職員も懸命に頑張っており、合併自体はこれでよかったんだと感じております。  

高野町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会 (第2号 3月11日)

があって、そして川があって、里があって、海につながってというようなことで、自然環境をしっかりしていかなければならないというのがもともとありますので、こういったところにこういう税の譲与されてくるとか、そういったことがございますので、しっかりとこれからそういったものも使いながら、真剣に、これは高野山、高野町だけの問題じゃありませんから、林野庁が考えていることを逆になくならないように、しっかり自分たちも首長

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

総務省許可をするというところにおいては、地方分権においていささか総務省は手を突っ込み過ぎではないのかなというふうに、首長としてはそう考えるところでございます。  しかし、法律で決められるんであれば、その法律の範囲内でしっかり高野町のふるさと応援寄附金が生き延びていけるように、担当者一同考えていきたいなというふうにも思っておるところでございます。  

田辺市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会(第4号 9月20日)

そのように一方的な市の独断による庁舎移転の進め方ですが、地方自治体にはそんな首長の暴走をとめる手段があります。それが二元代表制を持つ地方自治体の強みです。市民は市長を選ぶと同時に議員も選出することができます。ここで選ばれた議員が集まって議会が構成されています。議会に多様な意見があることは、議会が健全な証拠であり、それでこそ議会の機能が発揮されていると言えるのだと思います。  

高野町議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会 (第3号 9月20日)

保健行政、また医療関係、履歴を見ていただきますと振興局長等もしておりますので、税から道からもう幅広くやっておられる方ということで、和歌山県内でも私はどこの首長さん、またいろんな局長さん、部長さん、OB、その人たちに、よく高野山に行ってくれたなと、ようつかまえたなと言うてくれるぐらいの人でございます。おったら恥ずかしいと思いますけど、出らんでええですか。 ○副町長(西上邦雄) 出ます。

高野町議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会 (第1号 9月 4日)

善通寺市また奈良市五條市、下市、大淀、天川、野迫川各首長のところに赴きまして協力のお願いをし、快諾していただいております。今後は四国4県、近畿、また弘法大師ゆかりの自治体のところに積極的に一緒に動く、協働して動こうというような活動をしっかりと進めてまいりたいと思います。また、旅行会社団体では吉野高野ビューローにもお願いしておるところでございます。  建設課関連、農林です。  

高野町議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日)

教育次長(中西 健) 建物については、高野山会館とか、学校とかになってくると非常に大きな事業になってきますので、そこら辺も、今後小中一貫とか、そういう関連とかも出てきますので、今後検討を進めていきたいというふうには思いますが、また教育委員会行政首長当局等の話し合いとか協議になってくるかと思います。 ○仮議長(負門俊篤) 9番、松谷君。

海南市議会 2018-03-01 平成30年  2月 定例会-03月01日−04号

そこで、医師確保の問題で、かつて紀中のある自治体首長から、お医者さんというのはただ単に診療だけと違って、研究とか医大との関係がありますから、なかなか遠いので来てくれない。海南市のような医大に隣接している自治体の場合はそういう条件が恵まれとるんちゃうかというお話を聞きました。  

田辺市議会 2017-06-26 平成29年 6月定例会(第3号 6月26日)

ここで、市長も加盟しておられる平和首長会議についてお話しいたします。  まず、平和首長会議について御紹介いたします。原爆が一瞬にして町を廃墟とし、多くの命を奪い、戦後70年以上たっても放射線による後遺症や精神的苦しみを多くの市民に残した広島・長崎の悲劇を地球上で二度と繰り返されることのないようにとの願いのもと設立されたのが平和首長会議です。

高野町議会 2017-06-22 平成29年第2回定例会 (第2号 6月22日)

今後、それぞれの自治体人口の減少の仕方がさまざまなケースがあると思いますが、自治体独自でするこのような政策に対して優遇されるような制度ができるように、高野町が先頭となって、平成30年度以降に全国の首長連合等をつくって動けないものかというのを研究したいと思いますというのを初日に言わせていただきました。