20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

海南市議会 2018-12-05 12月05日-03号

工事実施場所につきましては、海南市域下流部より計画流量を阻害しております原野地区及び野尻地区の2カ所で既に業者への発注はされており、現在現地での測量作業を行っているところで、両地区とも年明けごろより工事に着手する予定で、工事完成期限は2月末となっております。 県からは、今後も河川流下断面が不足する箇所においては、順次河道掘削工事を実施していく予定であると聞いております。 

海南市議会 2016-06-27 06月27日-07号

改正条例第1条は、本年10月から九品寺地区全域を、改正条例第2条は、本年11月から別院地区全域を、改正条例第3条は、本年12月から野尻地区及び下津野地区全域を、改正条例第4条は、来年2月から野上新西部地区及び山橋地区を、改正条例第5条は、野上新地区全域及び簡易水道給水区域を加えた地域において上水道給水を開始するため、それぞれ条例改正をお願いするものでございます。 

海南市議会 2013-09-11 09月11日-03号

現状では、高津地区孟子地区野尻地区、別院地区のいわゆる貴志川の左岸は通行をしておりません。これらの地域は、人口も多い地域です。そちらにも回してほしいということの中で、野尻地区のある方にお会いしますと、「海南医療センター行くのに、医療費は大してかからない。しかし、タクシーで行くと5,000円かかる。バスが近くまで来てくれたらなあ」というふうに言われました。 

海南市議会 2011-12-08 12月08日-05号

改正内容でございますが、第2条第1項第1号中、「阪井地区の一部、木津地区の一部」を「阪井地区木津地区」に、「九品寺地区の一部」を「九品寺地区」に、「上谷地区」を「上谷地区七山地区新野地区、沖野々地区野上中地区椋木地区溝ノ口地区高津地区孟子地区野上新地区別院地区野尻地区、下津野地区」に改めるものでございます。 

海南市議会 2011-09-16 09月16日-05号

また、もう1件が移設でございますが、北野上地区野尻地区無線柱の近くに住んでいる方が病気により発作が起きるというような相談がございまして、その件で移設するところでございます。 それで、市内に聞こえない地域は何カ所あるのかという御質疑でございますが、当室としては、その都度相談があれば対応をしてまいっております。

海南市議会 2011-09-14 09月14日-03号

九品寺地区野尻地区は、一日も早く上水道にしてほしいという声が非常に強い。九品寺の皆さんは早くから分担金のための預金までしておられたというふうに、分担金が要りますから、聞いております。 しかし、水量もある、また水質もよい、実際は8共同井戸組合があるんですね。その中で、水量もあって水質もよい共同井戸組合もあります。

海南市議会 2010-03-03 03月03日-03号

しかし、野尻を通って、別院野尻を通っていわゆる野上和歌山線県道を通って行くことに野尻地区は反対をしてきた。もちろんうちの、野尻地区の土地でないんでちゅうことで。野尻山ちゅうのは野尻の同じですから。 県道野上和歌山線県道の下はほとんど孟子地区になるんですわ、孟子所有者です。ある程度、野尻区有林ですけど。

海南市議会 2010-02-25 02月25日-01号

また、孟子野尻地区残土処分場建設事業については、地元話し合いを持ちながら設計などの作業を行っている。 今後も、県市一体となって事業に取り組み、阪井バイパスの一日も早い完成に向け努力していきたいと考えているとの説明がありました。 次に、津波対策等について、以下の説明を受けました。 現在、航路部などの土質調査護岸改良設計などを行い、3月中に関電側護岸改良工事に取りかかると聞いている。

海南市議会 2009-06-18 06月18日-01号

また、孟子野尻地区残土処分場建設事業については、用地測量などの測量調査設計作業を行っている。今後も、県市一体となって事業に取り組み、阪井バイパスの一日も早い完成に向け努力したいと考えている。 次に、当局から、津波対策事業として、和歌山下津海岸海南地区直轄海岸保全施設整備事業の概要及び平成21年度実施内容等について、以下の説明を受けました。 

海南市議会 2008-12-04 12月04日-01号

このほか、阪井バイパス取り付け道路についても、現在用地買収作業中であり、また海南孟子野尻地区での残土処分場建設事業についても、地元説明会を実施するとともに、現場の測量調査設計作業中である。 今後も、県・市一体となって事業に取り組み、阪井バイパスの一日も早い完成に向け努力していく。 次に、当局から、津波対策等現状等について、以下の説明を受けました。 

海南市議会 2008-09-11 09月11日-01号

また、本年度から阪井バイパス事業で発生する残土処分場建設工事孟子野尻地区で実施しており、現在測量調査設計業務に入っている。 また、事業をより一層促進するため、本年度より県海南工事事務所用地担当職員3人を派遣している。今後も県・市一体となって事業に取り組み、阪井バイパスの一日も早い完成に向け努力していく。 次に、当局から津波対策等現状について、以下の説明を受けました。 

海南市議会 2008-03-24 03月24日-11号

さらに、委員から、野尻地区道路は拡幅しなければダンプは通らないか。立ち退きをしなければならない住宅はあるのか。地元説明をどうするのかとの質疑があり、当局から、県からは狭い箇所付近を測量する予定と聞いている。立ち退きについては聞いていない。昨年10月に野尻地区孟子地区の区長には説明している。今回の予算をお認めいただければ具体的な説明ができるので、地元説明に入るとの答弁がありました。 

海南市議会 2008-03-14 03月14日-09号

残土処分地は、土砂の運搬のことも考えますと、近距離にあることも大きな要素であり、事業地周辺もと適切地を検討している中、市内野尻地区孟子地区谷合いに一定の市有地があることから、今回この場所残土処分場建設を計画し、また今後予想されます県道海南金屋線鏡石トンネル建設工事などの残土が発生する公共事業にも対応できるよう計画していくものでございます。 

海南市議会 2007-03-07 03月07日-02号

被害状況は、1月11日から翌12日にかけて且来周辺において12件、1月15日から翌16日にかけて別院野尻地区において7件、1月17日から翌18日にかけて七山孟子地区において11件、1月19日から翌20日にかけて多田において8件の事件が発生。最初からあった1月11日から20日までの間、10日間の間において計38件、被害総額約25万円であったことを把握してございます。 

  • 1