10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

海南市議会 2013-09-13 09月13日-05号

今までやったところの報告だけで済んでますけれども、恐らく、昔、下津町時代に学校適正配置検討委員教育委員会のほうから諮問されて、たしか小学校は3校、中学校は1校、こういう答申が出てます。その協議はどのような形でされているのか。今でもその答申は生きているのか、それはもう全然タッチしてないのか、お聞かせ願いたいと思います。 それと、この中には、跡地利用については全然書かれてません。

海南市議会 2012-09-11 09月11日-02号

下津町での小学校については、一応適正配置検討委員答申どおり動いてきているようです。しかし、塩津小学校がいまだに大東小学校に統合されていません。いつごろ大東小学校に統合される予定ですか。まだ未定の場合は、何が問題となっているのですか、お答え願います。 次に、中学校の問題です。 本市の中学校で、現在で一番生徒の多いところは海南第三中学校の276人です。

海南市議会 2007-09-12 09月12日-02号

答申を受けた教育委員会は、適正配置はどの程度か、適正配置はどのようにするのかを審議していく必要があるため、審議会設置について議会の議決を得て、下津学校適正配置審議会平成16年12月に設置し、平成17年3月までに4回開催され、住民意向調査を実施、幼稚園小学校中学校適正配置検討委員答申内容検討小規模校現状について研究を行いました。 

海南市議会 2006-12-08 12月08日-04号

私は経緯を聞いて、その後この適正配置検討委員とか適正配置のその地区懇などにたくさん出席された方々に、下津ではこんな形でやっていますが新市ではそういう運営の仕方はちょっと難しいですよとなぜ説明されないんですか。説明した上で10名という形でやれば、だれも文句は言いません。

海南市議会 2005-09-26 09月26日-04号

平成16年2月には、下津町立幼稚園小中学校適正配置検討委員から出されました下津町立幼稚園小中学校適正配置についての答申書においても、幼稚園の望ましい適正規模については、幼稚園教育目的達成教育内容の充実の面から、少なくとも1園に複数クラス、1クラス10名以上の園児数が必要であると提言されております。 

  • 1