239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

印南町議会 2021-03-18 03月18日-04号

また、令和3年度においては、11節の需用費で非常用備蓄食糧また1枚おめくりいただきますと、15節.ソーラー誘導灯設置、また17節の防災排水ポンプ場用地等購入費計上をしてございます。 次に、10目防犯対策費では858万4,000円の計上であります。防犯灯及び見守りカメラの維持管理に係る経費、また、LED防犯灯設置事業補助金等々であります。

田辺市議会 2020-12-09 令和 2年第7回定例会(第4号12月 9日)

結果、食糧不足、貧困、病気、また地球からほとんどの昆虫が消え、ミツバチが全滅するだけでも人類は破滅すると言われています。海面上昇により人々は移住、二酸化炭素を吸収するサンゴ礁が壊滅、海の生き物3,000万トンが死滅、阻止不可能な負のスパイラルが始まります。  なぜこのようなことが起きるのか。

田辺市議会 2020-06-25 令和 2年第4回定例会(第2号 6月25日)

議員も御承知のとおり、世界農業遺産は、国連食糧農業機関認定する制度で、社会や環境に適応しながら何世代にもわたって形づくられてきた伝統的な農法や生物多様性の守られた土地利用システム、それに関わることで育まれた文化や風景などを保全し、次世代に引き継いでいくことを目的としております。  

田辺市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5号12月20日)

一方で、もう一つの世界遺産である世界農業遺産、みなべ・田辺梅システムにつきましては、平成27年12月にFAO国際連合食糧農業機関)の認定を受け、現在、認定から4年が経過し、ちょうど5年目に入ったところですが、さきの一般質問答弁でも少し触れましたように、国連が提唱するSDGsに代表される持続可能というキーワードが今や世界的潮流となる中にあって、まさに当地域は、梅という基幹産業から広がるさまざまな文化

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

田辺市では、災害時の対応強化のため、災害時における相互応援や協力、情報の収集や伝達、食糧生活必需品の供給、一時避難場所としての利用など多岐にわたって協定を締結しています。  平成30年度改正の田辺地域防災計画では80の防災協定を締結しており、締結した相手方の数につきましては、17の自治体と77の業界団体企業等となっております。           

印南町議会 2019-03-31 06月20日-03号

主なものは11節の非常用備蓄食糧及び19節の耐震改修補助金等実績見込みによる減額でございます。次の10目.防犯対策費では131万6,000円の減額。主に防犯灯新設費等実績見込みによる減額であります。 1枚おめくりいただきまして、次の3項.1目.戸籍住民基本台帳費では118万5,000円の減額。主なものはマイナンバー制度関連事務費減額でございます。 

海南市議会 2019-03-22 03月22日-06号

防災機能についてはどのように考えているのかとの質疑があり、当局から、防災機能については、危機管理課及び関係課と協議した上で、災害に備えるため、水、食糧等を備蓄する集中備蓄倉庫を整備するとともに、災害時には地域振興施設避難所として利用するため、かまどやベンチ、マンホールトイレなど避難所機能に必要な設備について導入することを検討することとしている。

海南市議会 2019-03-05 03月05日-02号

農林水産省によると、国連食糧農業機関認定する世界農業遺産基準に準拠し、さらに災害対応、6次産業化への取り組みなど、日本的な特質も審査基準に加えているということです。 今回で2回目となった審査には、下津蔵出しみかんシステムを含む全国14府県の18地域が申請し、審査の結果、全国7県7地域が新たに認定され、下津蔵出しみかんシステム関係各位の努力のおかげで新たに認定されました。 

印南町議会 2018-05-25 09月20日-03号

これは、1枚おめくりいただきまして、大規模災害時に備えている備蓄食糧賞味期限が迫り、再整備した費用や、13節.委託料、15節.工事請負費体育センター空調設備設置工事に伴う事業費などが主な要因でございます。 2枚おめくりいただきまして、86、87ページ。2項.2目.賦課徴収費は1,210万8,040円の支出で、前年比1,516万3,402円の減でございます。

印南町議会 2018-04-01 03月14日-03号

第1条(設置) 災害等の非常時に必要となる食糧、生活必需品及び防災資機材等の物資を、地域の拠点として一括して備蓄、保管するために、印南防災備蓄倉庫設置する。 第2条(名称及び位置) 防災備蓄倉庫名称及び位置は、次のとおりとする。 それぞれ、名称位置、備考の順に申し上げます。 役場庁舎備蓄倉庫印南大字印南2570番地、印南役場庁舎。 

印南町議会 2018-03-11 06月12日-02号

議長 -総務課長-総務課長 最悪を想定してということの中に、そういう議論的なこと等もございますけれども、あくまでも今現在、印南町は現在の危機管理の担当、私のほうで考えているのは、特に先程の項目でもご議論がございましたように、優先順位としまして命に関わるもの、つまり食糧、水、医薬品、次にトイレ等衛生環境面等について、もう少し準備等を重ねていきたいというふうに考えてございます。 

和歌山市議会 2017-12-06 12月06日-05号

家屋が浸水するので土のうが必要だがどこにあるのかと来られる方、避難所での食糧を必要とする人、避難所である体育館が雨漏りしていると言われる人、それから避難所に指定されている中学校の前の道路が浸水しているため避難できないと言われる方、道路が冠水し、車のタイヤを側溝へ落として、そして上げてくれと助けを求めてくる人、介護施設の周りが水没していて、そこまで近寄れないというか、要援護者の救出を必要とする人等々、