31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

和歌山市議会 2016-03-07 03月07日-05号

本市には、金融での支援に加えて、新商品を認定し、広報支援により販路拡大をする支援制度もあります。また、地域ぐるみ支援する体制として、商工会議所やわかやま産業振興財団のよろず支援拠点での経営相談もあり、本市窓口に来られた事業者相談内容に応じて紹介しているところです。 これらの相談窓口を利用することにより、幅広い経営課題の解決に向けて支援できると考えています。 

海南市議会 2015-12-04 12月04日-05号

こちらのほうへ誘致を促すわけですが、条件の中には、3,800万円以上、中小企業にあっては1,900万円の家屋や償却資産を購入せえということで、いろんな金融でも負担が生じると思いますが、金融支援というのはどのように考えているのか。 先ほど言いましたように、あくまでもこちらは受け身であって、県内でとり合いになってしまうのかという形での計画なのかというのが少しわかりにくいです。 

新宮市議会 2010-09-15 09月15日-03号

ここらが私の思う大きな柱じゃないかなと思うんですけれども、そこで、前に田岡市長もマニフェストに挙げられてますけれども、金融中小企業に対して設備資金3,000万円を独自で制度を設けて支援しますというふうなことがあったように思うんですけど、これ実際に、昔この金融支援のために新宮市独自で市内企業事業所のために融資制度というのを設けてるはずなんですけれども、これはどうして生かされていないのかなという

和歌山市議会 2008-03-04 03月04日-04号

施策といたしましては、政府が本年2月20日に原油・建築関連セーフティネット保証の継続・強化等金融での対策を講じておりますので、本市といたしましても、制度融資における支援を図るとともに、各金融機関等に対しましては、中小企業資金需要への十分な配慮と、資金需要のタイミングに応じるよう手続の迅速化を図るなど、資金繰り円滑化のための融資の実行を要望してまいりたいと考えております。 

和歌山市議会 2007-03-05 03月05日-05号

また、中小企業融資制度については、平成16年度資金繰り円滑化換資金融資を創設し、平成17年度からは夏季及び冬季小規模企業者支援資金融資小規模企業者支援資金融資として、通年で利用できるよう制度化し、金融からの支援を行っています。 最後に、コンピューター制御機器ソフトウエア導入等資金に対するIT設備資金融資については、平成17年度で終了しております。 

和歌山市議会 2001-03-06 03月06日-05号

例えば、今、金融から見てみましたら、国はこの間、 640兆円とか50兆円とか言われておりますが、第二の予算と言われておる財投の不良債権、これを含めて 800兆円になっておると、もうすぐ 1,000兆円になるであろうと、こう言われております。 

田辺市議会 2000-03-27 平成12年 3月定例会(第8号 3月27日)

2、林野国土保全環境維持などに果たしている役割を評価し、国民的な合意形成に基づき、森林林野が国民の資産であることを含めた税制・金融での新たな制度を導入すること。  3、材価低迷等により厳しい経営環境にある林業経営者に対し、意欲を持って持続的な林業経営が可能となる制度を構築すること。  4、森林国土保全環境維持に対して新たな公的資金導入等による費用負担制度を確立すること。  

和歌山市議会 1999-12-07 12月07日-03号

次に、不況対策--年度への方針の問題でございますが、本市といたしましては、国の経済対策を受けて公共事業前倒し発注を実施するとともに、金融では小規模企業者支援資金融資などの制度充実を図っているところでございます。また、今年度から新たな産業を育成するため起業家支援事業や新製品・新技術開発支援事業等の諸施策を実施しており、引き続き新年度におきましても行ってまいりたいと考えております。 

和歌山市議会 1998-03-04 03月04日-03号

このような状況を打開するためにも、単なる中小企業者資金面対策だけでなく、行政企業と一体となった形での事業拡大技術革新のための機材購入中小企業振興施策先進都市各種情報企業者へ提供する等、市内中小企業者活性化に積極的に役立てるべきではないかとし、これに係る予算が今回の補正に見受けられないとの指摘に、当局より、金融対策面では、中小企業者金融での円滑化を目的に本市制度融資の利率を昨年11

和歌山市議会 1997-09-18 09月18日-02号

そういう意味で、産業振興や商業の振興ということは、いろんな面が絡み合って考えていかねばならんと、こう考えておりますけれども、おっしゃるように、その担当課がやることとしては一応金融であるとかというふうに、どこの都市もよく似たようになってきておるということをおっしゃっておりますけれども、和歌山市としては、そういうこと以外にできる一番の有効な方法というものをやはり考えていかねばならない。

和歌山市議会 1997-03-07 03月07日-05号

金融での支援のみで、果たしてそれが産業政策と言えるのかどうか、私は大いに不満であります。 例えば、本年に入って、県の中小企業振興公社ですか、具体的に県外の大企業県内、特に和歌山を中心にした地場産業種との具体的な見合いを実施いたしております。企業の要請にこたえる技術、生産が可能かどうか、こういうものを対面方式でやられている、こういうところに和歌山市の行政として参加をいたしておりません。 

和歌山市議会 1996-03-07 03月07日-06号

一方、金融でも、旧東京協和、安全両信用組合の処理に端を発し、破綻が相次ぎ、今通常国会での財政資金を投入する住専の処理波乱要因となっているように、今後も産業空洞化、金融不安が企業経営の屋台骨を揺さぶり、その結果として、雇用調整を強化せざるを得ない状況が今後も続く可能性が大であります。 他方、数字的に上場企業の95年9月決算期では、5年ぶりに回復基調を維持いたしました。

  • 1
  • 2