10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高野町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会 (第4号 3月14日)

交通系ICカードですけども、今関西で主要のピタパにつきましては、銀行口座からの引き落としという形なんですけども、首都で使われているスイカですとか、イコカというのは、どなたでもカードを購入されて、そこに現金をあらかじめチャージして、使った分だけそこから引き出される、財布のような形の使い方というのが増えておりますので、そのカードに関しては外国の方も使えるのかなと考えております。  以上です。

田辺市議会 2016-12-09 平成28年12月定例会(第2号12月 9日)

市といたしましては、今後においても首都でのプロモーションの機会やメディア等への働きかけを通じ、世界遺産追加登録地情報発信に継続的に取り組むことで、交流人口の増大を図り、地域活性化につなげてまいりたいと考えておりますので、御理解賜りますようお願いいたします。            (産業部長 那須久男君 降壇) ○議長(吉田克己君)    北田健治君。             

田辺市議会 2016-09-20 平成28年 9月定例会(第4号 9月20日)

平成27年度の取り組み状況としまして、市及び関係機関ホームページへの掲載、東京、大阪等でのイベント会場でのパンフレット配布等に加え、首都において配布されるフリーペーパー紙へのチラシ折り込みなど、広報により第1回目の募集を平成27年4月20日から5月29日に実施しましたところ、県外から2件、県内から3件のお問い合わせをいただき、そのうち県内の男性2名の方から御応募をいただきましたが、事業所による面接

田辺市議会 2012-09-14 平成24年 9月定例会(第2号 9月14日)

まず、首都におきまして、かんきつの消費宣伝PRを行いますと、温州ミカンはもとより、晩柑類についても、非常に好評を得ており、地道ではございますが、販売促進につながっているのではないかと感じております。今後、他産地との競争に対応するためには、ますますの高品質化安定量を供給できる体制づくりが必要になると考えております。  

田辺市議会 2012-02-27 平成24年 3月定例会(第1号 2月27日)

また、梅、ミカンヒロメなどといった地域産品販路拡大ブランド化を推進するとともに、地域資源の発掘や地域づくり人づくりを推進しながら、地域活性化につなげていくため、首都都市部に向けた総合的なプロモーション活動地域づくり学校などによる新たな価値創造事業を推進してまいります。  

田辺市議会 2011-02-28 平成23年 3月定例会(第1号 2月28日)

また、農林水産部門商工観光部門との連携を一層強化し、梅、ミカン、イサキ、シラス、ヒロメなどといった地域産品販路拡大ブランド化を推進するとともに、田辺市の認知度を高め、地域活性化につなげていくため、首都都市部に向けた総合的なプロモーション活動地域づくり学校などによる新たな価値創造事業に取り組んでまいります。  

田辺市議会 2009-12-10 平成21年12月定例会(第5号12月10日)

一方、地域が保有する物産品PRについては、ブランド化を目指して取り組みを推進しており既に民間事業所やJA、漁協など関係機関と連携し、田辺市域ブランド推進協議会を設立するなど、首都都市部における活動を軸に地域物産を積極的にPRし、販売取引につなげる取り組みを行っているところであります。  

田辺市議会 2000-03-27 平成12年 3月定例会(第8号 3月27日)

2、紀勢本線沿線地域首都の大幅な時間短縮を実現するため、フリーゲージトレイン(軌間可変電車)の早期導入について強力に推進すること。  以上、地方自治法第99条第2項の規定により提出をいたします。平成12年3月27日、田辺市議会提出先として、内閣総理大臣運輸大臣大蔵大臣自治大臣、以上であります。  よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いいたします。              

  • 1