33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

和歌山市議会 2020-03-09 03月09日-08号

次に、野犬対策についてお尋ねします。 先日、介護サービス事業所で仕事をしている方から、訪問先の雑賀崎に野犬がいるので怖い、何とかならないのかという話を聞きました。 私も和歌川に引っ越してきた頃、築港の勤務先に自転車で通勤した際、一度だけ野犬にほえられ、追いかけられたことがありました。尻尾を振る犬は怖くなくても、ほえて追いかけられると、犬の言葉が分からないだけに怖いです。

海南市議会 2008-03-24 03月24日-11号

それと粗大ごみ、缶・瓶、金属くず、ペットボトル、その他プラ、野犬、乾電池等処理が入っている。地元業者の参入について、現在可燃ごみ不燃ごみの収集については、今までずっと随契でお願いしているが、処理業務については入札をしたいと考えているとの答弁がありました。 次に、9款教育費について、委員から、小学校費土地賃借料について説明を願うとの質疑があり、当局から、45件あり、各学校により賃借料は異なる。

田辺市議会 2007-12-10 平成19年12月定例会(第2号12月10日)

さらには、稲成地区では40年以上前から旧の処分場の下で以前の施設でありますので、悪臭がした、カラスの大群や野犬の群れが横行した。そして途中の畑は廃棄物を捨てられる。また自然発火して何度も火事になった。今度はどこかの地区で協力してやってほしい等々であります。  どこの候補地地区皆さんでも、不安、反対は当然かと思います。

和歌山市議会 2006-03-07 03月07日-06号

野犬や猫の取り扱いとは少し違うかもわかりませんけども、ともかく市民の安全と安心を守るためにも市の体制づくりをしてほしいとともに、捕獲に関してのマニュアル、これはどこの会社でもそうですけども手順というのがちゃんとあるんですよ。どこに連絡をして、だれが出動してというのがちゃんと、会社でそれがなかったら製造もできなければ製品もできやん状況でございます。

和歌山市議会 2003-03-06 03月06日-07号

経験的に現在のところ米に関してはアイガモ農法が一番適しているとの判断をされているようですけれども、しかし困っておられることは、先ほど答弁がありましたように、アイガモのひなのときに野犬カラスなどに襲われること、もう一つが、親になったアイガモ処分だそうです。 かつて他の多くの農家の方もアイガモ農法を行われてきましたけれども、その親になったアイガモ処分に困り、中止された方が非常に多いそうです。 

和歌山市議会 2002-03-05 03月05日-05号

もちろん野犬の問題、道路の問題そして街路の問題、ごみの問題、いろいろあるわけでありますけれども、そういったことを並行してやっていきませんかと提案してきたわけでありますけれども、とにかく振興ビジョンができるまでということで、そのままになっているように思われます。 

和歌山市議会 2000-06-22 06月22日-05号

次に、動物保健室関係でございますが、保健所におきましては、従来から狂犬病予防法に基づく犬の登録狂犬病集合注射及び野犬捕獲等業務を実施いたしております。平成11年度に動物保護及び管理に関する法律施行令の一部改正により、飼い猫の引き取りや所有者の判明しない病気や負傷した猫等収容も行っております。 

和歌山市議会 1999-10-01 10月01日-07号

1、検討委員会にも当委員会委員をすべてオブザーバーとして加えていくといったことが、当局和歌浦湾振興に取り組む強い姿勢が対外的に示されるため、それら検討委員会についてもいま一度検討されたい、等々の意見、要望があり、最後に委員長より、コンサル調査結果を待つことなく、現時点において進めていくべき施策には、食事、ごみ野犬、道路交通網等々の各部局にわたるさまざまな検討課題がある中で、それらの問題解消

和歌山市議会 1999-03-03 03月03日-03号

次に、生活衛生関係では、食品衛生法に基づく諸事業狂犬病予防法に基づく登録予防接種野犬捕獲業務及び環境衛生関係営業施設に対する監視指導業務等に要する諸経費は 4,237万 1,000円でございます 次に、衛生研究所では、衛生微生物検査事業及び各種試験検査などに要する諸経費として2億 5,833万 7,000円となっています。

和歌山市議会 1998-03-25 03月25日-10号

1、野犬対策にも関連して、例えば、中央卸売市場付近を初め野犬異常発生について、周辺住民から危険であるという苦情もあるところから、捕獲業務をさらに充実強化されるとともに、飼い主が安易にペットを放置するといった現状もあるやに思慮するところから、マナーの向上等、啓発する中で市民安全確保に努められたい。 

和歌山市議会 1995-07-03 07月03日-07号

しかも、10名の食品衛生監視員のうち、専任は2名で、あとの8名は獣医師や薬剤師などを兼ねているため、片方狂犬病予防法による野犬捕獲などの業務、あるいは県の飼い犬等取締条例により委託を受けている飼い犬捕獲指導などを行いながら、片方食品の収去検査を行うといった状況になっています。 そのため、食品を扱う施設への監視指導状況について、県下の各保健所と比べてみても非常に低くなっています。

田辺市議会 1995-06-22 平成 7年 6月定例会(第4号 6月22日)

三番目、野犬対策でありますけれども、最近、愛犬家市民皆さん愛犬ともども会津川河川敷、堤防又は公園等にて散歩中の姿をよく見かけるわけでございますけれども、飼い主のいない犬、いわゆる野犬に対する市行政田辺市内における野犬状況、またそれ等に対する対策はどのようにとられておられるのか、お伺いいたしたいと思います。

和歌山市議会 1995-02-23 02月23日-03号

また、衛生関係といたしましては、食品衛生法に基づく監視指導及び食中毒調査並びに、と畜検査業務狂犬病予防法に基づく登録予防注射野犬捕獲抑留業務野犬抑制目的とした犬の避妊手術費助成事業。それから、伝染病予防法に基づくねずみ族昆虫駆除及び環境衛生監視指導業務等に要する諸経費でございます。 

  • 1
  • 2